ジョウトフェスタ!チコリータとワニノコ登場!!(ポケモン)

登録日:2021/05/16 (日) 16:47:00
更新日:2021/05/17 Mon 10:56:57
所要時間:約 6 分で読めます




概要

『ジョウトフェスタ!チコリータとワニノコ登場!!』とは『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』の第143話。
脚本は十川誠志。

テレビ東京列系では2009年9月17日の一時間スペシャル枠内で144話『ダンジョン攻略!?谷間の発電所!!』と共に放送された。



あらすじ

次なるポケモンコンテストの開催地「スイレンタウン」を目指す中、とある町で建物の間に挟まって動けないマリルを発見したサトシ達。
ピカチュウポッチャマが引っ張り出そうとした所、マリルは思わず「みずでっぽう」を発射。一同をびしょ濡れにしてしまうも、なんとか抜け出す事が出来た。
そこへやって来たのはマリルのトレーナーでコトネと名乗る女の子。彼女はカズナリや彼の父と共に様々な地方で「ジョウトフェスタ」なるイベントを開いているという。



登場人物

お馴染み主人公一行。

  • コトネ
CV:中島愛
ジョウトフェスタのスタッフをしているワカバタウン出身の少女。ジム巡り中のトレーナーでもある。
容姿は『ハートゴールド/ソウルシルバー』の女性版主人公とほぼ同一。
比較的明るい性格で「ってことね」が口癖。初対面からいきなりヒカリを「ヒカリン」と呼んで困惑させている。
手持ちはチコリータマリル

  • カズナリ
CV:野島健児
ジョウトフェスタのスタッフをしているワカバタウン出身の少年。
もじゃもじゃ頭が特徴の眼鏡系男子にしてポケモンブリーダー。
タケシには劣るが、ポケモンフーズを作れる。
手持ちにクールなワニノコがいる。

お馴染みのロケット団。
ここしばらく食事を取っておらず、ジョウトフェスタで試食用の名産品を大量に盗んでいた。



用語

  • ジョウトフェスタ
コトネやカズナリ達が主催しているイベント。
ジョウト地方の特色を多くの方に知って貰うのが目的のお祭りであり、
開催地にはぼんドリンクやモーモーミルク、いかりまんじゅうなどの名産品を売る出店が設置されている。
コトネ出演のプロモ映像ではエンジュシティコガネシティアサギシティ、フスベシティが紹介され、
舞子はんやデンリュウのアカリちゃん、イブキハクリューが映っている。



以下、ストーリーのネタバレ注意




イベント会場中央の円形ステージでジョウトの初心者用ポケモンを紹介していたコトネは自分のチコリータを出し、ヒカリとポッチャマをこれから行うポケモンバトルに勧誘。
戸惑いつつもステージに上がったヒカリだが、勝てば素敵なプレゼントが貰えるとコトネに言われ、やる気を出す。
カズナリの父が審判となり、バトルが開幕。

水タイプのポッチャマにとって、草タイプである上に「ひかリのかべ」で守りを固めるチコリータは不利な相手であったが、
飛行タイプの技にして「ひかりのかべ」の防御効果に影響されない「つつく」を積極的に使い、短時間で勝利を収める。

周りから大拍手を受ける中、コトネからプレゼントして大きめの白い箱を受け取るヒカリ。
開けてみると出て来たのは、ケースに入っているポケモンのタマゴだった。
初めて貰ったタマゴを見て、コトネに感謝するヒカリだったが次の瞬間、大きな音と共にロケット団の気球が空に上がって来る。

気球の上で盗んだ試食品を飲み食いしながら、いつも通りに名乗るロケット団。
「無駄にだらだら長い」というコトネからの不評の声にコジロウが怒る中、ヒカリがタマゴを持っている事に気付いたニャースはマジックハンドで強奪。
そのまま逃げようとしたものの、近くにあったモミの木でバルーンに穴が開き、気球は吹っ飛んだ挙句に町外れの森へ墜落してしまった。

気球がお釈迦になってもなお、お腹が膨れる程に試食品を食べ続けるムサシ。大量には持っていけないので全部食べる気らしい。
そんな中、ヒカリから奪ったタマゴの事で何が生まれるのかが気になり、ロケット団はあれこれ想像。
しかし、頭に浮かべたのはセレビィルギアエンテイと伝説や幻級のポケモンばかり。勿論、それはあり得ないのだが。*1

とそこへ突然出てきて、残りの試食品を口にする野生のヒメグマ。
これに怒ったムサシだったが、そのせいでヒメグマは大泣き。親分であるリングマを怒らせ、必死で逃げる羽目になってしまう。
その後、遅れて墜落地点に来たサトシ達は二手に分かれてロケット団を探す事になり、サトシもムクホークを向かわせる。

一方、ムサシが転んだ拍子に放り投げてしまったタマゴを拾いに行ったコジロウとニャース。
タマゴを回収した後はムサシを探しに歩いていたが、その姿をたまたま近くを移動していたサトシ、タケシ、カズナリが目撃。
コジロウ達を発見したムクホークもサトシ達の下へ戻ると、ポケギアでカズナリから連絡を受けたコトネとヒカリも合流を目指して移動。
マリルとワニノコが空に向かって「みずでっぽう」を放つという手段でお互いの位置を示しつつムクホークを追った二組はついにコジロウとニャースを挟み撃ちに。
追い詰められた末にマスキッパを向かわせるコジロウだが、これに感心して図鑑で解説を見たカズナリはコトネに呆れられてしまう。

やがて、ワニノコが隙を突いてタマゴを回収し、ピカチュウとポッチャマ、マリルとワニノコによる連続攻撃でコジロウ達を吹っ飛ばす。
この後、コジロウ達は墜落した先でムサシと合流したものの、同時に激怒しているリングマの群れに囲まれてしまうのだった……。

タマゴを取り返し、会場へ戻った一同。
そこでコトネはポケモンコンテストをこの目で見る為、カズナリはブリーダーについて勉強する為にサトシ達に着いて行きたいと志願。
カズナリの父に認められ、一緒に旅立てる事になった。
その直後、ついにタマゴが孵化し、ヒノアラシが誕生。
いきなりヒノアラシを抱えたヒカリは尻から噴き出た炎で髪がぐちゃぐちゃになってしまい、皆を大笑いさせるのだった。



という訳で新しくヒカリの仲間に加わったヒノアラシ。
後にポッチャマと火花バチバチの関係となっていくのだが、それはまた別の話。



追記・修正はジョウト地方の良い所を全部言ってからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年05月17日 10:56

*1 ただし未発見というだけでタマゴが存在しないわけではない。無印金銀時代はルギアの親子なんてのもいたし。勿論このイベントでプレゼントに出来る様な代物でないことは確かなのでやはりありえない