世にも奇妙な天罰(名探偵コナン)

登録日:2017/05/20(金) 10:48:00
更新日:2018/03/19 Mon 23:49:37
所要時間:約 8 分で読めます





君になら必ず解決できる
胸を張れ、高木刑事!


『世にも奇妙な天罰』とは、かつて「名探偵コナン」において高木渉が解決した事件のうちの一件。
2001年11月12日にテレビアニメ第257話として放映された、原作漫画には無いアニメオリジナルエピソードである。


以下、ネタバレにご注意ください。


【あらすじ】
午前2時15分に東京西部で地震が起こった。
その日の朝、帝丹神社の神主は賽銭箱の前で気絶している一人の男性を発見した。
だが、神主は本坪鈴が地面に落ちていることに気付き、さらには賽銭箱をこじ開けようとしている跡を発見した。
その状況から、気絶している男は賽銭泥棒であり、深夜の地震で本坪鈴が頭に落ちて気絶したと判明し、そのまま犯人は逮捕された。

その賽銭泥棒の話をしているコナンと少年探偵団。
間の悪い犯人だと少年探偵団が話す中、コナンは犯人が参拝客の多い米花神社ではなく、寂れている帝丹神社を狙ったのか気にしていた。
その後、深夜の地震で困っている人がいないか調査をすることになった少年探偵団だったが、ある住宅から女性の悲鳴が聞こえた。
コナン達が駆けつけると、その家の家主である竹中武夫が、頭から血を流して倒れていたのである。

幸い竹中は命に別条はなく、病院での治療を受けた後に高木に事情を話すことになる。
竹中の話では、自宅に帰ってきた時に強盗犯と遭遇して、揉みあって相手に突き飛ばされた拍子に机に頭をぶつけて気絶していたという。
また、強盗犯にタンスに入っていた現金20万円を取られてしまい、高木は強盗傷害事件の捜査を行うことになる。
その一方で、コナンは実況見分に向かう途中の賽銭泥棒の様子を見て、強盗傷害事件と何か関わりがあるのではないかと考えていた。
はたして、強盗傷害事件の真相は――。


【事件関係者】
  • 神主
CV:塚田正昭
帝丹神社の髭を生やした神主。本名不明。
気絶していた賽銭泥棒の浦沢を発見して、警察に通報している。
今回の浦沢の事件を天罰だと面白そうに話しており、特に怒っている様子はなかった。
だが、神社自体は参拝客が少ない寂れた神社のため、賽銭箱の修理をどうするか悩んでいた。

  • 浦沢六輔(うらさわ ろくすけ)
CV:荒川太郎
帝丹神社に賽銭泥棒をしていた犯人。米花町4丁目に住んでいる。35歳。
気が小さい男だが、過去に2度空き巣で捕まっており、懲りない人間だと大谷巡査に言われていた。
帝丹神社の賽銭箱をこじ開けようとしていた時に地震が起こり、地震の拍子に本坪鈴が頭上に落ちてしまい気絶していたという。
その後、神主に気絶していたところを発見され、そのまま警察に逮捕されている。

逮捕後、帝丹神社で実況見分を行うために、大谷巡査に連れられているところをコナン達に目撃されている。
だが、高木が強盗傷害事件の捜査だという話を聞いて、浦沢は何故か驚いていた。
また、浦沢が住む米花町4丁目の近くに米花神社があり、何故わざわざ寂れた帝丹神社を狙ったのか、コナンに疑問を持たれている。

  • 竹中武夫(たけなか たけお)
CV:家中宏
強盗傷害事件の被害者。33歳。
コナンが駆けつけていた時に頭から血を流して倒れていたが、軽い脳震盪で脳波にも異常はなかった。
昨夜は会合で自宅に帰るのが遅くなり、午前2時半頃に自宅に帰ってきたときに強盗犯と遭遇したという。
強盗犯を捕まえようとしたが、強盗犯に突き飛ばされた拍子に床に転がっていた花瓶で転んでしまい、机に頭をぶつけて気絶していた。
なお、被害はタンスに入っていた現金20万円だけだったようである。

  • 戸川由紀(とがわ ゆき)
CV:伊倉一恵
強盗傷害事件の第一発見者。25歳。
竹中の婚約者であり、事件当日は竹中と共に仲人と話をしに行く予定だった。
だが、時間になっても竹中が来ず、電話も通じないため心配になって竹中の家に行ったところ、倒れている竹中を発見したという。


【レギュラー陣】
ご存知主人公。
賽銭泥棒の話を聞くが、浦沢が寂れた帝丹神社の賽銭を狙ったことに疑問を持っている。
事件の真相に気付いたものの、高木に手柄を渡すために、目暮の声で高木を叱咤することで勇気づけ、高木のサポートに回っている。

ご存じ高木君。今回は彼がメインになる。
竹中が被害を受けた強盗傷害事件の担当をしており、事件の調査を行っている。
事件について証拠などが確認できず、少々自信なさげにしていたが、目暮(コナン)に叱咤されたことで自信を取り戻し事件解決に乗り出す。

