かしくま!ライスエリアが大ピンチ!?(プリチャン)

登録日:2021/4/12 (月) 14:52:00
更新日:2021/04/29 Thu 14:41:39
所要時間:約 15 分で読めます




「かしくま!ライスエリアが大ピンチ!?」とは「キラッとプリ☆チャン」145話のサブタイトルである。

イブとアリスの間にあったゴタゴタやらそれに伴う後処理が全て済み、いよいよ舞台は「イルミナージュクイーン」を巡る闘いへ…といったところで唐突にやってきた夢…激川ゆいの個人回である。


◆あらすじ
ある日、カガヤキ・コーポレーションに海外支部から経営コンサルタントであるコンクリ糸満と名乗る女性がやってきた。


イブはここまでプリ☆チャンランドを無事に経営できているためか、タスクの進捗については特に問題は言われなかった。ただ一点を除いて。

この新規事業は何故止まっているの?

ああ、そこは今 田んぼになっていて

そう、新規事業の予定地は激川ゆいの本拠地であるドリーミーライスエリアだったのである。元々勝手に開拓した場所だからどう考えてもゆいのほうが悪いのは内緒

かなりの人気を博していること、プリ☆チャンランドの食料(米)の生産場所としても欠かせないエリアになっていることから必要性を主張するイブ。

しかしそれでは存続に足る根拠が足りないということ、利益を出せずプリ☆チャンランドの脚を引っ張る可能性をも考慮したコンクリはイブの意見を一蹴。


その頃、カガヤキ・コーポレーション社長室でのちょっとしたバトルなど知る由もないゆいはいつもの通り昼休みを終えて再び農業に戻ろうとしていた。


よーし、休憩終了!

オカマでポン!!

クマー!!!


さて、田んぼをユメ耕すよ!!

かしクマ!



タッキーの中のプリたまからクマ(っぽいマスコット)を呼んでメンバーを揃えたところで、イブとコンクリがやってきてあることを告げる。



退去ぉ!?!?

いや勝手に占拠したんだしこう言われるのは時間の問題だろ


コンクリは社長室でもイブにもそうしたようにゆいにもここに新アトラクションを建設するから立ち退くようにと説明。
ゆい達の必死の抵抗も虚しく…となるところだったが、イブが無理矢理追い出すのは良くないと助け舟に入る。

では、チャンスを差し上げましょう

チャンス!?ユメくださいください!


そうね、1週間で今の人気の100倍にしてくださる?

1週間で100倍!?

そうしたら存続を考えるわ



とりあえず猶予を貰ったのは良いがかなりの難題を押し付けられたゆいはというと割とポジティブに考えていた。流石転生前に助けがあったとは言え0から立ち上げた実績があるのは違う


やる気!元気!うっきうき!

そしてタッキュー……


ゆいは電気代を払っていなかったためにタッキーは充電切れでただの炊飯器になってしまった。幸先悪いがどうする!?

いやその前に電気代くらいは払えよ


場所は変わって再びカガヤキ・コーポレーション社長室。
イブはこの顛末をキラッツ他友人に話したらしい。

庶民なみらいやえもからすれば無茶振りだが、仮にも財閥令嬢なあんなは強引なやり方には賛同できないと言いながらも考え自体には理解を示す。


割と自業自得の罰逆風の中でゆいは落ち込んでいるのではと思いきや…


米俵ちゃんねる!!!


普通に元気に配信してた。

全然落ち込んでないわね…

流石ゆいちゃん…


とりあえず忙しいイブとアリス以外の8人はゆいの元へ行くことに。


お米の限界に挑戦!お米だらけのユメレスト♡ラン…?


まずはレストランを開業して客を集める戦略のようだ。

皆も入ってみるとクマがウェイターでお出迎え。

難題を押し付けられたことを同情するキラッツの3人だが、


でも、ゆいは全然諦めてないよ

このお米レストランも、もっとお客さんが来るようにってゆいが考えたんだ

ゆいがやりたいようにやるのが一番!

