ゆっくり実況プレイ

登録日:2011/03/15 Tue 10:35:45
更新日:2020/09/12 Sat 15:08:44
所要時間:約 3 分で読めます




ゆっくり実況プレイとはいわゆるゲームの実況プレイをダウンロードフリーの読み上げソフト、 SofTalkによって行う実況プレイのスタイルの一つである。
なぜ「ゆっくり実況」なのかと言うと、東方のデフォルメAA、通称「ゆっくり」がM.U.G.E.Nでキャラとして作成された時、ボイスにSofTalkを使用した処から、ゆっくり=SofTalkのイメージが付いた事が発祥。
別に実況自体がゆっくりと進むわけではない。

フリーとはいえ、あまり使い道のなかったSofTalkを一気に人気ソフトに押し上げたきっかけであり、今のところ最もポピュラーな実況スタイルと言える。
人気の理由としては普通の実況スタイルとは違い、機械的で単調な声のトーンなどがかえって人を選ぶことなく受け入れられること、
自分の声や滑舌、発音に自信がなくとも始められることなどが挙げられるだろうか。
ほぼ一発録りのアドリブに賭けなければならない肉声の実況と違い、後から面白いネタを考えてボイスにすることができ、カットなどの編集も入れやすいため、内容にかなり後付けが利くという点も長所。
ネット声優的なスタイルが嫌いな人も多いので、実況プレイそのものに距離を取っていた人もいただろう。
SofTalkはこうした生々しさを取り除き、視聴者と実況の間に適度な距離を作ることに成功した。

一方で明確なデメリットとしては、声に感情を入れることができず、そもそもボイスは後付けとなるため「リアルなリアクション」では無くなる。
例えば本格的なアドベンチャーゲームやRPGを通しプレイする場合などは、物語や展開に対する生のリアクションが求められることが多い。
こうなると、ある種の「作り物臭さ」が出て来るゆっくり実況とは若干相性が悪くなる。
もっとも、そもそもそういったゲームはパート数が長くなりがちなどそもそも実況としてコア向けとなる傾向が強く、大きなデメリットとまでは言えないだろう。
「いい声」だとか「可愛い声」などのボイスでの特徴付けが出来ないため、他の実況との差別化にも苦労が増えるが、これも編集や動画の内容などで割とカバーできる範囲ではある。

ただ、声をひとつひとつ入れていく作業が必須となるため、肉声を使った実況より手間は確実に増える。
SofTalk自体は使いやすいが、動画作成は気軽に挑戦してできるものではない。
出来るまでに掛かる手間・時間は半端なものではなく、私生活上の理由から失踪する者も少なくない。


▼主な作成チャート


1 実況したいゲームを決める。

まずは材料を決めることが重要になる。
基本的に自由だが、有名タイトル過ぎではじかれたり、ネタとしてクソゲーが受けたりする。よく考えよう。

筆者の意見としては、ゲームは一人用の方がオススメである。
なぜなら、対戦ゲーム(特にパーティ要素のないもの)を実況することは敷居が高くなりがちであるからだ。
対戦ゲームで見ごたえのある動画にするには、投稿者にそれなりの技術や知識がなければならないし、対戦相手が弱すぎてもいけない。



2 自分のプレイを録画する。

PCのゲームならば「AmaRecCo(アマレココ)」のようなデスクトップキャプチャソフトを使えば良い。
しかし、PCのスペックが低すぎると、うまく撮れなかったり、動画の動きが遅くなってしまうことがある。

TVゲームの場合は、キャプチャーボードまたはDVD / BDレコーダー、
そして、PCとテレビを繋ぐ配線などを用意しなければならない。
携帯ゲームの場合は、例えばDSでは「偽トロキャプチャ」というものを使う。
PCのゲームではない場合は間違いなく出費がかさむであろう。



3 音声の差込などの編集

動画にゆっくり音声を吹き込んでいく。
間違っても、SofTalkとwindowsムービーメーカーの組み合わせで編集すべきではない。
ゆっくりMovieMakerなどの編集ソフトを使うべきである。
このような編集ソフトを使いこなすにはある程度MADの制作に慣れている方がよい。
また、OPや演出にこだわるのもよいが、シンプルな方が視聴者にうけることもある。



4エンコード 

最後に、編集が終わった動画をニコニコ動画やyoutubeの規格に合うようにエンコードしなければならない。
エンコードを怠ると画質が落ちたり、音ズレが生じたりする。
ソフトとしては「つんでれんこ」などがある。
PCによっては10分ぐらいの動画のエンコードに30分ぐらいかかることもある。



ここまで見てもらえば、いかにゆっくり実況の作成が困難であるかわかるだろう。


さらに、追い討ちをかけるようだが、いくら努力をしても結果が実るとは限らない。
とある調査によれば、アップロード1ヶ月後のゆっくり実況プレイの中央値は
再生数:447
コメント:43
マイリスト:5
だそうである。
中には再生数が2ケタのものもある。

日の目を見るのは、ほんのひとにぎりの動画だけなのである。









追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2020年09月12日 15:08