カンベエ(SAMURAI7)

登録日:2010/06/10 (木) 10:45:24
更新日:2021/02/27 Sat 19:39:21
所要時間:約 2 分で読めます




アニメ「SAMURAI7」の登場人物。

声:寺杣昌紀(現:てらそままさき)
演:加藤雅也→別所哲也

カンナ村を襲う野伏せり討伐を請け負ったサムライ達のリーダー格。人望、知識に長けた人物だが、戦争は負け戦ばかりを経験している。
ゴロベエヘイハチの実力を見抜くなど、見る目は確か。カツシロウキクチヨの事は最初は戦力と考えていなかったが、カンナ村での騒動を経てサムライと認める。戦いでは奇襲や不意討ちなど卑怯な手段もいとわない。

虹雅渓にいた所をサムライを探していたキララに野伏せり討伐を依頼され、最初は断るがキララの覚悟を見て協力する。虹雅渓でカツシロウ、キクチヨ、ゴロベエ、ヘイハチを仲間にし、サムライ狩りから逃亡した後に癒しの里で大戦中の仲間だったシチロージと反旗を翻したキュウゾウを加えてカンナ村へ向かう。カンナ村での防衛戦では終盤、シュウサイを一騎打ちで破り、シュウサイの攻撃から自分を庇って死亡したゴロベエに「命、もらい受けた」と称賛する。
防衛戦の後、リキチの妻のサナエを助ける為に1人で都に行き、天主に刃を突き立てるも失敗。公開処刑されかけるも脱走し、仲間達と再会する。その時に一時カツシロウと仲違いしてしまう。その後、キクチヨ、ヘイハチ、キュウゾウ、シチロージと共に都に殴り込みを仕掛ける。そこでカツシロウと和解し、逃走しようとしたウキョウを斬る。最終決戦では生き残り、しばらくカンナ村に居座ったが、旅立つカツシロウに自分の刀を授け、村を後にする。

キララから好意を寄せられており、それに気づいている節があるが、あえて拒んだ。



追記、修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年02月27日 19:39