土屋康太

登録日:2011/03/06(日) 01:23:36
更新日:2021/06/03 Thu 17:56:50
所要時間:約 4 分で読めます




「…………加速、終了」




土屋康太(つちやこうた)
CV:宮田幸季 / 川田紳司(アニメ/ドラマCD)


概要

井上堅二(美少女)が執筆している作品、『バカとテストと召喚獣』に登場するキャラである。

2-Fクラスにおける主力の一人であり、ムッツリ
保健体育が得意科目で、保健体育にだけ関して言えば学年トップクラスの実力を保持している。というか教師さえも越える
ただし他の科目は観察処分者である吉井明久にさえ劣る程の学力しかない。



以下ネタバレにつきステルス

実際上記の様に教師をも越える保健体育の成績はだてではなく、
10巻での試召戦争では中断されていなければ二年第一位の肩書を持つあの霧島翔子を討ち取っていた。

寡黙なる性識者と書いてムッツリーニと読み、作中ではムッツリーニと呼ばれる事が大半である。
しかし本人はこの事に対して「最近本名を呼ばれない…」と嘆いている。

ムッツリ商会なるものを経営しており、校内一の秀吉である木下秀吉の写真や、メイドも浴衣も何でもござれなアキちゃんの写真(及び抱き枕等)を販売していたり、
ニーズがあるのかは謎だが、2-Fクラス代表の坂本雄二の写真をも取り扱っていたりする。
OVA版では文化祭での中華喫茶の売上に貢献した。

【性格】
ムッツリ

ムッツリである(※大事な事なので(ry)


寡黙なる性識者と呼ばれるだけあり基本的には無口であるのだが、エロい事が絡むと途端に饒舌になる。
「……断じてムッツリではない!」

仲間想いな一面も持ち合わせており、クラスメートのピンチにウェイター姿で駆け付けたり、
友人に向けられた好意(という名の殺人料理)を伝えて(口に押し込んで)あげるという男前な性格の持ち主。
友人の為なら盗聴器だってしかけるナイスガイでもある。

妄想が膨らみ過ぎて鼻血を出す事が多く、海やプールといった比較的肌色率の高い場所に同行する際には輸血パックを欠かさず保持している。
キーゼルバッハ部位は弱いようだ。


Aクラスに所属する保健体育実践派の工藤愛子とはライバルであり、苦手とする存在。理由はムッツリーニがお色気に弱いからである。

余談

12.5巻で明かされた初期案の設定によれば、キャラ設定は今とさほど変わらないものの、
初期の頃の名前は「 陸奥康太 」という名前だったそうである。

また、実は彼は女性陣の読者たちにかなり人気がある。前述のような事を行っている為当初女性からはあまり人気が出ないと作者は思っていたため、この事はかなり意外だった模様。

以下ネタバレ







土屋康太というのは裏の姿であり、本当の名前は土屋香美という。

コスプレが大好きで、友人に無理矢理出場させられた浴衣コンテストで間違えて趣味を暴露してしまい、
手遅れと知りつつも必死に否定しようとする恥ずかしがり屋さんである。




第一巻において明久が「この中には美少女が二人いる」という発言に対して反応した事を見ていただければ、彼女の真の姿が女の子だと分かっていただけるだろう。

その可愛らしさから2-Fクラスの野郎共を虜にしたこともあり、アキちゃん・秀吉・香美ちゃんの三人娘がメイドになる事が最新巻において決定した。
紳士の方々は楽しみに待とうではないか。



追記・修正お願いします。






詳細が気になる方は
ムッツリ商会へ















ちなみに香美ちゃんはムッツリーニの女装した姿である。お間違えないように


「……追記・修正は任せた…っ!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年06月03日 17:56