ミルドネジア語
bjerdänäseja
bildheeneesija
発音 []
話される国 ミルドネジア公国
話者数 不明
話者数の順位 不明
言語系統 リーナスタン語派ミルドネジア諸語
表記体系 不明
公的地位
公用語 ミルドネジア公国
統制機関 国立民族語学士院
 ミルドネジア語(ミ:)とは、ミルドネジア公国で話される言語である。

文化

ミルドネジアとは語源を遡るとmil-d-en-es-ija(我々の住む地)という語源に分解して遡る事ができる。北西方言と南東方言に分かれ、どちらもミルドネジア全体で通じるが、それぞれ発音の差異が大きい。以降(北西方言/南東方言)の順で併記する。

文字

諸方言に文字の区別はなく、同じアイラニーヤ文字系のビェシェン文字(bojöd fön bjeshän/lujood poon biSeen)が用いられる。
bojöd fön bjeshän
sararoa bjesh fafs äns.
fraxkeköro!

文法

名詞

代名詞

  • 単数
主格(*-s) 対格(*-i) 与格(*-k) 属格(*-d)
一人称(*mi) bjesh / biS bjee / bii bjek / bik bjed / bid
二人称(*ko) kös / koos köe / kooi kök / kook köd / kood
三人称(*si) sesh / siS see / sii sek / sik sed / sid
近・遠(*qar) gwarsh / gharS gware / ghari gwark / ghark gward / ghaD
不定人称・指示(*di) desh / dhiS dee / dhii dek / dhik ded / dhid

  • 複数
単数+-(a)sで表現する。

疑問詞

主格 対格 与格 属格
いつ(hamil) kabjeräs / kabilees kabjere / kabili kabjeräk/ kabileek kabjeräd / kabileed
どこ(hamal) kabaras / kabalas kabare / kabali kabarak / kabalak kabarad / kabalad
だれ(hamer) kabjärsh / kabjeerS kabjäre / kabjeeri kabjärk / kabjeerk kabjärd / kabjeeD
なに(hamo) kabös / kaboos kaböve / kaboovi kabök / kabook kaböd / kabood
どうやって(hamel) kabjäräs / kabjeelees kabjäre / kabjeeli kabjärk / kabjeeleek kabjäräd / kabjeeleed
どのように、どれくらい(hamol) kabörs / kabooloos kaböre / kabooli kabörk / laboolook kabörd / kaboolood

普通名詞

末子音があるのが男性名詞であり、無いのが女性名詞になる。
主格 対格 与格 属格
男性名詞 -əs -i -ək -ənt/-ənd
女性名詞 -s -wi/-mi -k -nt/nd
定性表現としてこれに-a(-stan.ly)が付く場合がある。

gea/ghia(宝石) -> geas/geawi/geak/geant - ghias/ghiawi/ghiak/ghiand

南東方言の語尾がt, d, k, g, p, b, T, Dの場合はそのあとに格変化で母音が後に来る場合は有声化する。
gharpadheend(フォント) -> gharpadheendhi(フォントを)

動詞

動詞の過去形は-äde/-eedhi、未来形は-wäo/-weeuを語尾に付ける。
未来形は義務や希望を表す希求形としても使われる。

skärasdwäo/skeelasdweeu 「彼は見たい/見ようと思っている」

コピュラ動詞が過去形完了分詞を取ると受動態扱いになる。

ast skärsha/eesa skeeləchha 「彼は見られた」

コピュラ動詞の変化

元型 äs / ees 不定形 äsn / eesee
一人称 äns / eesan 動名詞 ö / eesoo
二人称 ärs / eesai 起動分詞 -
三人称 ast / eesa 存続分詞 -
仮主語 sors / eeso 完了分詞 -
仮主語形は天候動詞としてよく使われる。
raairaaid sors/reeleed esso 「雨が降る」

一般動詞の変化

元型 不定形 -än / -een
一人称 -äns / -ans 動名詞 -ö / -oo
二人称 -äers / -ails 起動分詞 -shä/-Swee
三人称 -asd 存続分詞 -shu/-jha
仮主語 -ors / -ols 完了分詞 -sha/-chha
主語が定性である場合はpra(k)-が付く
prasänösdö/praseenoosdoo その~が聞くこと

関係詞

zu-o.lyが起源であるdaau/dhooを使う。

例文

bjesh bjerdänäseja-wi däkod-äns. (北西方言)
biS bildheeneesija-mi dheeKHud-ans. (南東方言)
「私はミルドネジア語を話す。」

アリスは土手で姉のそばに座っていましたが、何もすることがなかったので、次第に疲れだしました。
Alis-əs doräok karshant bjäräk färnä-asd-äde fa, nevön däräs-asd-äde bag vä esh-asd köjöe.
Alis-əs dhuléuk karshand bjélék péNé-asdh-eedhi pa, nivón dhélés-asdh-eedhi bag vé iS-asd kójói.

名前の形式

名前 父親の名-属格(娘/息子) 姓

主要な姓

  • äsdvada/ésdhvadha/isdvodo
  • farera/palira/paio
  • jäkdö/jékdhó/jitsdu
  • reka/lika/ritse
  • skarshna/skarSna/stsashno

主要な名前

古理語名 ヴェフィス名 ユフィシャール名 タウニラウィッリー名 ミルドネジア名
levia laiyva luuva lūwa rävea/lévia/rivio
sashimi sausmeis sasahimi sasahimi saskebje/saskibi/sostimje
elerna elaina elenna īlīnna ärärna/éléNa/iino
alen aulain alene alīnī arän/alén/ain
xal xaulè xala xala shar/shal/sha
kladi'a klaudia kaladi kaladi kradea/kladhia/tsrodio
lavyrl lavilè lavylla lawilla ravor/lavuL/rovyr
klan klaun kalana kˤəlan kran/klan/tsro
添付ファイル