こおり鬼

登録日:2011/12/18(日) 20:04:57
更新日:2020/09/13 Sun 23:16:24
所要時間:約 2 分で読めます





こおり鬼とは、鬼ごっこから派生した遊びである。
英語ではfreeze tagという。発想が似ているといえば似ている。

■やり方

  • 最初にじゃんけんなどで鬼を決める。

  • 鬼が数秒数える間に、その他の子供達は逃げる

  • 数秒したら鬼がスタート

  • 逃げ役の子をタッチし、タッチされた子は、「こおり」となり、その場に固まる

  • 他の逃げ役の子がタッチしたら、「こおり」状態の子は動けるようになる

  • 最終的に、全ての子がこおりになるか、鬼がギブアップ、もしくは、皆が飽きたら終わり

  • 次の鬼は、最初にこおりになった子がなる


◆こおり状態を治すには「ポタージュ」と言う

◆こおり状態を治すにはその子の股をくぐる(たけのこ鬼と言う別の遊びになったりもする)

◆鬼に触られる前に「バリア」と宣言すればこおりを免れる(バリア鬼と言う別の遊びになったりもする)

だれかをこおりにしたままみんなで帰る

幼い頃に、こおり鬼という名前なのに熱くなった人も多いであろう遊びである。
子供の頃は、こんな単純な遊びでも、皆、大喜びしてたのだ。

そう、子供の頃は…

しかしこれ、相当足が速い子でなければ、全員をこおりにするのは難しい。
果たして、これで飽きる前に勝てた鬼役は、何人いるのだろうか…


追記・修正は、こおり状態でお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2020年09月13日 23:16