レグアンカー・ザ・ゲルロイド

登録日:2020/05/21 (木曜日) 20:20:49
更新日:2020/05/22 Fri 15:04:09
所要時間:約 3 分で読めます





やれやれ…ようやく大人しくなりおったか
海の底で反省するがいい

「レグアンカー・ザ・ゲルロイド」とは「ロックマンゼクス」のボスの一体である。

CV:龍谷修武

性別は雄で一人称は「ワシ」。ライブメタル・モデルLの力を司る。

デザインモチーフはクラゲだが、図体がでかいことと頂部の形がイカに見えることで、ぱっと見はクラゲだと分かりずらい
(一応、このステージの背景にはクラゲ型のモニュメントがあるのだが)。
よく見ると、顔の部位が二つあることが分かる。
会話グラフィックは上の顔で表示されるが、下部分の口は攻撃用と使い分けている様子。
この造形について、当のモデルLからはルアールに引き続き「気味が悪い」と辛口な評価になっている。

頭部に大きなスクリューを搭載しており、このスクリューがモデルLの力を持った弱点部位。

ボディの大きさが示すように機動力は高くなく、戦闘中でも立ち位置を変えることは全くない。
その一方で豊富な遠距離攻撃を駆使して、戦闘時には機動面の弱点を補っている。

年寄りのような口調で、「ヒトとしてもロックマンとしても若すぎる」プレイヤーを諭すように喋りかけるが
あまりに行儀が悪い相手には実力行使で分からせる強硬派でもある。


【ボスとして】

ガーディアン調査隊のディスクを、エリアJの海底トンネルを使ってセルパン・カンパニーへ輸送する最中にプレイヤーと鉢合わせる。
なぜ移動が不得意そうな彼にやらせたのかは不明。
レグアンカーは最初こそ穏便な対応をしていたが、話が通じない相手と知るや否や力づくで排除を試みる。

戦闘面においては本作フォルスロイドの中でも最弱と名高い。
具体的な問題点は「各種攻撃範囲が狭い」「各種攻撃が単調」であるところか。
図体はデカいのだが、中央の太い触手(口腕?)は接触判定が無いので、接触ダメージは案外喰らわずに済む。

ではフランマールのように「ただ倒すだけなら易しいが、弱点を攻撃しないLv4撃破は超難関か」と言われれば
そんなこともなく、むしろLv4撃破の難易度も全フォルスロイド中で最も易しい。
というのも弱点のスクリューがボディの上の方にあるので、わざわざ壁蹴りしないと届かないので手間がかかる。
モデルFXでボディ下からバスターを乱射したりZXやLXのセイバー乱舞でLv4撃破はあっさり達成できる。
弱点に攻撃しづらいことで感謝されるのもこいつくらいだろう

つまるところ、レグアンカーもロックマン恒例の「おつむが凍った氷属性」であった。


【技】

  • アイシーアンカー
「悪い子だ」
四本のアンカーを伸ばして攻撃。刺された床や壁は凍結する。
攻撃軌道が固定なのでエリア中央と右下左下が安全地帯だが、凍結による移動の障害がある。
炎属性攻撃で氷は溶かせるが、わざわざ溶かすまでもない
ガード判定のあるアンカーが離れるので本体に攻撃を当てやすくなり、利敵行為ですらある。

  • シーミキサー
「お仕置きだ!」
頭部のスクリューを開けて、渦潮を八の字型に発生させる。
ひたすらダッシュするだけで難なく回避できる。

  • デススティンガー
「見つけたぞ」
サーチライトでプレイヤーの位置を確認し、ピンポイントにアンカーで攻撃。
あれ、じゃあ今まではどうやって捕捉してたの?
サーチライトから攻撃まで猶予があるので、サーチライト直後にダッシュで回避。

  • ヴォミテッド・ドラゴン
「ファッファッファッファ…」
水中にいるとき、小型の氷ドラゴンを二体召喚する。
放っておくと凍結されたり付きまとわれたりとかなり厄介だが、耐久力は高くなくチャージバスターでまとめて葬れる。
ちなみに水上までは追ってこない。

  • リトルメデューサ
「ファッファッファッファ…」
水上にいるとき、小型のクラゲを二体召喚する。
プレイヤーを対象に球を発射するが、耐久力も低いうえに勝手に自爆する。

  • ハイウェーブ
「ぬぉぉぉ…ムハーッ!」
水上にいると使用してくる大津波。
あの巨体を持ち上げ、そこから落下の勢いで波を起こすダイナミックな攻撃。
水面から下にいれば攻撃は当たらないが振動で足止めされる。


【撃破後】

なぜ…そこまで戦える…! なぜ…そこまで命を懸けられる…!

……………………

これが……“若さ”というものなのか……!

撃破されたときのセリフからはプレイヤーへの恨み節は感じられないが、
再戦時での、どこかで聞いたようなセリフから推察するに利かん坊のプレイヤーに対して呆れたのかもしれない。
ともあれ、これにてデータディスクは無事に奪い取れたのだった。

撃破することでモデルLのパスコードとチャージ攻撃「氷龍」を取り戻し、本来の状態に戻る。
しかし「氷龍」は射程距離が短く攻撃面ではやや不便。ブンブンとセイバーを振る方が手っ取り早い。

ちなみに続編「ZXA」に登場するバイフロスト・ザ・クロコロイド
巨大な氷属性ボス、口調が年寄りっぽい、フォルスロイド内の比類なき弱さなど共通点が多い。


君もアニヲタwikiと一つになってみるといい……きっと分かるはずだ…
我らの…追記修正すべき項目がな……

この項目が面白かったなら……\ポチッと/