飛田新地

登録日:2012/09/16(日) 12:55:06
更新日:2020/06/15 Mon 17:10:36
所要時間:約 4 分で読めます




飛田新地(とびたしんち)

大阪府大阪市西成区山王3丁目一帯の地域の名称。
別名は飛田遊廓。

治安のあまり良くない西成区内にある為、あいりん地区同様、大阪府民でも余程用事がない限り近づかない場所である。


〈概要〉

大正時代に日本最大の遊廓として築かれた経歴を持つ。
その後、1958年に売春防止法が施工され、危機に陥る。
だが、飛田料理組合を立ち上げて店を料亭に変え、料亭街へと姿を変えた。

しかし、料亭というのはあくまでも表向きである。
行ってみると分かるが、大正時代から変わらない雰囲気を醸し出し、営業内容も当時と変わらない。
つまり「料亭だけどお客さんと仲居さんが自由恋愛に陥ってしまう可能性が高い」というだけなので、売春防止法を逃れている。

近年では「レトロな古い町並みが残るのに女の子とヤれちゃう」「関空から電車で1本の好立地」ということで中国人を中心とした外国人からの人気が上昇している。

〈店のスタイル〉

いわゆる「ちょんの間」と呼ばれるスタイル。

開放された玄関にやり手婆と呼ばれる客引きの老婆と仲居と呼ばれる嬢が座っており、やり手婆がしつこい位に勧誘してくる。
基本的に嬢は喋らずに軽く会釈するか手を降る位しかしない。
自分の好みの嬢がいたらやり手婆と交渉し、時間と料金を決め、嬢と一緒に2階へと上がり、プレイへと繋がる。

プレイ時間は15分刻みと非常に短く、本当にただ脱いでヤるだけ。
「ちょんの間」という名前は、「ちょっとの時間だけ」という意味であり、このプレイ時間の短さからつけられた。
当然、サービスなど望むべくもなく、キスさえNGという嬢も少なくない。
基本的にちょんの間は、客に気を遣うのがしんどいという嬢、女に突っ込めさえすればいいという客で構成される界隈なのである。

なお、料金は全ての店で一定している。
ゴールデンウィーク等の連休や祝日によっては多少前後するが。

早い店だと昼頃から開いている。
だが、盛り上がって来るのは夕方頃から。
終了の時間は深夜0時と決まっており、終電にもギリギリ間に合う。

実物を生で見られるというパネマジもヘッタクレも無い究極のアナログ方式故に、嬢のレベルは高く、芸能人にも負けず劣らずな人が多い。
実はAV女優の夏目ナナが素人の時に働いていた。

兎に角、自分のお気に入りの嬢を見つけたら迷わずに交渉しよう。
後で来ようと思い、ブラブラした後に来たらいなかったという事が多い。
また、終わった後にお菓子を貰える事もあり、それを持っているとしつこい勧誘をしてこなくなる。

勿論、料亭なので料理を注文する事も可能。
だが、明らかにぼったくりな値段なのでやめておこう。






〈青春通りとメイン通り〉

その名の通り、メインとなる2つの通り。
飛田新地の北側に位置している。
料金は高いがレベルの高い嬢がいるので、大抵の人はこちらに行く。
勿論賑やかで活気も良い。


〈妖怪通りと年金通り〉

お察し下さい。飛田新地の南側に位置している。
だが、こちらは料金も安くてサービスも良い。
たまにとびきりのがいるとかいないとか。
見えている地雷を踏みに行く人がいるのか?という疑問もあろうが、
若い頃に青春通りやメイン通りで働いていた人が、加齢とともに移動してくる際、常連客も彼女についてくることが多いらしい。こういった嬢は年金や妖怪への移動だけではなく、やり手婆として店を支えることもあるとか。
また、若さよりサービスを重視する人、安さ重視の人、熟女好き、ちょいブス好きな人も少なくない。


〈アクセス方法〉

大阪の観光名所、新世界の通天閣から歩いていける。
通天閣近くのジャンジャン横丁を抜け、JRの高架下を潜った大通りの先、動物園前商店街を抜けると着く。
自信がないならタクシーで行くのも1つの手。

車でも行けるが、道が狭く有料パーキングに停めなくてはいけないため、あまりオススメできない。

最寄り駅はJR天王寺駅、JR・南海新今宮駅。
地下鉄だと動物園前や阿倍野が近い。


〈その他の新地〉
近年では飛田ばかりが有名になってしまったが、他にも新地は存在している。

  • 松島新地
中央線九条駅近くに存在する新地。システム、規模、嬢のレベルは飛田とほぼ同じ。シャワーがほとんどの店で設置されている、そして飛田よりちょっとだけ料金が安い点が異なる。
飛田に外国人が多く来るようになったため、それを嫌った嬢や客がこちらに流れつつある。

  • 今里新地
近鉄今里駅近くにある新地。コリアンタウンにほど近いため、そっち系の嬢が多い。
飛田とは異なり、嬢が入口におらず、やり手婆に自分の好みを伝えて、嬢を連れてきてもらうようになっている。

  • 滝井新地
京阪電鉄滝井駅近くの新地。現存する店舗は二桁に満たない、一種の「ぽつん風俗」。
こちらも店に入らない限り、嬢の顔を確認することはできない。

  • 信太山新地
JR阪和線信太山駅近くの新地。少し都心からは遠いが安いためか、規模はなかなかに大きく、40店舗ほどが現存しているとされる。
こちらも嬢を直接見ることはできず、案内ババアに自分の好みを伝え、指定の待ち合わせ場所で嬢を待つという独特のシステム。

  • かんなみ新地
兵庫県尼崎市にある新地。「神田南通り」という地名を略して「かんなみ」。
面積は小さいが店舗数はなかなか。システムや嬢のレベルは飛田と同じだが、料金は安い。

  • 生駒新地
奈良県生駒市にある新地。一見すると旅館であり、実際に宿泊することもできる。
泊まる際におばちゃんに好みのタイプを伝えると、別の場所で待機している嬢が来るというシステム。
正確にはちょんの間というより、一種のホテトルかもしれない。
近年は衰退著しく、その内消滅する可能性も…

〈余談〉

ただ食事を楽しみたいだけなら、鯛よし百番という高級料亭があるのでそこで。
この建物は2000年に国の登録有形文化財に指定された。

実は飛田料理組合の担当弁護士を、元大阪市長のあの方が勤めていた時期がある。


※最後に

この一帯でのカメラ、ビデオ撮影は御法度である。
と言うのも、この地域の成り立ち故に、そういうのをあまり快く思っていない人が多い為である。
というか他の風俗店と違って女の子が直接路上で姿を見せてお客にアピールし
コスプレや 胸の谷間 程度なら見せつけるというスタンスの場所なので撮影がご法度なのは言うまでもない。*1
撮影がバレてしまった場合、怖い人達に囲まれてしまう事もあるので、絶対に撮影しないように。
カメラを首から提げてるだけでも怒られちゃうぞ。

追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/