1巻でのお仕事(裏バイト:逃亡禁止)

登録日:2021/05/23 (日曜日) 21:50:00
更新日:2022/01/15 Sat 12:58:46
所要時間:約 ? 分で読めます





現在、当項目に関する議論を行っております。後に削除・再統合等が発生する可能性があります。混乱を防止するため、追記・修正を一時的にお控えください。
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/17534/1612440828/



※この先には『裏バイト:逃亡禁止』の重大なネタバレしか含まれていません。※




あなたを輝かせるヤバい仕事がたくさん!!!



命に値段を付けろ。


この項目では、ホラー漫画『裏バイト:逃亡禁止』の1巻で起こったお仕事の解説を行う。
なおこの作品にシーズン云々は存在しないが、便宜上シーズンという形で区切っている。


【概要】

『裏バイト:逃亡禁止』とは、とある事情で大金が必要な主人公2人が、命の危険と怪異が関わり合う超ハイリスクハイリターンな裏バイトの数々を、危険を冒しながらも働くお仕事漫画である。


【1巻のあらすじ】

裏バイト。
それは合法違法含むグレーゾーンの高額報酬アルバイト。
その金は、あなたの命の値段。

とある事情で大金を求める黒嶺ユメと白浜和美の2人は、軽い気持ちで裏バイトに手を染めていく――。


【1巻でのお仕事】

最初の1巻ということもあり、全体的に不気味なムードで摩訶不思議なムードが漂うお話の割合が高めになっている。

ホールスタッフ


時給:15000円
勤務時間:6時間(主人公たちの場合)

某県郊外の森の中に位置するリゾートレストラン「緑心庵」での住み込みバイト。
主人公2人が初めて遭遇し攻略した裏バイトである。
宿泊場所も完備され3食の食事つき、業務内容も忙しさこそあれど一般的なものとは変わらない好待遇。
店主は妻の療養のためにこの場所へ移り住み、今では自然の魅力に取り憑かれすっかり「森のトリコ」になったという。



ビル警備員


時給:10000円
勤務時間:8時間(主人公たちの場合)

昼間に多くの会社員が仕事に追われて休みなく往来する街中のオフィスビル「黒黒ビル」で夜勤の警備を行うバイト。
ビル7階には以前、広告系のブラック企業が入っていたがビルにて多数の自殺者を出したことでいつの間にか倒産し、現在7階は空き部屋状態。
過去に7階で浮浪者が居座りトラブルになったことがあるため「7階は念入りに見なければならない」と申し継ぎされている。
実はビル周辺の人々からは曰く付きの心霊ビルとして密かに知られており、夜勤だけ異様に給与が高額な理由も「警備員の自殺者が多発して人手が足りないから」という、いかにも裏らしい理由。



個人向け配送業


報酬:50万円

渡された物を指定された場所・時間にきっちり届けるだけの簡単なお仕事。
今回の荷物は片手で持ち運べる程度の大きさである鞄。
「時間厳守」「鞄の中身は絶対に見ない」というのが条件として課されている。
ただし何の変哲もない鞄にしてはやけに惹きつけられる魅力があり、他人から盗難される危険性があるのが難点。



治験


報酬:300万円
期間:1週間

規則正しい生活を病院内で送りながら、処方された新薬を飲んだ後はベッドから動かず安静にするだけのバイト。
ただし薬を飲んだ後に眠ってはならず、午前中だけで採血が10回行われる。
また治験中に「扉」を開いた人間には追加で300万が支払われる。


おまけ


追記修正よろしくお願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年01月15日 12:58

*1 今回最終日まで生き残った人間は3人おり、内2人は主人公たちでもう1人は裏バイト慣れしていた崎村ゆう。前者はテレビから匂いが発せられていたので警戒しており、後者は怪しがって病院内を頻繁に探索していたため接する機会が少なかった。それでも浅い入り口には飛ばされており記憶が不明瞭になる現象に苛まれてはいた。