ガンファイターのび太(ドラえもん)

登録日:2022/01/18 Tue 14:43:22
更新日:2022/02/18 Fri 15:51:42
所要時間:約 5 分で読めます





モルグ・シティのならず者を、たったひとりでとらえた、謎のガンマンの伝説があるの。


「ガンファイターのび太」は『ドラえもん』のエピソード。
「小学五年生」1980年4月号掲載、てんとう虫コミックス24巻収録。

●目次

【あらすじ】

ここは西部劇のような町並み。
四方八方から迫りくるならず者の銃撃を、こちらも鮮やかな銃捌きで四方八方から制していく者がいた。

やったあ。パーフェクト三万点!
「ウエスタンゲーム」の世界最高記録だよ!きみは、射撃とあやとりの天才だ。

のび太ドラえもんが出してくれたゲームで前人未到の記録を叩き出したのだ。

じつにふしぎだ!ほかになんのとりえもない。
頭も悪い、勉強もだめ、のろまでぐずで……。

短所と比較してのび太の銃捌きをベタ褒めするドラえもん。

だけど、ほんとにそうだ。もしぼくが、西部劇時代のアメリカにうまれていたらなあ…。
きっと拳銃王として、歴史に残るような活躍をしたと思うよ。

だが、ドラえもんは「きみは、おくびょうだから。うちあいが始まると、にげるか気絶するか…。」と一笑に付して去っていった。
怒ったのび太はタイムマシンで1880年代のアメリカ西部に向かうことに。
無論ちゃんとほんやくコンニャクも持参済みである。

のび太が降り立ったのは気味の悪い墓場。
そこを抜けると、今にも一人の保安官が数人のならず者達と本物の決闘を始めんとする所であった。
そして轟く銃の音、のび太は案の定気を失ってしまった。

時を同じく、ドラえもんはゲーム用のおもちゃの銃で勝手に西部劇時代に向かったのび太にキレていた。
タイムテレビで探し当てようとするもどの年代かは見当もつかず、そもそもタイムマシンがないため万事休すとなってしまう。

水をかけられて意識が戻ったのび太。
そこはモルグ・シティの町長の家、その娘も一緒である。

子どもがこんなところをうろついてちゃ、あぶないぞ。

けがのないうちに、おうちに帰りなさい。

話を聞くと23人もの保安官が犠牲になったといい、直後に町民が別れを告げに来る。
町長は引き止めるが、町民は「むこうは命しらずのあばれ者を、何十人とやとってるんだ。かてるわけがないさ。」と去っていった。

わしはにげんぞ。ひとりになっても、町を守ってみせる!

意を決して名乗り出るのび太。しかし当然相手にされるはずがなく、ホッとするのだった。おい
元の時代へ引き返そうとするも、ブレーキをかけ忘れてどこかへ流れていったと見え、タイムマシンの入り口はどこにも見当たらなかった。

ワー
帰れない、どうしよう。

ドラえもんに助けを求めるものの、町には銃を乱射して乱暴狼藉を働くならず者達の姿が。のび太は縮こまってしまった。
ホルスターを携え、決闘に臨む町長。

わしは町長だ!この町を守る義務がある。

そこに現れたのび太。町長の銃を取り上げ、「ぼくが相手だ!」と名乗りを上げた。

町長と娘の目の前を無数の銃弾が飛び交い……

ならず者は血飛沫を上げて落馬した。

ワー ワー ワー ワー

忽ち歓声が上がる。ところが……

血が……、ぼくのたまがあたって血がでた!

あたりまえだろ。

再び気絶するのび太。

強いのか弱いのか、さっぱりわからん。

その夜。「保安官になる自信なんてない」とゴネるのび太だが、華麗な銃捌きを目にしてしまった町長と町民たちは一所懸命に頼み込む。

だって、ぼくにうたれたら痛がるでしょ。悪くすると死んじゃうかも。

相手は、悪者どもだよ。わしらも手伝うから。

留置所で処刑を待つ二人のならず者だが、その顔には余裕の笑みが浮かんでいる。

フン、このまますむと思うのか。
仲間がだまっちゃいないぜ。
みんなでおしかけてきて、この町のやつらをみな殺しに……。

その様子をハート柄のスカーフで顔を隠した小太りの人物が聞いている事も知らずに……

のび太に呆れたのか、町長の家にいた町民たちは皆去っていってしまった。
そこへに乗ったならず者たちが大挙して押しかける!

ざっと三十人…。
わあ~、三百人ほどきた。

のび太と町長は屋根の上で待ち伏せし、町の入口に差し掛かった奴らを一斉に狙い撃つ作戦に出た。
だがならず者たちはこれを看破。各々の建物に隠れ、背後から町長に近づく。

町長さんあぶない!

