BASTARD!! -虚ろなる神々の器-

  • 株式会社セタ、及び株式会社ユニバーサルエンターテインメントと当サイトとは一切関係ありません。
    • 株式会社セタは、解散・清算。
  • 『BASTARD!! -虚ろなる神々の器-』の攻略・まとめwikiです。
  • このページは自由に編集することができます。
    • 新規にページを作成する際は編集モードを『@wikiモード』に設定して下さい。
    • ページを編集する際、文頭を『//』で始めると、ページには反映されない内部コメントを書くことができます。
      データ類のレイアウト変更や項目の削除を行う時など、編集者の意図を伝えたい時に活用して下さい。
  • 広告が上部に表示されている場合、アンケートに投票することで、広告は下部へ移動します。


イメージ
amazon
リンク
タイトル 品番 発売日 希望小売価格 対応機種 ジャンル CERO
年齢区分
発売元

BASTARD!!
-虚ろなる神々の器-
SLPS-00542 1996年
12月27日
6,800円
(税別)
PlayStation RPG 株式会社セタ


PROLOGUE

 遠き古代、世界が哺乳類に席巻される時代から遥かに遡った太古に、現代では名前すらも伝えられない強大な神々が存在した。彼らは動物を始めとするあらゆる生命体に、本能的に備わった恐れ、――荒れ狂う大自然に対する畏怖、生態系の均衡に組み込まれた“死”に対する恐怖、そして見知らぬ、理解の範疇を超えた存在への崇拝――の精神エネルギーを糧とし、この次元に圧倒的な勢力を誇っていた。
 しかし、ある時期を境に、彼らにとっては新興勢力である“創造神”とその粛清部隊“天使軍団”が急速に抜きんでた力を持ち始めた。その理由は、彼らによって進化させられた生命体「人間」の、他の生命体とは比較にならぬ高い精神エネルギーにあった。“創造神”は人間に信仰を与え、そのエネルギーを受け取ることによって飛躍的に版図を拡大し始めたのである。

 人間は他の神々にとっても極めて効率の良い生命体であった。だが、“創造神”の権益を護る天使軍団は徹底的かつ苛烈な処理を人間社会に施した。“創造神”以外の神を邪神、悪神として貶めることにより信仰から排除、もしくは吸収する形で信仰エネルギーをねじ曲げ、旧き神々の存在を人類の記憶、そして歴史上から抹殺したのである。
 信仰の糧を失った神々は、長い雌伏の時を過ごした。かつて備えた巨大な器だけを残した虚ろなる神――即ち“虚神”となり果てながらも、彼らは辛抱強く、再び勢力を盛り返す機会を窺い続けた。
 それは、神の創造物であるはずの人類によってもたらされた。文明に溺れ、“創造神”をも軽視した人類が生み出した超高効率の精神エネルギー増幅システム「霊子力理論」と、神に定められた人類の進化の枷から外れ、その裡に無限の霊子力増殖機構を持つ無敵の魔人D・S(ダーク・シュナイダー)の登録である。これらの力を取り込むことができれば、“虚神”たちはこの次元において、“創造神”と同等以上に戦うことが可能になる。

“虚神”たちは待つことに慣れていた。D・Sの誕生から、実に四百年以上を用心深く観察し、D・Sの心身を乗っ取る隙を待ち続けた。

 そして今、魔人D・Sの力を巡る最大の戦いが幕を開ける――。


【出典】
集英社・セタ BASTARD!! 製作委員会.PlayStation BASTARD!! -虚ろなる神々の器- 解説書.集英社・セタ BASTARD!! 製作委員会、1996、p.3


BASTARD!! -虚ろなる神々の器- Vジャンプブックス.集英社、1997、136p.(Vジャンプ[ゲームシリーズ]).


最終更新:2020年10月31日 15:20
|
添付ファイル