第504統合戦闘航空団「アルダーウィッチーズ」

登録日:2012/03/30(金) 22:13:29
更新日:2018/04/17 Tue 22:41:29
所要時間:約 7 分で読めます





ストライクウィッチーズに登場する部隊。アニメ2期冒頭に出演した。


「ちょっ、何で司令の私がハブにされてんのよ!」


4番目に発足した統合戦闘航空団で、ロマーニャ北東部に拠点を置き、アルプス以南の人類勢力圏の「防衛」を主任務とする。その性質から現地ではスクトゥム(盾)の異名で呼ばれることも。

1945年春、先のガリア解放の戦いで501JFWが遭遇した「人型ネウロイ」に対する人類初の対ネウロイコンタクト実験「トラヤヌス作戦」の中核として投入されるが、突如出現した「ネウロイの巣」と新型ネウロイの攻撃によって人型は消滅。作戦は失敗に終わってしまう。
続く圧倒的な規模の敵からの撤退戦において、殿を務めた本部隊は壊滅的な打撃を受けた。

以降、部隊は事実上の活動停止に陥り、復旧までの穴埋めとして501JFW「ストライクウィッチーズ」が再結成の運びとなる。
二期最終話、ヴェネツィア解放の頃には何とか復旧の目処がつき、再び解散となった501からロマーニャ防衛の任務を引き継いでいる。



《所属ウィッチ》

◆フェデリカ・N・ドッリオ

19歳。少佐。
504JFW司令官。ロマーニャ空軍の精鋭「赤ズボン隊」で活躍したトップエース。陽気で気どらない性格から国民の人気が高い。
かつてマルタ島の防衛戦で負傷しており、長期療養による実戦ブランクと年齢的な事情から実戦参加を控え、戦闘は竹井に一任している。
ウィッチによる「セクシーカレンダー」を企画して差し止められたり、代案に赤ズボン隊グッズを制作・販売したり、行動力あふれる困ったお姉様。



18歳。大尉。
教官と戦闘隊長、副官を務める。
項目参照。


◆フェルナンディア・マルヴェッツィ(cv.森永理科)

17歳。中尉。
「赤ズボン隊」所属で、ドッリオの後輩。愛称は「フェル」。ルチアナ、マルチナとは訓練校時代からの名物トリオで「三変人」とも呼ばれる。
ロマーニャ娘らしい明るい性格。人を惹きつける天性のリーダーシップを持つ。固有魔法は軽度の治癒魔法。
ドッリオを深く慕っているが、ドッリオからは「JFWの指揮を任せるには経験不足」とされ、その地位についた竹井に反発心を持っていたが……。


◆ルチアナ・マッツェイ(cv.広橋涼)

18歳。少尉。
「赤ズボン隊」所属。
物静かで生真面目な苦労人で「三変人」のフォロー役。装備品関係への配属を希望していた所、狙撃の腕と運動神経に目を付けたフェルナンディアに強引に勧誘され、気が付けば航空ウィッチになっていた。
事務能力に優れ、原隊ではリーダーのフェルに代わって書類仕事を担当し、504でもドッリオの補佐を務める。
少々天然な一面も。


◆マルチナ・クレスピ(cv.水橋かおり)

16歳。曹長。
「赤ズボン隊」所属。
ロマーニャ名家の子女だが、厳格な家柄を嫌って軍に飛び込みウィッチとなった変わり種。
一人称は「ボク」。幼少時から奔放かつ活発な性格で両親を悩ませてきた。
抜群の運動センスを持ち、特技のバレエはかなりのもの。それを応用した独特の空戦機動を持つ。「三変人」の切り込み役だが少々広い視野に欠け、戦闘で弾切れを起こした末に肉迫したネウロイのコアを「蹴って」撃破したという逸話を持つ。


◆ドミニカ・S・ジェンタイル

18歳。大尉。
リベリオン精鋭・第8航空軍のトップエース。その派手な戦闘ぶりから「ワンマン・エアフォース」の異名で呼ばれる。愛称は「大将」。
飄々とした振る舞いの内に炎のような情熱を秘め、破天荒な行動で度々リベリオン軍を揺るがすトラブルを起こしてきた。
ロマーニャ移民の家系で、幼い頃は貧困を経験している。趣味はボクシング。
ブリタニア防衛の任務で501のミーナと知り合い、人柄に惹かれると共に統合戦闘航空団に憧れを覚え、504の新設を知ると上層部と衝突の末に除隊届を叩きつけて504基地に押し掛けてしまった(除隊届は取り消しの上で正式に転属扱いとなっている)。
僚機のジェーンは自他共に認める「恋女房」。


