42~43話 攻略


「…おまえとは妙な因縁がある オレは…今日ここで決着をつけたい…!!」

「フッ… こっちのハラは決まった!!すぐ始めようぜアニキ!!」


話し合いの末に再戦に。
禁断のハイパワーダウンヒルバトルがスタートする…

例によって、以下はマスコンワークで攻めたい方向けの攻略なので、ドリフトで攻めたい方は無視して構いません。


攻略ポイント

基本的に40~41話と変わりません。
ただ、コーナーでのカットインはこちらの方が多いので難易度は若干下がりますが、それでも細かなコントロールが要求されます。

中央林間~長津田

往路と基本的に変わりませんが、下りコーナーからの突っ込みが多いので速度に注意!
スタート直後から8500がすぐ近くに張り付いてくるので、片輪以外のドリフトはほぼ不可能。
長津田は片輪ドリフト推奨。

長津田~江田

長津田直後のコーナーと藤が丘直後は今回はカットインが入ります。逆に田奈~青葉台は今回はカットインが入らないので注意。藤が丘構内は今回もドリフトするとイベント。
江田で8500が追い抜くイベントが発生。

江田~宮前平

前回よりカットインが多いのでやりやすいと思います。
たまプラーザを出ると8500の様子がおかしくなります。上りの加速で出遅れないように。
鷺沼では今回はカットインが入りますが、下りでスピードが乗るので油断禁物。

宮前平~梶が谷

宮前平でくるっぴー登場しても集中力を切らさないように。
コマが進めば梶が谷で8500が自爆して自走不能になります。

ヒルクライムよりもカットインによる補助が多いですが集中力は切らさないように!
ラストスパートがんばりましょう。


おまけ

  • 勝利条件が自走不能イベントを発生させることであるため、トンネル進入時に相手が自走さえしていればちぎられていようとイベント突入→勝利となる。
    • 相手が渋谷を突っ切り自走不能になっていた場合はフリーズします。その場合は強制終了するしかありません。
    • もし8500に押してもらうことに成功した場合、300km/h近くで突っ込むので複数のイベントが同時並行で発生する。このとき、10年越しの悲願のイベントより優先度の低いイベントは終了処理されエンディングに進む。したがって同人誌版に沿ったクリアではないので、8500改の解放条件を満たさない。普通に走る分には全く問題ないが、無理に攻めすぎる必要はありません。

  • このバトルでは車番が反転している(8500系なら8601が先頭、8200系なら8250が先頭、東武50000系なら50901が先頭になるといった具合)が、編成そのものは反転していないためパンタグラフの配置は変わらない。8601や8250にパンタグラフが載っているのはこのため。

  • フリーランでは渋谷まで走れるが、梶が谷の先に涼介の罠があるので注意。宮崎台進入時までに下り線(右車線)にいること。
    • 上り線(左車線)を走行していると梶が谷通過後に激突して自走不能
      • なお、下り線にいても当該箇所の分岐器で片輪走行になると3300系に激突して自走不能になるので必ず減速すること
      • 一部の車両では、上り線走行中であっても、最速で突入すると3300系を突き飛ばして通過できる。
        • JR四国2000系、南海50000系ラピート、京阪8000系が該当する。
          • ver1.13(近鉄ブラックアーバン)で封じられた。
      • 一部の車両では、全速力で下り線走行中であっても、右側に最大角度の振り子を作動させると激突を回避して通過できる。
        • JR四国2000系、名鉄2000系ミュースカイが該当する。
+涼介の罠 画像
この3300系、ストーリー上でも3Dモデルで表示される。密連でスカート付なので7011Fのモデル変更版か

電動車で重いせいか、JR四国2000系、南海50000系ラピート、京阪8000系以外は上り線で体当たりすると弾かれ自走不能になる

最終更新:2021年03月02日 22:34
添付ファイル