危険な贈り物(週刊ストーリーランド)

登録日:2014/10/17 Fri 15:36:53
更新日:2021/09/22 Wed 21:10:00
所要時間:約 6 分で読めます




「危険な贈り物」は、週刊ストーリーランドで2000年1月27日に第13回第3話として放送されたアニメ。

【概要】
週刊ストーリーランド史上最も残虐な話と言っても過言ではなく、放送当時300件以上の苦情が日テレに殺到したという。

ナレーションは石塚運昇が担当。


【あらすじ】(以下ネタバレ注意)

高校二年生の上杉明(CV:江川央生)の身の回りでは、最近妙な出来事が続いていた。

例えば学校帰り、明は誰かにつけられているような気がしていた。友達に相談しても相手にしてもらえず、
そのうえタイミングの悪いことに両親は海外旅行に出掛けていて、家には明一人であった。

夜になると携帯に電話がかかってくるが、相手は全くの無言。
この無言電話はもう1ヶ月も続いており、酷い時には一晩で何十回もかかってくるため、明はすっかり睡眠不足になってしまった。

そんな時、家の外で物音がする。明がカーテンを開けて庭を見ると、走り去る人影が見えた。
間もなく、玄関のインターホンが何度も鳴る。明は玄関ドアの覗き窓から外を見てみるが…誰もいない。

覗き窓から目を離すと、ノックの音。
明がチェーンをかけたまま鍵を開け、ドアを開くと…

突然何者かの手が明の左手首をつかみ、腕をドアの外に引っ張り出した。

明が抵抗していると、急に腕が解放され、その後ドアの外では何者かが走り去った。
安心する明だが、つかまれていた左手を見てみると、手首に何かで締められたような跡が残っていた。
明は恐怖の余り、その日は一睡もすることができなかった。

次の日登校する明だったが、見えない恐怖のために疲労はピークに達しており、サッカー部の練習にも身が入らなかった。
明は他の部員に練習を早退することを告げ、一人部室に戻った。
そして自分のロッカーを開けると、何故か制服が消え失せていた。

制服を掛けていたハンガーには「制服は理科室」と書いたメモが貼りつけてあった。

そのメモに従い、恐る恐る明が理科室の扉を開けると…
明の制服が骨格標本に着せられていた。

明が標本に近付くと、突然標本に当たっていた照明が消える。
そして次の瞬間、何者かに腹をひも状のもので締められた
明が抵抗すると、何者かは走り去っていった。

その後、家への帰り道…明は背後からの靴音を聞く。その音に振り返ってみるが、後ろには誰もいない。
再び明が歩き出すと、靴音も再開する。
明は恐怖に駆られ、全速力で走りだした。

しばらく走った後、明は座り込む。靴音がしなくなり、「助かった…」と安堵する明。

しかし、次の瞬間…背後から何者かに首を絞められた。



明が「殺される…」と思ったところ、首から手が離れる。
そして「首…意外と細いんだ…」という女の声。






その声の方を見てみると、そこにいたのは明のクラスメイトの田中みさき(CV:愛河里花子)であった。

「ごめん、驚かせて」と謝るみさきに対し、「何やってんだ?」と聞くが、「ちょっと…」と言葉を濁し、
再び謝ってみさきはその場を立ち去った。





これまで明に起きた奇妙な出来事は、全てみさきの仕業であった。

みさきが、明にストーカーのような行動をとっていたのには理由があった。

みさきは、明に好意を抱いていた。
そこで、明の誕生日に手編みのセーターを贈り、想いを告白することを計画していた。

そのため、みさきは明の身体のサイズを知る必要があった。
電話で直接本人に聞こうと思ったが、いざ本人が電話に出ると、緊張して何も話せず、無言電話となってしまっていた。

そこでみさきは作戦を変更し、内緒でセーターを編み、サプライズとして明にプレゼントすることにした。
みさきは自分だと気付かれないように明の家を訪れ、先述のようなやり方で手首の太さを測った。

