スカースナ・ファルザー・エミーユ
理語: Skarsna falsar emirju
レシェール・フミーヤ・ファイユ宙軍大将
生年月日 ピリフィアー歴1977年11月14日
出生地 デーノ共和国
ナジャールト
民族 リパラオネ人
最終学歴 ヴィンスユンク海軍研究院
所属組織 ユエスレオネ連邦宙軍
最終階級 大将(Sviarskajtajt)
勲章 デーノ国民解放勲章
渾名

スカースナ・ファルザー・エミーユ(Skarsna falsar emirju)はファルトクノア共和国の将校。リパラオネ人ケートニアーであり、レイヴァーと出身地が同じであることで有名な宙軍司令官である。


経歴

幼年時代

 1977年にデーノ共和国の至極普通な一般家庭に生まれる。父親はラネーメ共和国資本のアドラバ貿易商社で務めており、有力者と見られていたが会社の下働きということもあって生活は一般的な範囲に留まっていた。アドラバ貿易商社は「西方の諸島における先住民の神秘的な生活とその文化について」にも描かれる歴史ある商社であり、その社員の子供は会社が提供する私立学校に通うことになっていた。1984年(7歳)の時にスカースナはアドラバ中央小学校に入学することになった。彼女は成績は平凡で、没個性な幼年を過ごしていた。それでも両親は彼女に強い愛情を注いでいた。スカースナは後にこの学校での「貴族趣味」的なしつけが身に合わなかったと語っている。中央小学校ではアドラバ貿易商社の上役の子供がその権威を誇っており、下っ端の子供であるところのスカースナはすぐにいじめの標的となった。1987年(10歳)にスカースナはいじめに耐えかねて、主犯格であった上役の子供たちをウェールフープを使って窓から放り出し骨折させた。これによってスカースナは中央小学校を退学になり、父親も目を付けられて圧力を掛けられ自主退社を強要させられた。これ以来、父親はアルコール依存症になってスカースナは暴力を振るわれるようになる。虐待を受けていたスカースナはそれでも家から逃げ出すことが出来なかった。そのまま、1988年(11歳)にデーノ共和国の義務教育規定によって公立小学校に編入させられることになった。公立小学校でもスカースナは虐待で出来た痣や元々アドラバ貿易商社で務めていた人間であったことで児童から疎遠にされ、友人が出来なかった。スカースナはどんどん内気な少女となっていくことになった。1990年(13歳)に父親から殴打されて耳から血を流しながら失神したことで意識不明になり、緊急で病院に搬送された。それ以来、入院生活を送ることになった。右耳の聴力が低下し、スカースナが居ないうちに父親は母親に暴力の方向を変えて最終的に撲殺してしまう。アルコール依存症の上に精神を病んだ父親はスカースナをおいて投身自殺した。彼が発見されたのはアドラバ貿易商社のデーノ支社本社の入り口で、靴の中には遺書があって"Cene mi malst nestile'd la calen'gart felx"(過去の栄光に戻ることが出来れば)と書いてあった。これをスカースナは病室で知ることになり、彼女は何回も自殺を試みたが医師や看護師に何度も止められて鎮静剤を何回も打たれて強制的に沈静化された。1991年(14歳)に退院したが、身元の受け取り先がなかったため病院に最も近いフィアンシャで働きながら医療費の返済を目指していた。スカースナ自身は敬虔なリパラオネ教徒ではなく、フィアンシャでの生活にうんざりしていたが鎮静剤の影響で感情を大きく動かすことは出来なくなっていた。1992年(15歳)に第二次ホメーンアッシオ戦争が勃発、レアディオ共和国の侵攻に対し防衛戦争を主導する祖国の少年義勇兵の応募に呼応して、デーノ陸軍第三十三突撃歩兵連隊に所属して戦った。司令が途絶し政府が陥落する中、スカースナは少年たちをまとめ上げてパルチザンを構成した。スカースナに率いられたデーノ少年パルチザンはレアディオ共和国の正規軍に対して度重なるゲリラ攻撃を敢行した。結果的にこれが契機となってリパラオネ連邦軍によるレアディオ共和国軍の国外撃退に繋がり、1993年に16歳という年少にして国家の主権を取り戻したことからデーノ国民解放勲章を得た。

