怪獣わんぱく戦争(ウルトラファイト)

登録日:2012/06/24(日) 01:03:38
更新日:2021/04/16 Fri 18:14:49
所要時間:約 2 分で読めます




怪獣    
わんぱく戦争


は、『ウルトラファイト』第179話のサブタイトル。
低予算ゆえ独特すぎるシュールな世界を築いたウルトラファイトだが、このエピソードも正に始まりからシュールである。



○あらすじ


「出た、ライフル魔・イカルス!」


「最初の犠牲者は、エレキング!」

冒頭、ライフルを持ったイカルス(星人)がエレキングを射殺。

エレキングを射殺。


大事な事なので二回言いました。


二発の銃声が響いた後、エレキングは動かなくなった。この回のエレキングの出番はこれだけ。

その後、イカルスは次なる標的をウルトラセブンに定め、セブンと対峙。

武器を持ったイカルス相手にどう立ち向かうかと思われたセブンは、背を向けてひたすら逃げ回る。そしてそれをひたすら追いかけるイカルス。
以上の追いかけっこが、このエピソードの殆どの時間を占める。
ウルトラファイトに欠かせないアナウンサーによる実況も


セブンが逃げる!イカルス追う!

の繰り返し。
そして最後には……




※以下ネタバレ





ついにライフルが当たり、セブンも倒れた……かに見えたが実は演技
近付いてきたイカルスに不意打ち攻撃を喰らわし、それだけでイカルスは動かなくなった。
そしてセブンは膝でライフルを真っ二つにへし折り、カメラに向かって両手を腰に当て勝ち誇り終了。
もしもセブンの表情が豊かだったら、満面のドヤ顔をしていた事であろう。

そしてこれのどこがわんぱく戦争なのかも気になる所である。
まあ、『ファイト』のサブタイトルはこれに限らず変なものばかりなので、逆に突っ込むのも不粋かもしれない。



エレキング可哀想と思った方は追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年04月16日 18:14