「次世代機購入案内」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

次世代機購入案内」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *次世代機購入案内 
 「TOVを主な目的としてPS3または360を購入する人」のための購入案内です。
 
 
 #contents
 **どこで買えばいいの? 
 専門店あるいは家電量販店でどうぞ。薄型PS3の場合、本体は3kg程なので袋などに入れて貰えば一応持ち帰れます。
 360の場合、本体だけでも重量が5~6kg程ある精密機械なので、持ち帰り手段の確保は重要です。徒歩や自転車は要・覚悟。
 通信販売という手もありますが、その場合は運送屋のおっちゃんが手荒に扱わないことを祈りましょう。
 ちなみに本体価格はPS3は29800円、360エリートは29800円。HDDなしのアーケードは19800円ですが、あまりお勧めしません(理由は後述)。ですが、別売りのHDD(250GB)を同時購入するならば問題ありません。エリート内蔵の物よりも容量が大きいので選択肢の一つとして。
 
 **中古が安かったんだけど、買い?
 中古購入のリスクは極めて高いため避けるべきです。以前のユーザーがどう扱ったか判らない上に保障期限も不明瞭、最悪のケースとして本体BAN((本体がネットへの接続を拒否されるようにすること。不正行為が判明した場合の処罰。))されている可能性すらあります。
-換金目的で未使用品が売られることもあり、安価で入手できるチャンスなのは事実。結局は自己責任で。
+ただ、換金目的で未使用品が売られることもあり、安価で入手できるチャンスなのは事実。結局は自己責任で。
 
 **HDDとかHDMIとかよくわからないんだけど? 
 HDDはハードディスクのこと。PS3は本体に内蔵されています(120GBなどはHDDの容量のことです)
 
 360の場合はアーケードにはHDDは付いていません。このゲームのセーブをするだけならアーケードでも十分ですが、
 HDDがないと、インストール機能が使えないため本体の音が非常に煩く、本体の寿命も縮める結果となります。
 またオンライン、パッチの適用、本体体験版やムービー、ダウンロード専用ソフトやDLC((ダウンロードコンテンツ。主にゲームの追加データのことを指します。))を保存するなど、色々不便なためHDDは必須です。
 TOVにはHDDが必要となるような大型DLCが存在せず、製作者インタビューによればそういったDLCに否定的です。ただし、高画質トレイラーや体験版が配信されていますし、HDDキャッシュ(HDDを利用してロード時間を短縮する機能)を使用していることがインタビューで明言されています。
 
 HDMIは、平たく言えば高画質の映像を出力するための端子((デジタル出力))です。コンポジット→D端子((どちらもアナログ出力))ほど大きな違いはなく、旧エリート以外では対応ケーブルも別売りとなるので、強く気にする必要はないでしょう。一般にHDMI端子つきが勧められる理由は、「故障対策済みの本体」であることをわかりやすく示す特徴だからです。
 
 ***モニター、TV、AVケーブル 
 自分の環境を比較して、他のケーブルが必要な場合は購入してください。
 特筆すべき点として、360にはPC用モニターに接続するための((VGAケーブル))が純正パーツとして存在します。手持ちのTVがHD画質に対応していない場合、安価にHD画質を楽しむ方法になりますので検討してみましょう。
 参考:[[接続端子とケーブルで画面はどう変わるのか?>http://game.watch.impress.co.jp/docs/20061218/ggl.htm]]
 
 **ネットに繋ぐにはどうすればいいの? 有料って本当? 
 PS3の場合は無料で繋ぐことができます。
 360の場合はゴールドメンバーシップ(有料会員)((登録後一ヶ月は自動的に無料のゴールド会員になります))とシルバーメンバーシップ(無料会員)の2種類が存在し、オンラインプレイはゴールド会員のみ可能となっています。一般に「オンライン有料」と言われるのはこのためです。
 また、360はHDDがなければオンライン機能を遊ぶことは不可能です。よってアーケードでオンはできません。
 体験版やムービーのDL、ランキング機能などTOVに関係したオンラインサービスはシルバー会員でも受けることができるため、付属のLANケーブルを接続しメールアドレス等を登録するだけで構いません。
 参考:[[公式サイト>http://www.xbox.com/ja-JP/live/join/default.htm]](Xbox360)