兄兄ズ(GJ部)

登録日:2011/11/11(金) 10:37:59
更新日:2020/09/14 Mon 23:11:46
所要時間:約 3 分で読めます




GJ部の登場キャラクター。
皇紫音の兄達の総称であり、とりあえず最低でも10人は確認されている。

紫音がゲームの天才なように、全員何らかの天才=マイスター。
そのため、皇家は意図せずとも自然にお金が入ってくるらしい。

兄弟の中で唯一の妹だからか紫音を溺愛しており、冷たくされると泣きだしたりなだめるのに数時間もかかるので定期的に順番で紫音を食事等に付き合わせている。

また、「カップ麺は体に悪い」といって取り上げたり、「テレビはよくない、本を読みなさい」とかいったりやたらと過保護。
紫音が常識を知らない一因……というかむしろ元凶である。
ダビデ像から極太兄貴まで容姿は様々。
紫音含め全員睡眠時間が短く、3時間くらいしか寝ない。
たまに手を繋いでる兄弟がいるらしい。

ちなみに未だに本編に直接出たことはなく、会話の中と6巻の話の合間に出ただけに留まっている。

  • 一兄ぃ
何のマイスターかなど詳細は不明だが、真央と紫音の会話から考えると兄弟の中でもトップクラスの美形と思われる。

  • 二兄ぃ
料理のマイスター。
一族の料理の資質をすべて持っていってるらしい。
紫音に毎日愛兄弁当(漆塗り重箱算段重ね)を作っている。
世界的なシェフらしいが、クトゥルフの刺身のために北大西洋の海底にいったり、アイスランドの火山帯でクトゥヴァを捕まえようとしたり、
地中海でカツヲを捕まえたりと明らかに材料がおかしい。
「料理」という生活に密着するカテゴリーなせいか、兄弟の中で一番話題にあがる。

  • 三兄ぃ
コーヒーのマイスター。
他と比べて妙に範囲が狭いような気がしないでもない。
水分子の運動さえも完全にコントロールした完璧なる抽出技術で作っているらしい。
早い段階からコーヒーのマイスターは話題に出ていたが、それが三兄ぃだと判明したのは割と最近。

  • 四兄ぃ
他に比べ口調が荒っぽい。
スポーツ系のマイスターだろうか?

  • 五兄ぃ
絵画のマイスター。
個展も開いているらしい。

  • 六兄ぃ
一日七回もカップ麺を食べており、縦にも横にも大きく美形でもない。
でも優しいらしい。
また、「ぼくのしおんたんを。ムフー!」とかいってたりするところを見るに多分オタク系のマイスターと思われる。
天使家の妹とのトレードの話の時に「五兄ぃまでは絶対ダメだが六兄ぃなら検討する」と言われたり、兄弟の中では扱いが悪い。
でも話題にあがる分まだマシかもしれない。

  • 七兄ぃ
一切話題に上がらない空気な兄兄ズ。
八兄ぃ以降がいる以上存在はするはず。

  • 八兄ぃ
文化祭のために紫音にオルガンで何十曲か弾いてみせたため恐らく音楽全般の天才。流石にオルガン限定ではないだろう。

  • 九兄ぃ
詳細不明。
真央の反応を見るに六兄ぃに次いで残念な顔の様子。

  • 十兄ぃ
何の天才かは不明だが花瓶の位置が3センチズレているだけで学校から飛んで帰ってくるほど神経質。
学校に通っているということは紫音とはそれほど年が離れていないのかもしれない。



…まぁいずれにせよどの兄にあってもキョロの命はないことは確かである。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2020年09月14日 23:11