32話攻略

「こいつ すげえ…とんでもないヤバいのが出た!!」


東堂塾OB舘智幸に勝利した次の日、まだバトルの余韻が残っている拓海。
涼介の凄さを改めて認識し出勤している途中、謎の覆面車両が追ってきた…

藤原拓海と謎の覆面車両のバトル。路線は久々の阪急宝塚線になります。
使用車両は勿論阪急2000系です。 

  • クリア条件:イベントを発生させて敗北する or 梅田駅に先にゴールする
  • 敗北条件:相手車両にちぎちれる



ステージ攻略方法

川西能勢口〜服部

  • 雲雀丘花屋敷から平井車庫へ続くの線路の先に、覆面が居ます。そこから川西能勢口までストーリーが進むので、拓海が「宝塚のダウンヒルだしな!!」と言ったところから始まります。力行を入れておきましょう。
    • 開始と同時に左上のところで高橋啓介ドッキリ寝起きが始まりますが、バトルしながら見るのは困難だと思われます。録画やyoutubeの動画で楽しみましょう。


  • 本題の攻略ですが、曲線があったら片輪ドリフト、そこにホームがあったらブレーキングで乗り切りましょう。それだけで大丈夫です。
  • ただ、前作より脱線しやすくなってる気がするので注意しましょう。
    • 川西能勢口~池田の右コーナー、蛍池手前の左コーナー、豊中駅の右コーナーは高速で突っ込むと脱線します。
  • 相手がピッタリ喰い付いているので後輪ドリフトは禁物です。
  • 脱線しても相手が多少速度を落としてくれるので、スピードを落とし過ぎなければ服部までに抜かれることはありません。
    • そうは言ってもX200に離されすぎると「ブレーキングでつめられない相手じゃあ…」のセリフがでて強制的に終了となります。

  • 蛍池手前のコーナーを抜けたすぐ先にあるガーター橋は、修正パッチを当てる前だと複線ドリフトで突っ込むと自走不能になるので注意。
    • 片輪ドリフトなら弾かれて戻るだけなので、こちらを活用するか早めにドリフトを戻すように。

  • 服部駅手前のコーナーでは複線ドリフトすること
  • 複線ドリフトしないとX200が開放されません片輪ドリフトではダメ
    • ただし、ここまで脱線ばかりで失速しているとドリフトするスペースが空かない事も…

服部〜庄内通過

「ブレーキングでつめられない相手じゃあ…手も足も出ねえや…」→バトル終了

  • 服部であっさり前に出られたらもう抜き返せません。
    • 庄内まで走り、大人しくストーリーが終わるのを待ちましょう。


ポイント


仕様が大きく変わっているので注意。
  • 今作からライトニングフルノッチは全然効かなくなりました。
  • 相手に体当たりした時、当たりどころが悪いとこちらが減速します。
  • 坂は上り下りで大きく影響を受けるようになりました。
    • ノッチを入れ忘れてて気づいたら80km/hになってた、とかいうことがあります。

脱線する可能性のあるコーナー


阪急2000を使用して走った実感。()はプラクティスモードのみ脱線するコーナー。先述の通りとても脱線しやすくなっています。
  • (宝塚直後のS字コーナー)
  • (清荒神直後の左コーナー)
  • (売布神社の右コーナー)
  • (中山手前の左コーナー)
  • (中山直後の右コーナー)
  • (中山~山本の2箇所ある左コーナー)
  • (山本~雲雀丘花屋敷の左コーナー)
  • (雲雀丘花屋敷~川西能勢口の左コーナーと右コーナー)
  • 川西能勢口~池田の右コーナー
  • (石橋の右コーナー)
  • 蛍池手前の左コーナー
  • (蛍池~豊中の左コーナー)
  • 豊中の右コーナー
  • (曽根直後の右コーナー)
  • (服部の右コーナー)
  • (庄内の左コーナー)
  • (庄内~三国の左コーナー)
  • (三国の右コーナー)
  • (三国~十三のS字コーナーを抜けた先の緩い右コーナー)
  • (十三の左コーナー)
  • (中津の左コーナー)
  • (中津~梅田の右コーナー)
920系で走ると最高速度が高いので、ここに上げたコーナー以外でも脱線することがあります。



その他

  • 相手車両の前に無理矢理転線して突き飛ばされながら走ることで、梅田まで走ることができます。
    • ただし、なぜかこっちが4050だと相手車両が下にもぐりこんで追い越されるため、この方法は使えません。