九十九里車両センター

九十九里車両センター (くじゅうくりしゃりょうセンター)とは、千葉県山武郡九十九里町粟生(あお)にある、ちばドリームエクスプレス(cdx)の車両基地である。同社千葉総合本部の管轄。


概要

木成線(現:あさひ線九十九里線木長線)の開業にあわせて1998年に開設。主にあさひ線・九十九里線・木長線および富津線で使用する車両を管理している。
当センターは九十九里線九十九里町駅下貝塚駅間にあり、下貝塚駅から入区する。

歴史

  • 1998年9月23日 - 新規開設。

所属車両の車体に記される略号

千クリ 」…千葉総合本部を意味する「千」と、九十九里浜を意味する「クリ」から構成される。

配置車両

2013年1月現在の所属車両は以下の通り。全て電車である。

旅客用車両

  • 0系
    • 1両編成が在籍。
  • 6系
    • 300番台と100番台が在籍。2両固定編成を基本としている。一部の編成は2013年2月1日付で印西牧の原総合車両センター(印マキ)から転属した車で、アクセントカラーが異なる。
    • 100番台も同じく印西牧の原総合車両センターから転属した車だが、定期運用には一度も就かずにそのまま木更津車両センター(千キサ)に再度転出(または安房急行電鉄に売却)している(増結用の制御車(クハ60形)は現在も当センターに在籍しているが、放置状態である)。
  • 15系
    • 2両編成が在籍。安房急行の15系とは無関係。
  • 17系
    • 100番台・5000番台が在籍。100番台は2両編成のみ、5000番台は2両編成と3両編成が在籍している。
  • 27系
    blankimgプラグインエラー:ご指定のURLはサポートしていません。png, jpg, gif などの画像URLを指定してください。
    • 2両編成28編成が在籍。安房急行電鉄に15系としてリースしていた10編成も同区の所属であったが、2011年に全て売却している。

配置車両以外について




最終更新:2013年04月07日 16:48