ユエスレオネ以降

 スカースナは1995年(18歳)にヴィンスユンク軍事大学に入学することになる。スカースナは主に陸戦の経験を更に生かせないかというところから、ゲリラ戦や非正規戦闘の研究を深めていったが、それを応用する形で港湾施設や河川上陸作戦等の沿岸軍事に関する研究に傾倒してゆく。話し方が緩やかで柔らかいスカースナは万人に受け入れられたが、その一方で気に入らない人間の成績資料の電子的改竄などを行うなど腹黒い性格が強くなっていた。1997年(20歳)にこの改竄が発覚してスカースナは国家情報管理法違反で一時は逮捕されるものの、尋問官に対して「情報管理がなっていない軍事学校で情報管理が出来る士官を生み出せますか」と反駁した結果、ヴィンスユンクの軍事学校付きのセキュリティエンジニアとして奉仕することで不問となった。セキュリティエンジニアとして働く傍らで、新たに開発される海軍兵器に対して興味を持ったスカースナは大学でも新兵器研究に接近していくことになった。海軍技官を目指したスカースナは1999年(22歳)にヴィンスユンク海軍士官研究院に入学するが、すぐにエルフ熱パンデミックでユエスレオネに避難することになった。2000年(23歳)から二年間の間は軍事には関わらず、ユエスレオネの状況を静かに見守りながら生活していたが、2002年(25歳)に始まったユエスレオネ革命内戦で革命軍のゲリラ戦指導を依頼されて革命軍将校として活動していた。ユエスレオネ連邦が成立すると連邦陸軍大尉として着任した。2003年(26歳)の時にデュイン戦争が始まると、命を受けて戦場へと赴いて拙かった海戦を指導した。デュイン戦争ではxelkenの海上戦力が問題となっていたが、スカースナの柔軟な指揮によってカタログスペックが劣悪でも戦術によって圧倒的な差を逆転させることに成功した。

デュイン・アレス独立戦争以降

 デュイン総合府が設立されると、ユエスレオネ海軍の設立に伴ってスカースナは2004年(27歳)に少将として着任した。この頃にレイヴァー・ド・スキュリオーティエに告白されたが、これをスカースナは断っている。Xelkenの人権が守られていなかった着任以来の数ヶ月間、スカースナは海軍研究所と協力して新兵器研究と自分が指揮する艦隊での実験を繰り返した。デュイン・マフィアによる漁船捕縛に対してスカースナは見つけ次第犯罪行為と見做して粛清対象として、兵器の人体実験の対象にした。彼女は拡大するデュイン・マフィアと海軍上層部の汚職や癒着には全く気を払っておらず、彼女が立て続けにデュイン・マフィアの船舶を撃沈するのに対して海軍上層部に対するマフィアの圧力は高まっていた。この頃から海軍上層部はデュイン・マフィアの漁船捕縛に対しては粛清を行わず、法的な対処を行うとの勧告をスカースナに示してその行動を牽制した。2010年(33歳)に デュイン・アレス独立戦争が勃発するとフアーラエイン作戦で艦隊を全滅させたレイヴァー・ド・スキュリオーティエに対して軍法会議で無罪を主張していたが、結果的には少数意見として処理されるだけであった。戦後に無許可の兵器実験が禁止されたことに憤慨したスカースナはデュイン・アレス独立戦争がマフィアによって引き起こされたものであると考えて、自己の艦隊の治安維持周回をマフィア艦船の撃沈に注力した。2011年(34歳)に海軍上層部はいよいよもってマフィアの圧力に耐えられなくなり、スカースナを軽犯罪を理由に軍法会議で左遷し、ファルトクノア軍へと飛ばした。これに関してはスカースナは後に「特に階級や地位について気にしていたことはなかった」と述べている。


アクース内戦での活躍と怨嗟

 ファルトクノア宙軍に左遷されたスカースナは宙軍上層部やユエスレオネ軍総司令部の配慮によって、空軍中将に昇進し、共和国空軍司令官として着任することになった。2012年(35歳)にアクース内戦が勃発すると司令官としてラヴィル・ドゥ・エスタイティエ・ラタイハイトと緊密な連携を取った。ヴァルエルクの裏切りを受けた際に地上部隊の救援要請を聞きながら、レシェール・フミーヤ・ファイユに対して反転救出の不可を聞いてスカースナは輸送部隊の無事な帰還だけを目的に指揮を指示した。後のレシェールとラヴィルの努力には一切関わっておらず、これに関して軍総司令部に追求された時にスカースナは「私の仕事は政治家ではなく、軍人です」とのみ答えてその場を去っていったという。

人物

  • 性格は冷静沈着でめったに怒鳴ったりせず、非常に優しい声で話す。このような性格は何処にあっても強く評価されたが、行動に現れる腹黒さを隠すことは出来ていないらしい。
  • 海軍時代にレイヴァー・ドゥ・スキュリオーティエに告白されて以来、関係がギクシャクしている。「レリーユ大佐が撃破するうちで最も得意なものは敵の司令官であり、最も苦手なものは仲間の指揮官だ」と揶揄されることもあるほどであった。
  • 性格の割にジャンクフードが大の好物であり、食事会に誘われてどんな料理が出るのだろうと期待した下士官たちが目の前に広がる油ものを見て幻滅したというエピソードはファルトクノア国内でも有名である。
  • 左遷の時に階級が下がったり上がったりしたことについて問われて、「階級については余り気にしていない」と述べている通り、上下関係を不問にする傾向が強い。例としてレシェール・フミーヤ・ファイユとは関係が悪いが、スカースナは彼女を左遷せずに常にあしらうように扱っているために彼女自身自分への評価には余り気にしていない様子が良く分かる。
  • エネーザ・ラスケン=ツェープルム上級兵曹を面白いという理由で戦艦イェスカに配属した。艦長であるレリーユはいきなりの出来事でほどほど困ったという。
  • アリウス・エルク=レミソルトインフリーと気が合って、内戦以後時々お茶会をするほどの仲である。
添付ファイル