産業労働主義(マユィ語: dauktjonacćté、DT)は、大宇宙の数国の政党に採用されている政治体制であり、特にアクース連合で採用されている。



歴史

 産業労働主義は、その源流をアクース内戦に遡ることができる。1733年10月にセツ・エメルダが記した「産業労働主義綱領(エメルダ・第一テーゼ)」には、

理論

 (今後追記予定)

宗教

 エメルダ・第一テーゼにある通り、宗教は原則として容認される。しかし、UTE運動に端を発する新体産労主義(フダレン主義)のLE学派は容認しない。

政党

以下の政党が産業労働主義を主張している。

政党名 成立年月日 党首・指導者 bigdatsへの加盟
シンテーア歴?年?月?日


bigdatsとは国際産業労働主義連盟(BśIeGvajes DAukTjonacćtés Smaficz)の略である。

意匠