ルーシー・ジェーン・ライダー・メイヤー

登録日:2010/03/11(木) 22:06:00
更新日:2018/04/20 Fri 15:57:48
所要時間:約 2 分で読めます




時代を百年位先取りした偉大なる人物

本物の妖精たち(Real Fairy Folks. 別名Fairyland Of Chemistry)の作者

著書の内容は、双子の兄妹が伯父さんから化学を教わるというものです


以下元素の妖精さん

妖精さんの特徴
気体で存在する妖精さんには羽が生えています
分子の妖精さんは手を繋いでいます

塩素分子
元素記号Clの妖精さん
塩素の妖精さんが二人手を繋いで塩素分子として存在しています
電子を1つずつ共有しているので手を一本だけ組んでいます

水素分子
元素記号Hの妖精さん
水素の妖精さんが二人手を繋いで分子として存在しています
ちなみにこちらは]現代の水素妖精さん
単体で存在できるほど進化したようです

塩化水素
塩素の妖精さんと水素の妖精さん手を繋いで存在しています
仲が良いですね
化学式はHCl


塩素の妖精さんとナトリウムの妖精さんが手を繋いで存在しています
揮発しないので羽がありません
化学式は塩化ナトリウムNaCl

水分子
水素の妖精さん二人と酸素の妖精さん一人が手を繋いで存在しています
羽はありませんが、液体の雰囲気を漂わせています
化学式はH2O

空気
窒素の妖精さん二人が手を繋いでいるのが四組、酸素の妖精さん二人が手を繋いでいるのが一組で存在しています
割合は
窒素N:酸素O  4:1



最後におまけ
1599年描かれた、錬金術の三原質である硫黄水銀が根源から出て来る様子です
二枚目は……まあ、錬金術が成功して黄金に進化したということでどうかよろしく



追記・修正よろしくお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/