◆ジェーン・T・ゴッドフリー

18歳。大尉。
リベリオン陸軍出身でジェンタイルの僚機にして嫁。
ウィッチ随一の「普通人」で、平凡な一般家庭に生まれ、普通学校に通い、適性試験の結果ウィッチとなった後も「優秀だが目立たない生徒」として無難な日々を送っていたが、ブリタニアに配属され、ジェンタイルの僚機を務めた事でそれまで誰も気付かなかった才覚が発露。他ではついていくこともままならない彼女の機動に驚嘆しながらも追従し、かつ的確に支援を行う働きを見せる。
以降はすったもんだありながらも公私に渡るパートナーとして彼女と行動を共にし、504への「飛び込み」にも同行した。
普通に笑い、普通に怒る、普通の性格。破天荒な相方に愚痴をこぼしながら甲斐甲斐しく世話を焼いている良妻ぶりだが、一部ではその技量は相方を凌ぐのでは…とも評されている。
性格の近いルチアナとは仲良し。


◆パトリシア・シェイド

17歳。中尉
ブリタニア空軍所属。個人戦果は目立たないが、優秀なサポート能力と広い視野を持ち、マルタ島での活躍などもあって司令のドッリオから招聘される。愛称は「パティ」。
有力な商家の出身で、幼い頃から欧州各地を転々とし、そのため社交的ながら一歩引いた距離の人付き合いを好む。
501のリーネとは父同士が学生時代のライバルという間柄。幼少の頃は家族ぐるみで交流があったが、リーネの方は覚えていない。
固有魔法は持たないが、シールド操作に天才的な素質を持ち、手のひらサイズから艦船を覆う巨大なモノまで状況に応じて即座の使い分けが可能。継戦能力が高く、防衛戦が得意。
何かにつけて器用で世渡り上手な彼女が、チョット気になる自分と対照的な相手とは……。


◆アンジェラ・サラス・ララサーバル

18歳。中尉。
ヒスパニアの精鋭「青中隊」隊長。ヒスパニア戦役で初陣を飾った歴戦の勇士。愛称はアンジー。
役人一家の出で、陽気な気風で知られるヒスパニア出身にしては珍しく寡黙で生真面目な性格。固有魔法に物体に込めた魔力を爆発させる「魔法炸裂弾」を持つ。
初陣時よりロマーニャ軍と交流が深く、504配属に際して他国人ながら「赤ズボン隊」に配属が認められたという異色の経歴を持つ。
トラヤヌス作戦では全軍の殿として獅子奮迅の働きを見せるが、結果的に隊で最も深い重傷を負い、一命はとりとめたものの後送される事となる。


◆諏訪天姫(cv.花澤香菜)

17歳。少尉。
扶桑陸軍で機材のテストなどを行っていたが、欧州の戦局変化に応じ、実戦部隊に配属。504には竹井とともに転属した。
おっとりした性格でかなりドジ。経験浅く、戦闘技術も高くない。
504配属後も機材テスト等で欧州と扶桑を行き来しており、途中宮藤芳佳に宮藤一郎の手紙を届けたりしている。
シリーズ初期のコミック、ゲームなどに出演しておりファンにはお馴染みのキャラクターだが、そのためか設定にはあやふやな部分が多い。


◆中島錦(cv.三瓶由布子)

17歳。少尉。
扶桑陸軍所属。実家がストライカー開発に携わっており、彼女自身も開発に協力していた。欧州派兵ではウィッチとしてカールスラント等の激戦区で実戦を積んだベテラン。
口は悪いが竹を割ったようなサッパリした性格。意外と綺麗好き。天姫とは訓練校での友人同士。
欧州で一撃離脱戦術を学んでおり、扶桑では珍しいズーム&ダイブの使い手。
天姫同様初期のコミックやゲームに出演している。











追記修正お願いします。
この項目が面白かったなら……\ポチッと/