フォーエバーマリオの巻

登録日:2021/05/08(土) 00:01:11
更新日:2021/05/08 Sat 11:37:38
所要時間:約 2 分で読めます




サンキューマリオ!!、サンキュールイージ
そして

サンキューフォーエバー

フォーエバーマリオの巻とは、本山一城の漫画『スーパーマリオ』のエピソードの一つ。

概要

『ヨッシーストーリー編』完結後に執筆された作者による完全オリジナルストーリー。
1988年にコミックボンボンで連載され、題材ゲームごとにタイトルを変えながらも愛され続けてきたスーパーマリオシリーズの最終回となるエピソード。
デラックスボンボンと増刊号を含めボンボンでの連載が通算第183話というボンボン誌上最多連載となる話数を飾る最終回であるが、残念ながら単行本には収録されなかった。

あらすじ

ある日、マリオはピーチ姫にプロポーズする為の世界一大きなダイヤを手にするため、そのダイヤがあるというチョモランマへ出かけるが、それ以後は音沙汰がなくなってしまったという…。




それから3年後…




ピーチ姫は、マリオが冒険に出たまま3年間戻らない憂鬱な日々を過ごし、ピーチ城の財政もすっかり霞んでしまって貧困状態になっていた。そこで彼女はその危機を打開すべくお金持ちと結婚することになった。その結婚相手はアラブ石油王「ビビンバ卿」と名乗る人物である。姿でバレバレだけど、クッパです…。











以下、ネタバレ注意













一方、ルイージはダイヤを探しに行ったきり帰ってこないマリオを探しにチョモランマに来ていた。そしてルイージはマリオと再会するものの、マリオはダイヤを探す最中に崖から転落してしまい、記憶喪失になっていた…
そんな中、着々と進みだすピーチ姫とビビンバ卿(もといクッパ)の結婚式。その様子がどっからか取り出したテレビに映し出され、ビビンバ卿を見たマリオは

あれはクッパじゃないか!どうしてピーチ姫は気づかないんだ!

と叫んだ勢いで記憶を取り戻す。そしてすでに手に入れていたダイヤを手に、ルイージと共に式場へと乗り込む。式場に突入した衝撃でビビンバ卿(クドいようだけどクッパ)は気絶し、マリオは手に入れたダイヤをピーチに渡そうとするが、彼女はお金を出してもらっているビビンバ卿に悪いとして一度は断る。だが、マリオはビビンバ卿の正体がクッパであることをピーチに明かす。
意識を取り戻したクッパは泣きながらマリオに対し、

こうでもしなきゃお前が踏ん切り突かないと思ったのさ!負け惜しみじゃないぞ!

と言い残して走り去っていった。
取り残されたマリオたちはそんなクッパの姿を見て

クッパってもしかしていいやつ?

と呆けるのであった。


そして、マリオは改めてピーチにダイヤを渡した後「ついでにこのまま結婚しちゃわない?」と尋ねるが…、

ついでじゃ、や!

と拗ねた様子でそっぽ向かれてしまう。


なんとも締まらないオチになってしまったけど、10年に渡り愛され続けてきたスーパーマリオはこうして幕を降ろしたのであった…。


クッパ「こうでもしなきゃ誰も作成しないと思ったのさ!立て逃げじゃないぞ!」
マリオ「ついでに追記・修正しちゃわない?」
ピーチ「ついでじゃ、や!」
この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年05月08日 11:37