産業労働主義(マユィ語: dauktjonacćté、DT)は、大宇宙の数国の政党に採用されている政治体制であり、特にアクース連合で採用されている。



歴史

 産業労働主義は、その源流をアクース内戦に遡ることができる。1727年にセツ・エメルダが記した「リンク名」には、当時広まりつつあった世論を獄中で形態化し、産業労働主義という用語を初めて使用、民主主義を批判。暴力に基づかない革命を求めた。
 1733年10月、「思想における闘争(内戦テーゼ)」を発表。「労働」で唱えた暴力に基づかない革命を退け、世論を取り入れた暴力革命を唱えた。内戦・革命終結後、「産業労働主義綱領(革命テーゼ)」を発表。以降の革命にアクース内戦を模範とすることを避け、暴力に基づかない革命、思想を唱えた。2000年現在までエメルダ・テーゼは更新されておらず、今でも産業労働主義の礎とされている。

理論

 (今後追記予定)

宗教

 革命テーゼにある通り、宗教は原則として容認される。しかし、UTE運動に端を発する新体産労主義(フダレン主義)とそれに端を発する思想は容認しない。

政党、組織

以下の政党及び組織が産業労働主義を主張している。

政党、組織名 成立年月日 党首・指導者 BIGDATSへの加盟
エメルダ派 シンテーア歴1736年 タルキサン・カヌィトラグス
イェッジカワード主義派 シンテーア歴1736年
フダレン派 シンテーア歴1736年
ロフィルナ産業労働連盟 シンテーア歴1793年?月?日


BIGDATSとは国際産業労働主義連盟(BśIeGvajes DAukTjonacćtés Smaficz)の略である。国際的な革命の輸出を目的として設立された。

意匠

最終更新:2021年02月08日 10:35