絶海の孤岩

あらゆる神の首領である彼をここに讃える。
広くさすらうもの、国土の神であり、ミズガルズの尊い守護者。

+あなたは石碑の裏に進んだ。

【小石】



  • 体力: --
  • 攻撃パターン: 落雷:9
  • ドロップ: なし
  • 備考: 数回黄色の光輪を出した後に攻撃
  • 傾向と対策
   小石がステージ上に点在しており、プレイヤー・ペット・トールのいずれかが2回以上近づくと光輪を発生し始める。
   この落雷は小石を中心に判定が出るため、防御するには小石の方を向いて盾を構える必要がある。
   発生まで遅いため単体の回避は容易だが、トールと同時に相手取るとそうもいかない。
   防御自体は通常の盾で行えるが首飾りによる軽減は不可能なので、バックルによるひるみ無効が最適だろう。
   トールと挟み撃ちになることだけは避けたい。
   また、団体で挑むと必然的に一帯の小石がすべて光輪を発生させるので回避が困難になる。

【トール(浅葱色の鎧)】



  • 体力: ?????
  • 攻撃パターン: ミョルニル殴り:5(雷属性100%/追加効果:麻痺) ミョルニル投擲:5,7(追加効果:麻痺めまい) 大盾殴り:3,3(追加効果:めまい) 落雷:10(雷属性100%) 落雷:10(光属性100%)
  • ドロップ: なし
  • 備考: 物理2倍 全属性0.01倍 状態異常無効 神話系
  • 傾向と対策
   落雷及び遠距離でのミョルニル投擲は体力を強化していないと一撃必殺となる。
   そもそもトール戦は前述の小石との挟み撃ちも十分考えられるので体力の強化なしで挑むのは全くお勧めしない。
   ミョルニル投擲は近くにいれば2段目の攻撃のみ、大盾殴りは正面にいれば1段目の攻撃のみ当たる。
   落雷は数カ所に光輪を呼び出し、光輪が橙色になって2回出した後に攻撃が発生する。
   小石の落雷と異なり属性攻撃だが、光輪を呼び出すパターンに応じて属性が雷属性か光属性に変わる特性を持つ。
   パターン1:トールの中心、及び前後に出すパターン。こちらは雷属性である。
   パターン2:トールの斜め前、及び後ろに出すパターン。こちらは光属性である。

   攻撃力が非常に高く、ミョルニルによる麻痺を食らうと致命傷になる。
   属性攻撃をほぼ無効化するためバングルによるダメージ補強は期待できない。
   (50以上のダメージで1ダメージ喰らうため全く無意味というわけではない)
   裏を返せばマジックアイテム枠を火力に振らなくても良いことになるので、状態異常対策と体力増加に充てられる。
   バックルによるひるみ無効は、小石との挟み撃ちによる事故を防ぐだけでなく実数ダメージ増加による時間短縮も狙えるので非常に有効。

   おすすめはアートロングソードやアートオブシディアンメイスといった無属性の強い武器となる。
   神話系特攻武器は実数ダメージが倍になるのでトール戦全般で有効。特に角笛ギャラルホルンはミューテーションなしでの現状最大火力なので持っていれば是非装備したい。
   また、有効な武器を持っていない場合は下手な武器で応戦するよりも射的銃を使用する方が却って有効である。
   射撃中の隙は大きいので適宜攻撃を回避・防御しながら撃ち込もう。
   複数人で挑むことに越したことはないが、一人でもミューテーションの火力で叩き潰せばこの形態を倒すことは可能だろう。

+グハハハ!! わしを止めてみせよ!

【トール(赤色の鎧)】



  • 体力: ????
  • 攻撃パターン: 衝撃波:9999(物理属性100%),0(追加効果:麻痺),9999(水属性100%),9999(地属性100%)
  • ドロップ: なし
  • 備考: 物理2倍 全属性2.5倍 状態異常無効 神話系 攻撃発生まで約45秒、全画面攻撃
  • 傾向と対策
   この形態となったら45秒以内に急いで対処しなければならない。
   トールが構え始めると周囲に青白いオーラが集まっていく。
   間に合わなければ規格外の全画面攻撃であらゆるものを粉砕するだろう。
   対処方法は4つ存在する。
   ・45秒以内にトールを倒す
     最適解。すべての攻撃に対して弱点となっているため団体戦なら然程苦労せず倒せるだろう。
     一人でもミューテーションを使えば十分余裕を持って倒せるはず。
   ・石化薬を飲んで石となって凌ぐ
     グラトンによる即死とは異なり、所詮はダメージ攻撃なので自ら石化状態になって攻撃を無効化することで凌ぐことはできる。
     同伴しているペットや他のプレイヤーは消し飛ばされるが仕方がない。
     攻撃終了後、トールは待機状態となるがプレイヤーを見かけると再び攻撃の構えを開始する。
   ・耐える
     相応の知識やアイテムを求められるが不可能ではない。
     まずトールの攻撃に0ダメージの麻痺が含まれていることを頭に入れる必要がある。
     盾で状態異常を防げない以上、以降の属性攻撃を紋章で防ぐことを想定していなければこの形態も麻痺対策は必須である。
     一例として、【盾+樹海の紋章+深海の紋章】や【麻痺無効指輪+水,地属性を防ぐ盾or籠手】が挙げられる。
     なお、この攻撃を耐えられるペットはほとんど存在せず、マジックアイテムなしではセーフリームニル及びハティのみ、
     マジックアイテム込みで鬼火、ヘルキャットなどの物理攻撃を無効化するペットだけである。
   ・Magicalossなどの他サービスへ一時待避する
     対処法として間違ってはいないがトールを対戦相手と見立てるなら切断行為である。
     とはいえ、倉庫で必要なものを取りに行けるので立て直しに最適。休憩も兼ねられる。

+天晴れ也!

【トール(紫色の鎧)】



  • 体力: ?????
  • 攻撃パターン: ミョルニル殴り:5(雷属性100%/追加効果:麻痺) ミョルニル投擲:5,7(追加効果:麻痺めまい) 大盾殴り:3,3(追加効果:めまい) 落雷:10(雷属性100%) 落雷:10(光属性100%)
  • ドロップ: 煌めく怒髪、ご立派な尖角、奇妙な皮塊(レア)、雷帝のオーブ(レア)、原初の海水(レア)、サファイア(レア) 5回採取可能
  • 備考: 物理0.01倍 水0.8倍 炎・地・雷・光・闇0.6倍 状態異常無効 神話系
  • 傾向と対策
   浅葱色の鎧とほぼ同じ攻撃パターンで、違う点は呼び出す落雷のパターンが変化しただけである。
   パターン1:トールの斜め前、及び後ろに出すパターン。こちらは雷属性である。
   パターン2:トールの前2箇所、後ろ1箇所に出すパターン。こちらは光属性である。トールのすぐ近くが安全地帯となる。

   耐性が逆転しているため、属性攻撃で攻めると良いだろう。
   バングルによるダメージ補強もこの形態では有効なので、耐性や体力増加と枠を考えながら付けると良いだろう。
   とにかく体力が多いので一人ではミューテーションしても時間がかかる。
   あなた自身の豊富な知識・知恵と装備、並ならぬ精神力を持ち合わせているならばミズガルズの雷帝もきっとあなたの手腕を称えるだろう。

+進み宝を手にするがいい。

トールを撃破すると右側にある奥地へ入れる。
嵐は去った後で戦闘はなく、雷帝の宝箱を採取できるポイントが4箇所ある。
低確率で解錠料金が通常の9割引きになる雷帝の宝箱(祝)も入手可能。