星野八郎太

登録日:2010/06/09(水) 23:21:15
更新日:2018/04/14 Sat 21:38:56
所要時間:約 2 分で読めます




プラネテス』の主人公。
通称ハチマキ
由来は見たままで、鉢巻きをしめているから。
名前の由来は生まれた時に阪神がV8していたから

家族構成は、父、母、弟。
父は、人類初の火星探査チームの一員で、一流の宇宙船機関士。
母は、専業主婦。トンカツをたくさん作るのが主な仕事。
弟は、宇宙船エンジニアを目指す高校生。日々自家製ロケットを、自宅へぶち込む。

○漫画版
阪神が八連覇した時に生まれたから八郎太。
千葉県九十九里出身。

大手宇宙企業のデブリ回収員。
自家用宇宙船を買うという身の丈に合わない夢を持つ。
今のままでは夢を叶えるのは到底無理だと自覚しながら、現状から抜け出せずにいる。

後にデブリ屋を退職して木星往還船フォン・ブラウン号搭乗員選抜試験を受験し、抜群の船外活動能力が認められ正式クルーに選ばれる。

根っからのオプティミスト。
「独りで生きて独りで死ぬのが完成された宇宙飛行士」が座右の銘。
タナベとは真逆の信念を持つ。


  • もう一人の自分
空間喪失症がきっかけで精神世界に現れた不安や甘えや諦めなどの、ハチマキのネガティブな部分が表れた分身。
当初は彼の言葉に惑わされるハチマキだったが、フォン・ブラウン号のエンジンを触ったことで空間喪失症を克服する。
それ以後はハチマキの良き理解者となる。
タナベと出会い、ハキムのテロやレオーノフの事故を通して、ハチマキが人を頼ることを学ぶと、「忘れるな」という忠告を残して消えた。


  • ネコ
交通事故により致命傷を負ったネコを見たことがきっかけで悟りを開いてしまったハチマキの前に現れた死の化身。
彼の出現以降ハチマキは精神に異常を来す。
サリーのセクハラによりハチマキが大切なことにもう一度気付き、タナベに求婚した後に、彼の幸せを見届けてから海へと消えた。



精神的な成長を遂げたハチマキはフォン・ブラウン号の中心人物となり、木星到達第一声を任される。



○アニメ版

CV:田中 一成

漫画版と比較すると熱血で明るいが、短気で少々ネガティブ思考。
もう一人の自分とは遭遇するが、ネコとは遭遇しない。

テクノーラ社のデブリ課所属。
同期にクレアとチェンシンがいる。師匠はギガルト。ハキムとは兄弟弟子。
アニメ版では、あだ名のハチマキはギガルトが名付けた事になっている。


追記・修正をお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/