大宇宙各国の宙圏とは大宇宙連合会議加盟国がそれぞれどの宙圏に所属しているのかについて記録したものである。また、本稿では宙圏(ちゅうけん)についての解説と、宙圏ごとにおける地政学的役割、立場についても解説する。


概要

詳細については大宇宙#宙圏を参照
 宙圏(ちゅうけん、檀語jait-aspangs , jaitaspans磨語GANKEM SUNZ)とは、文化的、歴史的、政治的背景に基づいて宇宙空間を区分した銀河内領域である。
 宙圏は科学的な分類ではなく政治的に決定されるものであるため、時代の変遷や歴史的事件によって変化することがある。本稿では全ての時代を現行のレーウス宙圏、ゲルデン宙圏、ラヴェルト宙圏、モンタク宙圏、スラーン宙圏、デスペア宙圏の六宙圏制で分類している。
 元々大宇宙連合会議が設立された当時、ラヴェルト宙圏、モンタク宙圏、レーウス宙圏が設置された。その後国家数と文化圏の変容に伴ってゲルデン宙圏、スラーン宙圏、デスペア宙圏の順に設置・改組された。

ラヴェルト宙圏

大宇宙連合会議設立当時から設置されている宙圏。管理の際、色は紫色で識別する。


モンタク宙圏

大宇宙連合会議設立当時から設置されている宙圏。管理の際、色は黄色で識別する。


レーウス宙圏

大宇宙連合会議設立当時から設置されている宙圏。管理の際、色は青色で識別する。

ゲルデン宙圏

モンタク宙圏から改組する形で17世紀後半に設置。管理の際、色は赤色で識別する。

スラーン宙圏

1730年代にスラーン諸国の発見に伴い、レーウス宙圏から改組される形で設置。管理の際、色は緑色で識別する。

デスペア宙圏

レセスティアやガイエン、ガドルラグドなどが発見されたことにより1760年代ごろにラヴェルト宙圏から改組される形で設置。管理の際、色は水色で識別する。

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2023年02月27日 01:16