四ノ宮京夜

登録日:2012/03/13(火) 22:40:02
更新日:2020/12/11 Fri 22:49:39
所要時間:約 3 分で読めます




四ノ宮 京夜
(しのみや きょうや)


高校1年(2010年度)→2年(5巻~)→3年(中等部・LT)→大学生(中等部5巻~)

ちから:3
体力:3
知力:3
気合い:1
運のよさ:5


GJ部』の主人公&部員。
愛称は「キョロ」。
こだわらない、争わないがモットーの平和主義者。
自らを「平和的敗北主義者」と名乗り、自分から勝負にでることは少ない。
意外にも器用で、勉強も運動もそれなりにこなすことができる。

内気な性格のせいか、からかわれやすく、騙されやすい。
そのため真央や他のメンバーにたびたびいじられている。
(ウソの告白をされる、女装〔後述〕をさせられる、タマに寝顔を撮られる、等)

GJ部では、タイクツした真央の相手は京夜がするという決まりがあり、しょっちゅう真央の横暴に付き合わされている。
噛みつかれるのもほとんど京夜である。(大丈夫か?京夜の体)

長い間GJ部にいるためなのか、ガールズトークや少しいりくんだ話にも抵抗を感じる事なく積極的に参加する。
しかし聞いていいことといけない事の区別がつかず、失言も目立つ。

男っぽい所がカケラもなく、どうやらGJ部の面々は京夜を男として認識してないようで、
(ちなみにGJ部は男子禁制らしい。なぬっ!?)
真央曰くキョロは殿方にあらずとのこと。

女装をさせられたことがあるが、あまりに似合いすぎて見た目完全に女の子になってしまい、他のメンバーを唖然とさせた。(ある意味スゲー)

横溝という親友がおり、部に来ないときは教室で一緒にお昼を食べている。

不死の存在であるレッドローズとかいう中二の頃の厨二黒歴史があるらしい。

普段は大人しい京夜だが、時々「オレマン」と呼ばれる別の人格に目覚めることがある。
主に赤井烈斗の話題が出てきた時が多い。

変身形態は以下の通り

通常形態 キョロ

オレマン第一形態
一人称が「僕」から「俺」に変化しただけの発展途上。

第二形態 スーパーキョロ
誰であろうと呼び捨てにして、態度も一変する。好戦的になり、性格もキザになる。
変身時間はしばらくしか続けられない。

第三形態(テルティウム) キョロ様
さらに性格が変わって、一人称も「私」になって、女性に対して紳士的になる。
こちらは変身持続時間がさらに短く数秒しかもたない。

そして遂に殺意によって覚醒する第四段階を経て、「オレマン完全体」となり常時オレマンでいることを可能にしたという。

アニメBDの特典ドラマCDでは登場はするものの所謂、シチュエーションCDの主人公的なポジションなので声は当てられていない。(ヒロイン同士の会話パートでは「あの人」など間接的に語られている) 

ひどいですよーーーーーー、修正・変更してくださいよーーーーーー。見捨てないでくださ~い!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2020年12月11日 22:49