だから、ああやってゆいがいつもゲキ目を輝かせられるよう、サポートしてるんだよ




あの規格外アイドルのゆい君を献身的にサポートできるなんて…

あのクマなかなかパン


様子を見に来てはみたがクマの敏腕ぶりに加えゆいも普段どおりで一安心したキラッツ達一同。

イブはイブでデータを集めて存続可能性を探るようだが、しかしパソコン画面には中々絶望的な数字が並んでいた。



そんなことは露ほども知らないゆい達はレストランで味を占めたのかその後もチャンネル内で続々と企画を立ち上げる。
「お米のシルエットクイズ」、「スタンプラリー」、「米俵コースター」…



ねえ、ライスエリアのイベント行く?

うーん、今日はやめとく

そっか、まあまたお米のイベントだしね

インパクトはあるんだけど「毎日」はね…


ある時、クマは道ですれ違った人の意見を偶然聞くことになったが、ゆいにこの事を切り出すことはできずいつもどおりまた配信をするようである。


一方その頃、例の8画面で米俵ちゃんねるを見て興奮していただいあ達。
隔離期間中なので今すぐはダメと分かっていても一度会ってみたいなと正直に言った虹ノ咲だが、

じゃあ会ってみるんだもん?

えっ?


場所はドリーミーライスエリアに戻って、ゆいは客の入りの伸び悩みに悩んでいた。
クマは上述の通行人の言葉を聞いているのでなんとなく理由は想像できたが、ゆい自信を失わせたくないとそのことを切り出せず、ひたすらゆいを励まし続ける。


ゆいのやりたいようにやるのが一番だもん!

でも、わたしがユメ良いようにやっても皆は…

もう無理なのかな?

ゆいは間違ってなんかいない!ずっと付いていくから!

ずっと、付いていく…?

うん!どこまでも一緒だよ!

ありがとう、でもそうじゃなくて


なんと励ましが完全に逆効果になってしまいゆいは自信をなくしてしまった。しかもゲキ目になってないどころか目から光が消えた
こんな時プー大陸の姫がいれば…


そんなところにだいあたちが現れる。
プリ☆チャンランドはリアルとバーチャルが融合した世界なのでバーチャル状態ならすぐにでもゆいに会いに行けるのである。


明らかにゆいの様子がおかしいのでだいあはクマの相談に乗る。

もし相手が嫌がっちゃうことを言ったら、喧嘩にならない?

勿論なるんだもん

間違ってると思ったらきちんと伝えないとだもん

たとえ喧嘩になっても、ちゃんと話し合えば、相手が自分のために言ってくれていることが分かるから、すぐ仲直りできるしね

それが「友達」だもん


わたし達も、ユメ友達だよ

だから、友達として相談したいの


間違ってるなら間違ってるって言ってほしいの

ゆい、ずっとそんな風に思ってくれてたんだ…


今までクマはゆいのやりたいこと全てに任せておけばゆいのためになると考えていたのだが、それは大きな間違い。

よーし、ゆい!これからは何でも遠慮なく言い合おう!だって友達だもん!

何でも言い合える友達…

うん!


やる気!元気!復帰!!!激かわ!!!!


すっかり元の様子に戻ったゆいを見届けただいあ達は帰宅。


いい、ゆい、友達としてこの際だからはっきり言うね

ゆいがお米好きなのはすごーく分かってる、でも正直偏りすぎ!

あれじゃ新しいお客さん増えないよ


そしてクマは正直に思ったことを伝え、ゆいはダメ出しを受けながらも二人で番組や企画の練り直しを始めることとした。



ところ変わってプリズムストーン。キラッツは前日から米俵ちゃんねるの配信がぱったり止まったことを心配していた。


そんなところに…

米俵ちゃんねる!!!

