イニシャルズX(デュエル・マスターズ)

登録日:2018/05/12 (土) 22:55:21
更新日:2018/05/12 Sat 23:07:31
所要時間:約 4 分で読めます






ドルマゲドンXによって、禁断の力を埋め込まれ漆黒の体を手に入れたイニシャルズ。

その名も、イニシャルズX!




イニシャルズX(エックス)とは、デュエル・マスターズの種族である。

概要


革命ファイナルから登場した特殊種族。

名前から分かるように種族カテゴリにおけるイニシャルズの派生種族にもなる。
後述する背景ストーリーや種族コンセプトの都合から、現時点では闇/火の多色か闇単色にしか属していない。

種族名の表示のX文字はドルマゲドンX仕様の禁断文字のXで表記されているが、本項目名は英数字のXで表示する(表せないからね……)。
名称ルールは「終断○(〇に禁断文字のギリシャ文字) ドル〜」となっている。

背景ストーリーでは、ドルマゲドンXによって強化されたイニシャルズという設定。
禁断の力を埋め込まれた事で漆黒の体に変化したようで、実際にイニシャルズXに属するクリーチャーは基本デザインカラーは黒色ベース。
しかし、ドルブロなどを見るとデザインカラーは意外と様々な色を使っているので、言う程漆黒さは感じない。
それにしても禁断の力を使って黒色になって強くなるっていう設定、どこかの特撮作品でも見たような……。
革命ファイナルのストーリーでも、禁断の星に向かう革命軍を相手にマスター・イニシャルズと共同で立ち塞がった。

種族の特徴は、背景ストーリー設定に沿ってドルマゲドンXとのコンビネーションを前提とした設計になっている。
つまりドルマゲドンXのためだけに用意された専用サポート種族と言っても良い。
禁断解放が可能なように、5コストのイニシャルズXはソニック・コマンドも兼ね備えた複合種族クリーチャーである。
最終禁断フィールドの存在を前提としているため、フィールド系統のカードと連動して動けるような能力を持つカードが多い。

そのために、基本的に活躍する場もドルマゲドンXを投入したデッキでが殆どになるかと思われる。
ただし、イニシャルズXは「フィールド」が場にあれば力を発揮できるので、今後フィールド系カードの大部分を占めるD2フィールド以外の新たなフィールドが登場すれば、更に評価される可能性も残している。
しかし悲しいかなこの種族、設定を考えると今後の新規登場は相当厳しい面もある。

ちなみに、名称の設定がどうしてもサバイバーを連想してしまうという古参プレイヤーもいる。


主なカード

終断α(アルファ) ドルーター UC 闇/火文明 (2)
クリーチャー:イニシャルズX 1000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに自分のフィールドがあれば、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうしたら、カードを2枚引く。
フィールドがあればcipでクリーチャー版及びイニシャルズX版《勇愛の天秤》と化すクリーチャー。

その《勇愛の天秤》がライバルになるというのは悲しいが、クリーチャーを残しつつドルハカバ仕込みを出来ると考えると悪くない。
禁断爆発して最終禁断フィールドが消滅すればただのバニラと化す点は、ドルマゲドンXの捨て駒らしさを感じられる。

終断β(ベータ) ドルドレイン C 闇文明 (3)
クリーチャー:イニシャルズX 3000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに自分のフィールドがあれば、そのターン、相手のクリーチャーすべてのパワーを-1000し、自分のクリーチャーすべてのパワーを+1000する。
フィールドがあれば軽めのパワー低下と味方のパワーアップをしてくれる小技職人みたいなクリーチャー。

能力自体は低コストクリーチャーとしては十分悪くなく、序盤の雑魚を焼き払うのにも役立つ。
だが、軽いコストという点で禁断の封印解除が不可能なので、ドルマゲドンXのデッキに入れるには辛いという点は痛い。

終断γ(ガンマ) ドルブロ C 闇文明 (5)
クリーチャー:ソニック・コマンド/イニシャルズX 3000
S・トリガー
ブロッカー
このクリーチャーがバトルに勝った時、このクリーチャーを破壊する。
S・トリガー+逆スレイヤー+ブロッカー+闇コマンド

相手ターン中に禁断の封印を外せるという点が魅力的で、最終禁断フィールドのスレイヤー付与と合わせたら厄介な壁にもなれる。
ドルマゲドンXとの連動抜きで見ても、殴れるブロッカーという点から《S級不死(ゾンビ) デッドゾーン》といったバイクデッキでも運用可能。

終断δ(デルタ) ドルハカバ UC 闇/火文明 (5)
クリーチャー:ソニック・コマンド/イニシャルズX 3000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
スピードアタッカー
バトルゾーンに自分のフィールドがあれば、このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。

フィールドがあれば墓地から召喚できるという破壊耐性の強いスピードアタッカー

封印を外すのに役に立つのは勿論、手札枚数に縛られず即動けるクリーチャーを出せるという部分が超強力。
相手のデッキ次第では墓地から何度も蘇るコイツには頭を悩まされることになる。
更にS級侵略との相性は抜群で、デッドゾーンを投入するデッキなら採用を考えておきたい。






管理人によって、メンバーアカウントの力を埋め込まれ漆黒の追記・修正を手に入れたWiki篭り。
その名も、Wiki篭りX!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/