次に制服を持ち出してサイズを測ったが、正確には測れなかったので本人を理科室に呼び出して腹回りを測り、
そして帰り道で首回りを測ったのだった。

明のサイズが揃ったみさきは、その日から寝る暇を惜しんでセーターを編み続けた。

そして、明の誕生日前日。セーターは完成目前となっていたが、まだ右腕の部分が残っていた。

しかし、その夜。みさきを悲しい出来事が襲った。

明のサッカー部の練習が終わるころを見計らって、みさきは部室に赴く。
部室では明とマネージャーの女子生徒と話をしていた。
ふと、二人の会話の内容がみさきの事になり、みさきは部室の外で足を止める。

マネージャーは、みさきがいつも明の事をじっと見ていることから、みさきが明に気があるのでは?と思っていた。
明に「案外ああいう子、明のタイプじゃないの?」と尋ねる。


すると明は
「やめてくれよ、俺あんな奴好きじゃないよ。
あいつ、なんか暗くて何考えてるか分かんないじゃん」



みさきは、その言葉を聞いて即座に走り出す。
明は急にドアが閉まったのを見て、ドアを開けて走り出すみさきの人影を見たが、それがみさきであるとは思わなかった。


誕生日前夜、セーターの完成目前。
そんな時に聞いてしまった明の言葉は、みさきにとってあまりにも残酷なものだった。


雨の降りしきる中、みさきはずぶ濡れのまま家に帰った。
母親の注意も聞かず、みさきは部屋に鍵をかけ、明かりもつけずに中に籠る。

ベッドに座り、涙をこぼすみさき。
「風邪をひくから着替えなさい」という母親の心配する声も、みさきの耳には届かなかった。

真っ暗な中、みさきは明に電話をかける。
明に直接、「私の事暗いと思ってるの?」と問うみさき。
明はそれに対し、
「マネージャーに冷やかされてついノリで言っちゃっただけで、お前の事暗いなんて思ってないから気にするなよ」
と返答。

みさきが「ほんと?」と問うと、明は「当たり前じゃないか。お前がいるなんて思わなかったからさ…」と答えた。

そこで電話を切るみさき。
明かりをつけ、「単なる私の勘違いだったんだ」と思い、みさきはセーターの残りを編み始める。


しかし…

「俺あんな奴好きじゃないよ。あいつ、なんか暗くて何考えてるか分かんないじゃん」という部室での言葉と、
「お前の事暗いなんて思ってないから」という先程の電話の言葉の、相反する明の二つの言葉が脳内を駆け巡り、
「どっちが本当の明君なの?」と思い悩む。


それらの言葉を気に病み始めたみさきは、セーターの残りを編むことができなくなってしまった。



そしてみさきは、ハサミを取り出し…
編みかけだったセーターの右腕部分を切断し始める。



「編めない…編めない…編めない…」


と、繰り返し呟きながら…




ふと、目覚めるみさき。
いつの間にか寝入ってしまったらしく、時計を見ると、ちょうど明の誕生日当日の午前0時を回るところであった。

セーターを紙袋に入れ、家を出るみさき。
雨はいつの間にか雪に変わっていたらしく、外にはうっすらと雪が積もっていた。


明の家に到着し、みさきはインターホンを鳴らす。
明が玄関先に出てきて、みさきにこんな時間にどうしたのか尋ねる。

みさきはセーターを取り出し、誕生日プレゼントとして明に渡す。
そしてその場でセーターを着るように明に言い、一応明もその言葉に従ってセーターを着た。


…が、セーターには右腕が無い。



「右腕の無いセーターなんておかしい…」

そのみさきの言葉を怪訝に思う明。







「私が、そのセーター、似合う様にしてあげる。
右腕の無いセーターを…」






次の瞬間、みさきは紙袋に手を入れ…




取り出したのは



そしてみさきは斧を振り上げる。

明は恐怖の余り、動くことができない。




みさきは明の右腕に向けて斧を振り下ろし―――――





ぎゃあああああああああああああ!







返り血を浴びるみさき。






良かった…
やっと明君、私の編んだセーター、似合う様になった…


明君…お誕生日、おめでとう……




追記・修正は片手落ちの無いようにお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年09月22日 21:10