アーンド、RingMarryの、コラボ企画!!!


劇物と劇物を混ぜんな

企画内容はどうやら某インスタント食品のCMミュージカルらしい。
何だかんだでコラボ企画はキラッツにも好評。そんなところにゆいの声が。


ドリーミーライスエリア、楽しいよ!!!

新企画もどんどん登場!全員ユメ集まれ!!!


今度はアリスのキャンピングカーを使って選挙広報活動をしているようだ。


コラボ動画に地道な宣伝、今までのゆいちゃんと違って随分と計画的ね


インタビューすると一から作戦を練り直したらしい。ダメ出しはかなりキツかったとな。そりゃあ今まで電気代も払わないプリズム不法占拠状態だし突っ込みどころは山程あるだろう

これからも言いたいことは言う!

分かってる、お願いね

だって
だって

わたし達は友達だもん!!

ね、らぁら!

かしクマ!


ずっと名前の分からなかったクマはらぁらという名前らしい。


あれ、どこかで聞いたような…


やる気!元気!
そして友情の!

キラメキ!!





かしこまっ!らぁらだよ!!

なんとクマが進化して超見覚えあるアイドルが出てきた。


やっぱり前にどこかで会ったことがあるような…

らぁらの復活アイドル化に驚きながらも喜びを隠せない二人のところに例によって急に現れるめが兄ぃ。

どうやらゆいとらぁらの友情がユメ深まったことでクマのらぁらは2段階進化しアイドルマスコットになったらしい。


じゃあもしかして、ユメわたしとライブできちゃう!?

かしこま!


やる気!元気!友情のキラメキライブ!はじまるよー!


みーんな友達!みーんなアイドル!

笑顔でプリチャン、オン・エア!!


ゆいとらぁらはデュエット曲「ブランニュー・ハピネス!」を披露。


なんとこのライブだけでドリーミーライスエリアはとんでもない大盛況に。転生前は神アイドルだし格があまりに違いすぎる


らぁらはというとライブが終わったのでプリティーマスコット形態になっていた。
ミニらぁらにゲキ目を輝かせる中タッキーも充電完了し無事復活した。

ゆいちゃんとらぁらちゃんって、ほんと素敵な友達だね!


イブはコンクリに結果を報告。集客率は100倍どころか170倍、更に混みすぎてて行けなかったといった意見まで見られることからイブはライスエリアを存続させると結論を出した。

エクセレーント!!

集客数だけでなく報告書もパーフェクトだわ、私の完敗ね

イブは色々な意味で丸くなったコンクリにゆいからの伝言を伝え、お礼におにぎりをプレゼント。

そしておにぎりを全部貰っていき、コンクリはイブに激励して去っていった。


今後ももっと困難なことがあるかもしれないけど、貴方ならきっと大丈夫
頑張ってね!


◆今回の登場人物

激川ゆい

プリズム不法占拠者今回の主役。
麺類やパンといったストッパー不在もあって暴走を極め今回は暴走しすぎて遂に一度は心が折れかけた。
しかし何でも言い合えるらぁらという友達を得たことで、今後は折れずに真っ直ぐ自分の道を進み続けられるだろう。


らぁら
CV:茜屋日海夏
今回のもうひとりの主役。
ゆいとの接し方を見直し、前よりも友達として仲を深めたことでクマ形態からプチマスコット・アイドルマスコットの形態を獲得。今後も二人三脚で頑張っていくことだろう。
サプライズで皆の神アイドル真中らぁらが遂にスターシステム参戦。これでプリティーシリーズの主人公は(現行主人公のみらいを除き)少なくとも1度ずつスターシステムで登場したことになる。
アイドルマスコット形態は大らぁらの服装をアイパラ時代の小らぁらの色違いに置き換えたもの。プチマスコット形態はパプリカ学園の制服姿の小らぁらをそのままマスコットサイズに小さくした感じ。そして共通ポイントとして頭の赤いリボンはない*1


