秋田靖人(龍が如く)

登録日:2016/11/28 (月) 00:35:32
更新日:2018/04/08 Sun 09:36:59
所要時間:約 ? 分で読めます




CV:高知東生

「クロヒョウ2 龍が如く阿修羅編」の登場人物。
地下格闘技団体「阿修羅」を取り仕切っており、同組織の花形選手でもある「阿修羅八部衆」の頭目も兼ねる。
表向き打倒すべき敵として、主人公の右京龍也の前に立ちはだかった。
阿修羅八部衆の中でもその実力は頭抜けており、龍也との6戦目敗北と報酬の件で品原と揉めた際には、
表の格闘技界でも有名選手である品原を、カウンターパンチとストンプのたった二発で瞬殺してのけた。
阿修羅との数々の戦いを通して成長を遂げた龍也でなければ、まず勝ち目のない相手だったのは間違いない。

作中では口が達者で人を食ったような性格にしか見えず、そんな普段の自分を客観視した故か、秋田自身は自分の傍には金と権力に目が眩んだ屑しか群がってきていないと思い込んでいる。
しかし実際には、誰が相手であっても堂々たる態度で接する秋田の胆力と普段の面倒見の良さから、
仮に彼の身に何かあれば、下っ端達は絶対に敵わない相手だろうとも秋田の仇討ちの為に立ち向かう程に、秋田は子分達から慕われ、信頼されている。
こうした人格から、彼より力や権力で勝る人間達の中にも、彼に魅力を覚えて協力を申し出る者は少なからず居り、阿修羅拡大に役立っている。

格闘スタイルは、古代の総合格闘技を復元した、「パンクラチオン」。
実際のゲームプレイでは、全体的に隙の無い立ち回りをする強敵。イメージとしては総合格闘技に近いだろう。
ガード不可(キャッチは可)の絶技と呼ばれる必殺技を使う強敵の一人でもある。

しかし、何と言っても特徴的なのは、ヒートアクションだろう。
このクロヒョウは、超人無双状態の本編と比べると大人しめなリアル格闘技っぽいバトルが特徴だが、
こいつの場合は まず気合を入れてジャンプして、地面に円状の衝撃波を発生させて、それで龍也を気絶させてからヒートアクションに繋げる。
(しかも円形状の試合会場は狭いので、この衝撃波を回避するのがなかなか難しい。 )
そうして衝撃波でふらつく相手の顎をとらえるワンツーパンチの後に鳩尾に前蹴りをかまし、怯んだ相手の首を抱え込みつつ腹に膝蹴り。
最後は崩れた相手にドラゴンスリーパーを極めて、首を抱えたまま一回転して跳んで、相手を腹から叩きつける 、「ドラゴンチョークインパクト」。
どう見ても首が折れて死ぬ一撃だが、ゲーム上では腹部に大ダメージを負う。
















以下、作品終盤におけるネタバレにつき注意










ドラゴンヒートを守る為に戦い、苦境を跳ねのけて次々阿修羅の強敵を撃破し続ける龍也。
秋田自身も本拠地での決戦に龍也に敗れるが、憑き物が落ちたかのように自分の心境や経緯を語る。


秋田は孤児という生い立ちからか揉め事に関わることも多く、頻繁に鑑別所とシャバの行き来を繰り返す。
当人曰く「どうしようもない屑」でしかないそんな人生を変えるべく、唯一自信があった腕力を活かして真っ当に生きていこうと決心した。
そうして、同じ境遇にあり性根は腐っていない友人を10人程かき集めて発足したのが、地下格闘団体「阿修羅」だった。

真っ当な興行として「阿修羅」を成功させるべく、気の置けない仲間達と練習に勤しむ傍ら、
脛に傷を持つ自分を雇ってくれた工場のオーナーには敬意をもって真面目に働き、
優しい恋人にも恵まれて、彼なりに充実した日々を送っていた。


しかし、そんなある時、勤めていた工場に強盗が押し入り、オーナーの命と工場にあった少額の金が奪われる事件が起こる。
その時、阿修羅の仲間達と練習していた秋田は無実だったのだが、
秋田達のかつての素行故に、秋田は第一容疑者として警察によって真っ先に逮捕されてしまう。
阿修羅のメンバー達は同じ境遇のワルだったため、彼らでは証人になろうにも信用されず、
秋田を救おうとビラ配りをしていたが、状況は好転しなかった。
喧嘩早く気性は荒くても、人間として根はまともだった彼は、「恩人であるオーナーを端金の為に殺す程の救えない人間」
と世間から見放されていることを肌で感じて愕然とし、改めて絶望した。


そんな折に、何の関わりも無いとある人物が、偽の証人まで立てて自分を救ってくれた。
その人物からの
「秋田のように何も無い人間は、何も守る必要も無く、何も持たないが故に躊躇も無い。そういう強さがある」
「秋田が喧嘩以外に能が無いというのなら、その秋田の喧嘩自慢という長所を自分が活かしてやる。一緒に世間を見返そう」
という誘いを受けて、自分に理解を示してくれたその恩人を阿修羅に引き入れ、 世間を見返す為の活動に乗り出した。

この助言は実際には悪魔の囁きであり、秋田が自身が修羅道に堕とされたことに気付くのは後のことになる。


この得体のしれない人物、野崎亮が主導して阿修羅はガンガン犯罪行為に手を染め、急速に勢力を拡大。
金と加虐嗜好に群がる屑を味方につけて、秋田は大チームの頭目に、一応はなった。

自分が堕ちるところまで堕ち、かつて恩人だと思っていた悪魔の手から今更逃れられないどつぼに嵌っていること。
不器用だが真人間である初期メンバーの仲間達や恋人は到底ついて行けずに皆去り、真性屑の吹き溜まり(と自分では思っている)と化した阿修羅の惨状。
秋田は、それら全てを「世間を見返す為。必要な力の必要な犠牲」だと割り切ろうとしながら突き進み、
より大きな権力を得るべく、神室町ベガス計画に一枚噛んだ。
そして、本編冒頭に至る。


自分が気の置けない仲間達と設立した、かつての阿修羅の姿に近いドラゴンヒート。
そしてそれを守る為に戦い続ける龍也。
自分が犠牲として捨てたものを彷彿とさせるそれらによって、現在の自分の阿修羅が敗れ去っていく様子を目の当たりにする。
秋田の中で生じた焦りや苛立ちは、やがて自分の過ちに向き合う心境へと変化していった。
心のどこかで、龍也と戦えば負けると予測しながらも、踏ん切りをつけようとするかのように龍也と対抗試合最後の一戦に応じた。

全てを語った後、腐っても恩人である野崎の野望を止め、彼の心を救って欲しいと懇願する。
が、野崎に見限られた秋田は、野崎が放った狙撃手によって射殺され、この世を去った。

龍也が秋田に追い打ちをかけて射殺した。
そう思い込んだ阿修羅の下っ端達は、その場から殺人の濡れ衣を着せられる前に撤退した龍也を相手にひたすら追走を続けた。
何度龍也が叩きのめそうとも、秋田の仇を討つべく龍也にひたすら追い縋り続ける下っ端達の姿に、龍也も秋田の本質を垣間見た。

そんな秋田の最期の意志を汲んで、龍也は野崎との決戦への決意を固めた。



追記、修正をお願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/