ディズニー データベース

ナラ

最終更新:

wrtb

- view
管理者のみ編集可

ナラ

名前:Nala
デビュー:「ライオン・キング」(1994年)

概要

プライド・ランド*のライオン。サラフィナの娘で、幼馴染の王子シンバと遊ぶのが大好きな勝気でおてんばなメスライオン。

新たな王スカーからシンバは死んだものだと聞かされていたが、獲物を求めて入ったジャングルで彼と再会し恋に落ちる。ナラはシンバが本来の王であることを説き、彼を献身的にサポートする。

シンバが王になると、ナラは妃となる。2人の間には娘のキアラと息子のカイオン*が生まれる。ナラは苦悩する夫や娘のよき理解者として、彼らに寛大に接している。

エピソード

ライオン・キング

プライド・ランド*に暮らすナラは幼なじみの王子シンバと遊び回り、いたずらをしてはお目付役のザズーを困らせていた。

ある日、シンバに連れられて危険な象の墓場*へ向かい、ハイエナ(シェンジバンザイエド)に襲われるが、シンバの父である王ムファサに救われる。自分の勇気を証明したかったというシンバに、ナラは「あなたは勇敢だったわ」と優しく声を掛ける。

その翌日、ヌーの谷*でヌーの暴走に巻き込まれてムファサとシンバが事故死したことがムファサの弟スカーから発表される。スカーは王国の新たな王として、ハイエナと手を組んで国を治めると宣言。しかし、スカーの方針は生命の循環など気にせずとにかく獲物を獲るというもので、プライド・ランドは食糧不足に陥ってしまう。

ナラは食糧を探すために王国を出てジャングルへ辿り着き、イボイノシシとミーアキャットを見つける。彼らはティモンプンバァといって、死んだはずのシンバの親友だった。突然のシンバとの再会に喜ぶナラは互いに恋に落ちる。ナラはプライド・ランドの惨状を伝え、正統な王のシンバが国を継ぐべきだと主張するが、彼は気ままな暮らしがしたいと言って秘密を話そうとしない。結局二人は喧嘩別れしてしまう。

その後、王国の呪術師ラフィキからシンバは自身と向き合い、王国へ戻ったことを聞かされる。ナラ、ティモン、プンバァはシンバに加勢することを決める。

シンバはムファサの死の責任が自分にあると思っていたが、実際にはスカーがムファサを暗殺していたことが明らかとなり、憤慨。ナラたちライオンもスカー率いるハイエナたちに戦いを挑む。

スカーに勝利したシンバは百獣の王としてプライド・ランドの王位に就いた。シンバとナラの間には子供が生まれる。

ライオン・キング2 シンバズ・プライド

プライド・ランドの王となったシンバとナラの間に生まれた王女のキアラは父親譲りに好奇心旺盛。ある日、キアラはコブという男の子と仲良くなるが、コブはシンバのかつての敵であるスカーの跡を継ぐ者であり、コブの母ジラは息子を利用してシンバに復讐しようとしていた。

成長したキアラが初めて狩りをすることになり、ナラは過保護なシンバに余計な手出しをしないように助言する。キアラは火災に巻き込まれてしまい、立派に成長したコブによって救出される。シンバはコブを信用できないが、ナラは彼にチャンスをあげるべきだと助言し、アウト・ランドを捨てたというコブを仲間に迎え入れる。

しかし、ジラの襲撃によってシンバはコブを裏切り者だと確信して追放し、キアラはシンバと喧嘩して家を飛び出してしまう。そこへジラが仲間たちを引き連れてプライド・ランドを襲撃し、ナラはジラの娘ビタニと対峙する。そこへキアラとコブが現れて「同じライオン同士、過去は水に流して前へ進もう」とお互いの仲間を説得する。全員が納得したが、ジラだけは諦めきれずにもがき、最終的には自ら濁流の中に飛び込んでしまう。

シンバは改めてキアラとコブの交際を認め、コブとアウト・ランドのライオンたちを仲間へと迎え入れた。

ライオン・キング3 ハクナ・マタタ

大人になったシンバの目の前に幼なじみのナラが現れ、ティモンはプンバァやシンバとの三人での楽しい生活が終わることを危惧する。やがてシンバが王国を取り戻すために帰ったことをラフィキから聴いたナラはそのことをティモンとプンバァにも伝える。

登場作品

1990年代



2000年代







2010年代







※「ライオン・キング」ではモイラ・ケリーが台詞、サリー・ドウォルスキーが歌声を担当している。
※「マジカル・クリスマス」ではサリー・ドウォルスキーが歌声を担当している(台詞はない)。


※「ライオン・キング」ではニケータ・カラムが台詞、ローラ・ウィリアムズが歌声を担当している。