コンクリ糸満
CV:小清水亜美
カガヤキ・コーポレーションの経営コンサルタント。
色々硬いと話題の人だったが実は対外的にそのように振る舞っているだけで本当は体も性格も丸いいい人だった。
難題をゆい達に与えたことを謝罪していたが、逆境を跳ね除けたからこそ二人の絆が深まったと考えているため特に恨まれてはおらず、それどころかむしろ感謝されていた。
名前の由来は「コンクリート」「マン」と後は沖縄の地名「糸満」だろうか。


輝イブ

ドリーミーライスエリアの存続のために影で奔走する今回の縁の下の力持ち。
最後ゆいの言葉を伝える際にゲキ目に染まっていた。まあ既に洗脳完了してたし


虹ノ咲だいあだいあ

ゆいが自信を失ったところに現れて付き合い方のアドバイスをした今回のMVP。2期の出来事を経て随分成長したものである。

「Miracle Kiratts」「Meltic Star」「Ring Marry」アリス・ペペロンチーノ

今回は殆ど賑やかし要員。
みらいがらぁらの事を朧気ながら覚えているのは本編118話、映画、プリパラのSwitchゲームと最低でも3回「真中らぁら」と会っているからだろうか。
あと地味にすずが全く格好良くない米コスをさせられていた。すずファンは泣いていい。


◆余談
  • この回はらぁらの本格的な初参戦回ということもあってプリパラ関係の小ネタが豊富。
    • 新規アトラクションのイメージイラストに熊とうさぎが書かれている。
    • マスコットらぁらがレストランの多くの客を難なく捌けるのは、真中らぁらの実家が「パパのパスタ」というイタリア料理店で、長いこと接客をこなせていたことからか。
    • レストランのメニューには「みかん」「アボカド」「たいやき」…等々プリパラ関係のワードがちらほら。
    • 「米のシルエットクイズ」は恐らくプリパラ9話の「梅干しのシルエットクイズ」が元ネタ。どっちも難易度が狂っとる
    • 自信を無くして目の光を失って倒れるのはファルルがトモチケをパキった瞬間倒れた様子に近い。まあこちらはすぐに復活するのだが。
    • 復活時のゆいの反応はアイパラ36話で同じく挫折→復帰した時の反応にそっくり。ユメ洪水は控えめだが
    • らぁらとすれ違った通行人はノンクレジットだが恐らく若井氏と芹澤氏が務めている。プリチャン的にはゆいの初登場回で巻き込まれたMeltic Starの二人、プリパラ的にはらぁらの無二の相棒であるみれぃと地味にらぁらと何かと関わりのあったレオナ(と似た声の人が)現状にダメ出しをするという構図だったり。
    • 今回ライブで二人が使ったコーデはプリパラでの「ラビットハートコーデ」をアレンジした「マジカルフレンドコーデ」。
    • 今回の「やってみた」は対南委員長特攻アイパラでの二人のメイキングドラマ「運命のはじめまして!ガールミーツガール」。プリチャン登場に当たって新録されたが、中の人曰く無練習で一発OKだったとな。
  • マスコットの名前がらぁらだと分かるのは終盤の方だが、例によって字幕だと登場時から「らぁら」と表示されるため酷いネタバレを食らう人もいたとな。予告まで隠せてたのに勿体ない
  • 今回茜屋氏はらぁら役に加えていつも通り金森まりあ役としても参加しているが、クレジットはらぁらの方でされている。以降の回のクレジットを見るに出番の多い方でクレジットされる方式のようだ。


追記、修正は2段階進化してからお願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年04月29日 14:41

*1 プリパラにおけるらぁらのリボンは、親友のなおから毎年誕生日にプレゼントされたものであり、リボンがないことは「プリチャンのらぁらはプリパラの真中らぁらと同一人物ではない」ことを暗に示していると言える。