銀行 > 預かり資産



生命保険

「宛名付け」のため
「流動性確保」
子どもたちに均等に残したい

保険は遺言以上の効果
遺産分割協議の対象外

指定代理請求の機能 息子の口座へ息子が請求して入金される
倒れて入院したとき、お金をどうしますか。通帳と暗証番号預けるのは、どう思いますか?


高齢者のリスク 認知症になれば、遺言贈与などの相続対策ができなくなる。

富裕層ー税理士が効果的。他行、他証券がささっているケース多数


代償分割の資金に利用
遺産分割協議書に「長男が代賞金を支払う」などの文言を入れておくと、税務当局から贈与とみなされない。

保険にするとその分、遺留分が減少する。




代償分割の資金準備

被相続人 会社経営者
長男 次期後継者
次男
三男

次男三男が遺留分請求しないよう、長男の代償分割の資金を保険で準備する。


女性のほうが保険金額は高い

保険を使った贈与
親を被保険者、契約者子供、受取人も子供とする個人年金保険
保険料相当分をを、毎年贈与契約結んだ上で親から子から贈与する。
メリットは、現金で上げると、使ってしまったということを避けられる。


平準払い保険
1.保険の「見直しニーズ」~証券のコピー
2.保険の「必要性」ニーズ~自身の体験談が効果的
3.ライフスタイルの変化を捉える
①新規口座開設・名義変更→引越し・結婚・出産など
②積み立てで来店→保障追加or 見直し
③退職金運用 或いは保険の見直し(一生涯か?)
④住宅ローン相談~ローン借換 or 見直し→返済額減少分を保険提案
 保険の声かけ



経営者保険(2019.2 節税保険の取扱停止)

(1)見込先をどうするか
純預金先
支承先
「関連会社」
決算何月か確認→折衝時期を何時にするか
分かれば、税理士がどこか

(2)アプローチ話法
利益の繰り延べ 決算対策
事業承継、退職金のご準備
万が一のことが起きた場合の備え
アポイントの段階では経営者保険の言葉を使わない

利益の繰り延べ
国に税金を納めても戻ってこない
保険会社に預けておけば戻ってくる

保険を使った退職金の準備


経営者保険と名が付いているが
保険を使った 利益の繰り延べ・退職金の準備

全損
4~5年ぐらいが実質返戻率ピーク
解約時は雑収入=解約返戻金

1/3損金
9年~28年ぐらい
解約時は雑収入=解約返戻金-資産計上分

(3)他社動向
①業界動向~全損規制する動きがあり(9月ごろの記事)
②全損
某生命 満期管理していない→トラブル起こしてやめる人いる
③払込をしない扱いについて
某相互会社~強制解約
某外資~3回ぐらいまでok




職域セールス



職域営業
経営者への提案
従業員への提案

実権者へのアポ
訪問日時をいつにするのか
法個一体のオーナー会社か、そうではないのか



商品を前面に出すよりも金融知識のセミナーとするのも手
金融リテラシーを身に付けさせる
積み立ての重要性



面談率工場のポイント
会える時間帯の把握
チラシ・パンフレットを受付に渡す
伝言を依頼
連絡先を教えてもらう
継続して面談できる見込み先発掘する
そこから紹介客を得る



純預金先(非メイン先)への平準払い保険(又は経営者保険)の提案
イメージ図

メインBK ⇒ (融資済・平準払保険、経営者保険×) ⇒ 企業 ←(平準払保険) ← 自行



従業員数
福利厚生(401k
人事面 ニーズ
給振、メイン度
給与・定年
決算書で給与、従業員数は推定出来る
(人件費÷従業員数(企業概要説明書)=推定平均年収)


店内連携が必要


中小企業等経営強化法
経営力向上計画による税制措置、固定資産税が3年間半額、即時償却など

どこだかの保険会社
備品は通常15年の償却だが、リースで3年償却
日経30年7月 経営者保険の記事あり


連帯債務者として登記すべきところを単独債務として登記
→抹消は所有者なので関係がない

担保物件一部抹消
(稟議等)→解除証書(解除物件表示 最後に以上記載)、抵当権一部解除登記→解除後滅失登記

98年ー00年 特別保証 2007年 責任共有制度 2008年 緊急保証 2010年保証残高の半分以上が緊急保証に
2013年3月緊急保証終了


2018年税制大綱 事業承継税制の変更 株式の100%贈与税相続税猶予

ネット販売手数料アマゾン15% 楽天10% ヤフー6%

[[]]
[[]]
[[]]