ご存知少年探偵団。
賽銭泥棒の話を聞いた後に、帝丹神社の神主に話を聞きに行っている。
その後、深夜の地震で困っている人を探している最中に、コナンと共に強盗傷害事件に遭遇することになる。
また、今回の強盗傷害事件で高木に手柄を上げさせてあげたいと思っている。

ご存知警部殿。
コナンが目暮の声を使って高木を叱咤しているが、目暮本人もエピローグで登場している。


【その他】
  • 強盗犯
竹中の自宅を荒らしていた犯人。
目出し帽を被り手袋もしていたが、凶器のようなものを持っていなかった。
竹中が帰る前に竹中の家に侵入して物色していたが、竹中が帰って来てしまい逃走しようとする。
だが、物音を立ててしまったことで竹中に見つかってしまい、揉みあう内に竹中を突き飛ばしてしまった。
その際、竹中は机に頭をぶつけてしまい気絶してしまったが、強盗犯は殺してしまったと勘違いしてそのまま逃亡したという。
なお、竹中の話では、強盗犯にタンスに入っていた現金20万円を盗まれたようである。

  • 大谷(おおたに)
CV:宮田幸孝
米花警察署の巡査。
実況見分のために、浦沢と共にパトカーで帝丹神社へ向かっていた。
高木とは知り合いらしく、高木と親しげに話をしていた。


【事件の手掛かり】
  • 強盗犯の証拠品
コナンは事件の途中で、ゴミ捨て場から強盗犯が使ったと思われる目出し帽や手袋を見つけた。
だが、強盗犯が持ち去ったとされる現金20万円は発見できなかったが、発見したゴミ捨て場は帝丹神社の目の前。
そして、コナンは帝丹神社の神主にお願いして賽銭箱を開けてもらったところ、賽銭箱の中に現金20万円が入っていた。
指紋照合の結果、現金20万円に竹中の指紋が残されていたため、竹中の盗まれた現金20万円だと判明したが、浦沢の指紋まで検出されることになる。
浦沢は午前2時15分の地震で本坪鈴に頭をぶつけて気絶していたと供述しており、強盗傷害事件のアリバイがあったように思われたが……



【以下、事件のネタバレ】






















賽銭泥棒なんてセコイ犯罪で捕まることで、
殺人なんて大犯罪の容疑から逃れられるんなら安いもんだって!


  • 浦沢六輔
強盗傷害事件の犯人。
賽銭泥棒をしている最中に本坪鈴が落ちて気絶していたと思われていたが、これは浦沢が供述したもの。
つまり、強盗傷害事件を起こした後に、天罰を受けたフリをして気絶していただけだったのである。

浦沢は働くことが嫌いで、その日の金に困っていたため、いつものように空き巣をしようと住宅街をうろついていた。
そんな中、大きな地震によって、驚いて目を覚ました住民たちが一斉に明かりをつけ始めたのである。
そして、唯一明かりがついていなかったのが竹中の家であり、浦沢は竹中の家が留守だと判断して空き巣に入ったのである。
だが、物色中に竹中が帰って来てしまい、揉みあう内に竹中を突き飛ばしてしまい、竹中は机に頭をぶつけて倒れてしまう。
前述のとおり、竹中は気絶していただけだったが、元々気が小さい浦沢は竹中を殺してしまったと勘違いしてそのまま逃走したのである。

焦った浦沢は、何とか強盗殺人の罪を逃れようと、逃げながら考えていた。
通りかかったゴミ捨て場に目出し帽などを捨てたが、殺人事件になれば警察に調べられ、自分に容疑が掛かればアリバイのない自分が犯人だと疑われる。
そんな時、ゴミ捨て場の目の前は帝丹神社であり、賽銭箱の近くに本坪鈴が落ちているところを発見した。
そこで、浦沢は賽銭泥棒を行っていた時に地震が起きて、本坪鈴が頭の上に落ちたことにすれば、地震の時に賽銭泥棒をしていたというアリバイになると考えたのである。
そして、浦沢は賽銭泥棒をしていたように偽装を行い、竹中の家から盗んだ現金20万円を賽銭箱の中に入れた*1
最後に、浦沢は落ちていた本坪鈴を手に持ち、本坪鈴に頭を打ちつけて気絶していたのである。

これらの浦沢の行動を高木が話し、浦沢は否定をせずに強盗傷害事件の犯人だと認めた。
浦沢は賽銭泥棒の罪で捕まって、殺人の容疑を逃れることができるなら安い物だと、高木に同意を求めてきた。
だが、高木は浦沢に大激怒して、浦沢も高木の言葉を聞いて素直に謝っている。


犯罪にセコイも大きいも関係ない!
全ての犯罪は許されるものじゃないんだ!

  • 高木渉
コナンのアドバイスがあったものの、自力で事件を解決した。
そして、浦沢の言葉を聞いた後に、目暮と同じように激怒した後に説教して、浦沢を反省させている。
事件解決後、エピローグで駆けつけた目暮に対して、叱咤してくれたことに対する感謝の言葉を述べていた。

  • 目暮十三
目暮の声はコナンによるものなので、目暮は高木に感謝されたことを不思議そうにしていた。
そして、少年探偵団から照れているのだと勘違いされ、少年探偵団に部下思いだと言われて、ますます不思議そうにする目暮だった。



追記・修正は賽銭泥棒をしない方にお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/