スゴロク(ギャグマンガ日和)

登録日:2022/01/25 Tue 06:27:44
更新日:2022/03/09 Wed 19:59:55
所要時間:約 ? 分で読めます





お父さん、僕がつくったスゴロクやろうよ!




なんだ、ずいぶん簡単そうだなハハハ





「スゴロク」とは漫画ギャグマンガ日和」第219幕のエピソードである。
単行本第11巻に収録されている。



【あらすじ】



息子の和人から自分の作ったスゴロクを一緒にやろうと誘われた父。
それが大変なことになるとも知らずに…



【登場人物】



  • 和人(かずと)

小学生くらいの少年。父と自作のスゴロクで遊ぶ。
子供らしく純粋で無邪気な容赦のない俺ルールで父を追い詰める。



和人の父親。
息子とスゴロクで遊ぶが、それが原因でとんでもない事態に…




【本編】



そんなこんなではじまったスゴロク。
先行は父、出目は4で辿り着いたマスは一回休みだった。
続いて和人も4を出し、同じく一回休みになるはずなので父のターンかと思われたが…




「よし、ここで魔法カードを使うぞ!」



「えっ」



「聖者の復活!これで一回休みを解除!」



「何それ!?」




そして場にカードを伏せターンエンド、父は一回休みなのでまたサイコロを振ろうとすると流石に父からツッコまれる。
和人曰く、これはこのゲームのカギを握るファンタジーカードだという、白々しく今更父にもいるかと聞くと勿論欲しいと言いカードをもらう父。


改めて和人のターン、サイコロを振ると1、すると和人は「奇跡の光」というカードを使い、父を1マス戻した挙句もう一度サイコロを振る。
やっと父のターンとなり6を出す、だがここで和人は伏せカードをオープン。




「相当な悪意!相手が4以上の目を出したらスタートまで戻すことができる!」




「な…何イイ!何だそのカード!」




「いっけええズギュウウウン」




だがここで父は自分の手札にあるカードに気付く。




「どうだ!相手のカードを無効にできるとぼけるヤツ!」



だがそれも和人に読まれており…



「伏せカードオープン!とぼけるヤツ殺し!」



「と…とぼけるヤツーーー!」




結局メタメタにメタられた父、更に和人は追い打ちをかける。
「沼の主」というカードで父のコマをスゴロクの紙に描かれた沼に移動させる。
その上沼に関するルールを今更教えて父を困惑させる。

更にもう一枚カードを使用、「強力悪魔魔人」で父を10回休みにする。
更に場にカードを3枚伏せてターンエンド、父はもう動けないのでここから和人無双が始まる。


「沼の主の陰湿さ」で父のカードを奪い、「沼の主の恨みつらみ」で父のドローを封じ、更に「沼の主の暴言」で父を50回休みにする。
更に父から奪ったカードで更なる極悪コンボを思い付く。


「フフ…女神は僕にほほえんだみたいだよお父さん」



「最初からお前に満面の笑みだよ」





「悪魔の力こぶ」で父が5以上の目を出したらやり直しにさせ、更に「スフィンクスの怒り」その効力を終了まで持続させる。
これにより父は沼からずっと出られなくなってしまった。






「一生沼でうごめくがよい!」





その後普通に和人はゴール、やっと父に順番を渡す。
父はもう終了だと言うが、このスゴロクは全員ゴールしないと終われないと言う。
だが父は上述のコンボによりもうゴールできない、つまりこのスゴロクは一生終了しない。
だが束縛はされないようで翌日からいつもの日常に戻る父、だがその心は晴れなかった。






あれ以来私の心にはずっと引っかかるものがあるのです





まるで沼に足をとられてもがき続けているような







【すごろく】


和人が作ったスゴロク。
神にはゴールまで一直線のマス目と、スタート地点に家、ゴール地点には木が2本描かれており、下の方には沼が描かれている(沼の絵は2重構造になっており、下に沼のルールが描かれている)。
イベントマスは途中に「一回休み」のマスが2個あるのみ。


ルールはサイコロを振って出た目の数だけ進み、ゴールに辿り着ければクリアだが、
カードの効果で沼に行くとサイコロを振って5が出るまで出られない。


【ファンタジーカード】



このスゴロクのカギを握り、このゲームをカオスたらしめている原因。
初手で5枚握り、使った分は山札から補充できる。
カードは伏せることができ、相手のターンでも使うことができる。

現実のスゴロクゲームでも様々な効果を使えるカードが存在するのはよくあることだが、このゲームのカードは理不尽かつ強力な効果を持つカードが多いのが特徴。




  • 聖者の復活

一回休みを解除できるカード。これぐらいなら現実のスゴロクゲームにもありそうな効果。
タイトルは字を一度間違えており、「せい者のふっかつ」と書かれている。
イラストはひげを生やしたらしい男が描かれている。



  • 奇跡の光

自分が1の目を出したとき相手を1マス戻し、サイコロをもう一回振れるというメリットしかないカード。
イラストはオーラを放つサイコロ。


  • 相当な悪意

相手が4以上の目を出したら戻すことができるカード。
タイトルには「そうとうな悪い」と書かれており、イラストには家とマッスルポーズをする男が描かれている。



  • とぼけるヤツ

相手のカードを無効にするよくあるメタカード。
イラストにはガッツポーズをする生意気そうな男が描かれている。


  • とぼけるヤツ殺し

とぼけるヤツの効果を無効にするメタをメタるカード。
イラストではとぼけるヤツが包丁で刺されている。


  • 沼の主

相手を沼に引きずり込むカード。
タイトルには「沼のぬし」と書かれており、イラストには沼の主らしき角の生えたよくわからない生物が描かれている。



  • 強力悪魔魔人

相手を10回休みにする強力すぎるカード。
タイトルには「強力悪まま人」と書かれており、イラストにはブーメランパンツを穿いた悪魔っぽいモンスターが描かれている。



  • 沼の主の陰湿さ

サイコロを振る代わりに沼にいる人のカードを全部奪えるカード。
デメリットはあるが明らかにリターンと釣り合っていない。
タイトルには「沼のぬしのいんしつさ」と書かれており、イラストにはピースサインをする沼の主が描かれている。



  • 沼の主の恨みつらみ

沼にいる人にカードを引けなくさせるカード。ダメ押しにも程がある…
イラストにはマッスルポーズをする沼の主が描かれている。



  • 沼の主の暴言

休みの回数を5倍にするカード。倍率がおかしすぎる…
タイトルには「沼のぬしのぼうげん」と書かれており、イラストには「オタンコナスビ」と言っている沼の主が描かれている。



  • 悪魔の力こぶ

相手が5以上の目を出したらやり直しさせるカード。
本来なら一回しか効果はないが…
タイトルには「悪まの力こぶ」と書かれており、イラストにはムキムキした悪魔が描かれている。



  • スフィンクスの怒り

他のカード1枚の効力をスゴロク終了まで持続させるコンボ性の強いカード。
タイトルには「スフィンクスのいかり」と書かれており、イラストには「コラッ」と言っているスフィンクスが描かれている。






この「追記・修正」カードを使う!相手はこの項目を追記・修正しなければならない!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年03月09日 19:59