この宇宙の可能性は無限に等しい、我々のまだ見ぬ文明に幸あれ —メレンナーデ・アイユファルト—
 大宇宙(エルミア語:Skol-Hesagt、エミュンス語:gions:antveed(GSV))とは創作世界観『大宇宙』の創作物が属する宇宙である。この宇宙のうち、████銀河の伴銀河であるワルストレギオン及びそれに付随するスカリア星団などから構成される領域が大宇宙の諸国の舞台となっている。


観測可能な「大宇宙」

 「大宇宙」*1は、観測できる範囲で今からおよそ140億年前に何らかの形で誕生したと推測されている。観測結果に基づくと宇宙の加速度的な膨張はごくわずかに減速してきており、いずれこの宇宙は再び一点に集約され、再び新たな宇宙を生み出すとされている。多くの天体が存在し、我々以外にも星間、ないし連合会議参加諸国を超える規模の銀河間文明が存在する可能性が示唆されている。しかし、シンテーア歴████年時点で████銀河群以外からの観測による証拠は確認されていない。

各言語での「大宇宙」

  • Skol-Hesagt:エルミア語
  • Gions:antveed:エミュンス語
  • La-ta-jait:ダン=ラ=ハン語
    近年ではIle-jaitとも。


████銀河群

 ████銀河群は████銀河団の辺境に存在する銀河の集まりであり、████銀河、████銀河などの巨大な渦巻銀河に代表される銀河で構成される。明るいものから暗いものまで、矮小銀河も含めると銀河群を構成する銀河の数はゆうに1000を超える。代表的な銀河は銀河群の名前にもなっている████銀河である。シンテーア歴████年時点で、ワルストレギオン以外からの文明の干渉は存在していない。しかし、直近の████銀河の渦状腕からはワープ技術特有の重力波が観測されるなど、知的生命体、ないし星間文明の存在がほぼ確実視されている。しかし、これらの銀河外文明に接触するためには何もない銀河間空間を航行する航法の確立が必須であり、現状干渉はできない。また相手側がこちらのワープ技術に感づいている可能性もあるため、向こう側からアクションが生じる可能性も否定はできない。

渦巻銀河

  • ████銀河
    楕円銀河である████銀河を最大の伴銀河として抱えもつ。直径はおよそ8万光年、2000億程度の恒星が存在するとされる。
  • ████銀河
    銀河群最大の渦巻き銀河、外側に希薄なリング状の腕をもつ
  • ████銀河
    棒渦巻銀河
  • ████銀河
    銀河群の中では最小の渦巻銀河

████銀河の伴銀河

  • ████
    ████銀河の渦状腕の先端に存在する楕円銀河
  • ワルストレギオン
    後述、大宇宙連合会議諸国の文明圏であり、████銀河の伴銀河
  • ████
    単腕銀河であり、かなりの速度でワルストレギオンに接近中である

そのほか

  • ████
    不規則な銀河、かつて銀河同士が衝突したものと考えられる

ワルストレギオン

ワルストレギオン
Walstlegion
推計物理量
直径 1500 ly
主銀河からの距離 24000 ly
金属量 -1.8±0.3 Fe/H
密度 ???? GeV/cm3
天体年齢 ???億年
絶対等級 -8.4±0.5
推計天体数
恒星数 約7500000
居住可能惑星数 約250
 大宇宙連合会議に加盟する多くの国家が存在する████銀河の伴銀河である矮小銀河の一つ。直径が約1500光年、████銀河からの距離は24000lyである。矮小銀河としては極めて珍しく、高金属領域が存在したり、星の形成が行われたりしている。これはかつてワルストレギオンに衝突した天体等が関係しているとされるが、いまだ確証はつかめていない。恒星数は750万個、このうちヒューマノイド型の生命体が専用の器具なしで生息していくことができる環境にある惑星、いわゆる居住可能惑星の数は250程度と推測されている。15億年前に楕円銀河████が████銀河に接近した際の攪乱で生じた破片の一つとしてワルストレギオンが誕生したとされる。30億年後には接近してくる単腕銀河████に衝突され、ワルストレギオンやスカリア星団が取り込まれると推測されている。その際に現在の大宇宙の各星系が現在の状態で存在するとは考えにくいが、おそらく多くの星系が影響を受けると推測され、いくつかは銀河から弾き出されてしまい、永遠の宇宙をさまよう可能性も指摘されている。
 連合会議加盟国が存在する領域以外にも、小規模ではあるものの高金属領域が2つほど存在するため、これら領域での新国家との接触や、新たな居住惑星候補地が存在する可能性に期待がなされている。しかし高金属領域どうしの間には低金属領域が存在するため、この部分のインフラストラクチャーを整えてからでないと出発はできない。またワープ燃料の精製を宇宙空間で即席で行うのは難しく限界が存在するため、革新的な手法の開発が待たれている。

スカリア星団

 ワルストレギオン近傍に存在する星団群。スカリア星団そのものはワルストレギオンより小さいものの、これらをまとめてスカリア矮小銀河と呼ぶ場合も存在する。スカリア星団は球状星団である大スカーラ星団、散開星団である小スカーラ星団などで構成される。現状のワープではスカリア星団までが移動の限界であり、これ以上離れた領域に移動する際にはなんらかの経由地を設けるか、銀河間航法の確立が待たれる。

大宇宙と関連する次元や時空間

ウェールフープ次元と大宇宙

 大宇宙には通常の宇宙であると同時に、ウェールフープ次元の一つであるという側面も持つ。悠里世界*2からファルトクノア共和国などウェールフープ次元を(事故などの理由で)超えてやってくる国家が存在する。シンテーア歴18世紀の末ごろまで、惑星ファイクレオネが存在する世界の次元と大宇宙の世界は次元同士の接続状況がが曖昧で、双方の次元の等時性が存在しなかった(こっちでA経過するとB経過するという保証ができなかった)。その後等時性を保証するための時空を固定化する技術が17XX年に開発され導入された。

虚体空間と大宇宙

 大宇宙には部分空間として通常の宇宙空間である通常空間以外に、クレデリア共和国が存在する虚体空間が存在する。虚体空間では虚子という粒子を中心に物体がふるまうため、通常と異なるふるまいが生じる。
最終更新:2021年10月09日 10:40

*1 「大宇宙」は現世宇宙とおそらく似た性質を持つが完全一致ではない。メタ的な議論の紛糾を避けるためこの核心部分の明言は避けられている。

*2 リンク先は総合創作サークル『悠里』