猿蟹合戦(芥川龍之介)

登録日:2019/08/17 Sat 01:08:23
更新日:2019/08/19 Mon 16:19:57
所要時間:約 3 分で読めます






日本でよく知られる昔話、「猿蟹合戦」。


芥川龍之介はその後日談を1923年に書いている。
しかしこの話、あの芥川版桃太郎と同様にかなりノリが狂気じみている。



握り飯を奪った猿への復讐を臼・蜂・卵(!?)と共に成し遂げた蟹だったが……?
御伽草子風の話からいきなり近現代の風景に代わっているのは秘密。


【あらすじ】



復讐を遂げた蟹達がその後どうなったか知っているだろうか?
一般的な人たちは各々が元の生活に戻ったと考えているだろうが、それは誤りである。


なんと彼等は復讐の後に警察に捕縛され、しかもその後の裁判で主犯の蟹は死刑に、その他の共犯3人は無期懲役に処せられたのだ。


理由としては

  • 猿と蟹の間には握り飯と柿の交換において文書のやり取りを交わしていない(蟹の証言では証拠にならない)
  • 仮にそれが本当だとしても熟した柿と断っていない為、猿側の行為に落ち度があったとは考えにくい。


というものが上がった。
こういった事情から、被告である蟹側には「己の無知と軽率が原因」とされて同情の声も殆ど上がらなければ、学者からの見解も辛辣なものばかり*1
敏腕とされる弁護士にも同情を誘う以外の選択が取れず、「あきらめ給え」とさじを投げられてしまう*2


一見するとあまりにも不条理かつ理不尽な理由で蟹達が刑罰を受けているようにも見えるため、読者は可哀想に思うかもしれないが、世論は「蟹の死は当然である」としてその刑を是とした。
現に死刑の行われた夜、関係者のほとんどは約2日間熟睡したそうである。寝てねぇで仕事しろ。
その上皆夢の中に天国の門を見て、「封建時代の城に似たデパアトメント・ストア」の様な天国を見たらしい。




さて、仇討ちに直接参加した者達の刑は決まったが、その周囲の人物である蟹の家族はどうなったのか?
結論から言うと、不条理の煽りを受けたかのように一家全員がバラバラの道を進んでいた。

まず蟹の妻は売笑婦となった。しかし理由は判然としていない。(作中では貧困説と性情説に分かれていた)

続いて蟹の長男だが「翻然と心を改めた」として株屋の番頭をしている。この蟹はある時自分の穴へ、同類の肉を食うために怪我をした仲間を引きずりこんだ。*3

そして次男の蟹は小説家になった。
女に惚ほれるほかは何もしていないが。父蟹の一生を例に、「善は悪の異名である」などと、好い加減な皮肉を並べている。

最後に三男の蟹だが、この蟹は愚物で器用な立ち回りが出来なかったらしく、母や兄たちと違ってただの蟹にしかなれなかった。
特に何か意味を求めずに歩いていた所、地面に落ちていた握り飯を発見。好物だったので拾い上げたが、その近くにある柿の木の上には体についた虱を取っていた猿がいた……。

どう足掻いてもバッドエンドなその先を予想されつつ芥川は「その先は話す必要はあるまい。」とした上でこう締めくくった。

とにかく猿と戦ったが最後、蟹は必ず天下のために殺されることだけは事実である。

語を天下の読者に寄す。君たちもたいてい蟹なんですよ。




追記・修正は復讐を果たした上で浮上に駆られないようにお願いします。




この項目が面白かったなら……\ポチッと/