イェスカ主義(リパライン語: Jeskavera)は、ユエスレオネ主義の一潮流であり、大宇宙の数国の政党に採用されている政治方針や理論である。


名称

イェスカ主義(リパライン語: Jeskavera)という名称は一般的に大宇宙諸国でのみ流布されているものである。大宇宙諸国の政党でイェスカ主義を標榜する政党は基本的にユエスレオネからの潮流を引き継いでいることを意識してこの単語を使うのに対して、ファルトクノア共和国やユエスレオネ連邦影響圏に属する国々は大宇宙諸国のユエスレオネ主義の特異性を重視してこの単語を用いる。

歴史

イェスカ主義の源流は異世界ファイクレオネの歴史に遡ることが出来る。ピリフィアー歴での15世紀はじめに起こったヴェフィス人によるブルジョワ革命「ヴェフィス市民革命」の後に各民族国家は独立し、サーム講和条約以後のサームカールト体制のような主権国家体制を整えてゆくことになる。この際に生まれたリパラオネ民族革命派(理: lext)という市民の政治参加の潮流の中でアフリサザン・リツが率いる左派から生まれた共和国革命派(理: chaxote)が生まれた。チャショーテの主張は「多数の上下の無い労働組合と経営者組合のネットワークによって労働環境を改善し、政府による介入で労働者の経済格差を減らす」という労働組合主義的なものであり、セツ・エメルダ思想に近いものであった。ユエスレオネ主義はユエスレオネが成立したピリフィアー2000年代に成立したユエスレオネとその上になる三つの超国家主義的体制の中で発展していった。ユエスレオネ人民解放戦線を率いるターフ・ヴィール・イェスカはフィシャ・ステデラフによる1979年の教法学的革命権の証明を導入することによってユエスレオネ主義自体が伝統的な思想であることと論理的にも導き出されるその思想が正しいことを補正した。イェスカはユエスレオネ共産党の綱領となるファールリューディア宣言を宣言し、またユエスレオネ革命を率いてユエスレオネ連邦を成立させた。ファルトクノア共和国の成立以後、ファルトクノア社会行動党はユエスレオネ社会党(共産党の後継政党)の地域政党であり、これらの思想伝統を継承し政治に当たることになった。こうしてファルトクノアに親和的な大宇宙諸国の国民がこの思想伝統に対して共鳴し、成立したのが「イェスカ主義」である。上記で説明したとおり、ユエスレオネ側から見た姿はユエスレオネ主義の総体であり、イェスカ主義という何らかの具体的な思想があるわけではない。

理論

(今後追記予定)

社会文化的階級

ファールリューディア宣言第五条やサニス第三条約第四部第二条第一項から考えられる通り、王や皇帝、貴族家などの家柄や階級のようなものは「社会文化的階級」(理: ditierrmeurmelme)として捉えられる。イェスカ主義は文化社会的階級者に対しては排除しないことを主張しており、その行政的特権のみが剥奪されるとしている。

宗教

サニス第三条約第四部第二条第一項及び第七項に認められる通り、イェスカ主義は宗教を容認している。

政党

以下の政党がイェスカ主義を主張している。

政党名 成立年月日 党首・指導者 CIJEDLAへの加盟
ファルトクノア社会行動党 シンテーア歴1730年12月8日 ラヴィル・ドゥ・エスタイティエ・ラタイハイト(内戦前)→レシェール・ファリーヤ・リュイユ(内戦後)
イェスカ主義マーカス革命党 スパーガス・トライタム・クフェルウォート
(アポラのイェスカ主義政党) ヴォルミール・アンザ・ハイゲン・アレーン
イェスカ主義産業労働党『連帯』 ジャリッサ・リュミュルズツ
エメルダ・イェスカ党 アニャカンチェシャルク・"コラ"・フェルピ
ルリスティア勤労民草党 "ラ・シニョリーナ"・ブランク・ヘッルミナーネ・スカファルケーイェ

CIJEDLAとは国際イェスカ主義政党連盟(Cierjustel Ispien JeskavEra'D LertasAl)の略で、イェスカ主義マーカス革命党のクフェルウォートが中心になって結成したイェスカ主義政党の国際組織である。ファルトクノア社会行動党はこれらイェスカ主義政党からは同じ思想の政党だと考えられているが、内戦後の社会行動党はイェスカ主義の潮流からは身を引いている。

意匠

イェスカ主義の意匠には青色が用いられることが多く、またユエスレオネの国章であるアオカケスの紋章やPCF99 xelt-an'gilの意匠も良く用いられる。

思想的基盤








関連リンク