のび太決死の銃撃で一命を取り留めた町長。
だが運悪く弾切れを起こしてしまい、そこをならず者に見つかってしまう。
のび太の胸元めがけて飛んでくる銃弾!

や、ら、れ、た!

かと思われたが……なぜか銃弾はノロノロと飛んでいる。
そこへ現れたのは先ほどの小太りの人物……ドラミちゃんであった。

「驚時機」*1のはたらきよ。のび太さんのまわりの時間がゆっくりと流れているの。

彼女は兄の元へ遊びに来た際、その一部始終を聞いたという。
ドラミちゃんは丸一日眠り込んでを見るひみつ道具「ドリームガン」をのび太に渡した。
相手を殺す事がない銃を手にしたのび太を前にならず者が相手になるはずもなく……

ピンポロン

グウ…。

この後永遠にGOOD☆NIGHTするとも知らず、幸せそうに眠りこけるならず者ども。
町長は娘の元へ向かった。

もうだいじょうぶだよ。ノビータがひとりで三十人をねむらせてくれたんだ。

ノビータはどこ?

そういえば……。

二人はのび太の姿を探すも、どこにもいない。

ふしぎな少年だった……。
わしらをたすけるため、遠い星の国からきてくれたのかもしれないね。

のび太はドラミちゃんのタイムマシンで元の時代に向かう所だった。
ドラミちゃんは現在もモルグ・シティを救ったガンマンの伝説が残されており、それがのび太だと話す。

数日後、のび太はジャイアンスネ夫とガンマンごっこに興じていた。
ジャイアンの銃撃に倒れるスネ夫だが、のび太は意地でも倒れない。

だって!だって!ぜったいにぼくがまけるわけないんだもの。

泣き叫ぶモルグ・シティの英雄を殴りつけるジャイアン、その様子を見に来たドラえもん、そしてこのセリフを呟くスネ夫の姿で物語は幕を閉じる。

のび太が強情をはるなんて、めずらしい。

【アニメ版】

どの放送でも、のび太の救出にドラえもんも同行している。

◇大山版「ガンファイターのび太」

1987年4月3日、TVスペシャル「春だ!一番ドラえもん祭り」の1話として放送。
馬に乗るならず者二人(トムとジェリーという名前が付けられている)に対しては自分が持ってきたおもちゃのプラスチック銃で馬の鼻の中に弾を命中させて暴れ馬にすることで二人を制圧する流れ。
実銃は、いざ使おうとした際、よりにもよって二丁拳銃でやろうとして重すぎて撃てない流れとなった。
ならず者の首領とその腹心は、ジャイアンとスネ夫そっくりのジャイゴとスネーク、町長の娘はしずかそっくりのシャーロットとなっている。
原作ではのび太がドリームガンを受け取った後、マッドウォッチを解除する描写は無かったが、アニメではのび太が「もう動かしても良いよ」と言い、ドラえもんが呆れながら解除している。
スネークは銃での戦いに負けた上に素っ裸にされた状態で眠らされた。
ジャイゴは無双するのび太に不意打ちを仕掛けようとするも、ドラえもんのこけおどし爆弾で妨害され、怒ってドラえもんの持っていたドリームガンを奪ってしまう(自分の銃は無くしていたらしい)。その後はのび太と早撃ち対決をして敗北した。

◇わさドラ版「宇宙ガンファイターのび太」

2008年2月8日・15日放送。宇宙が舞台となった。
正義のスーパーヒーロー 行け!ノビタマン』で登場した、しずか・ジャイアン・スネ夫そっくりなシズラー・ジャイラー・スネラー3人が再登場。ノビタマンでは敵だったが、今回は(一応)味方。

◇わさドラ版「ガンファイターのび太」

2018年1月12日、前後編として放送。
ならず者の一味に「ワイルドパンチ」という名称が付いた。実在の強盗団「ワイルドバンチ」のもじり。
ゲスト声優は町長役に玄田哲章、町長の娘ベス役に三森すずこ、殉職する保安官役に小杉十郎太、ならず者のキット役に白石稔のび太より強そう非常に豪華な顔ぶれ。
また、流血表現を避ける為、原作以上にのび太が銃で相手を傷付ける事を恐れており、最初の戦いではならず者の銃だけを吹っ飛ばす、決戦時もドリームガンを手にするまではのび太がその場にあった弾薬の箱を撃ってならず者を転ばせる、傍にあったバケツを蜂の巣にして一味の馬を驚かしけしかける等、銃弾を人に当てずに戦闘不能にする展開となっている。
銃を捨て降参したフリをして隠し持ったナイフで騙し討ちを仕掛けたボスのナイフを撃って眠らせ、続け様に22発のドリームガンをぶち込んで黙らせたり、ワイルドパンチが全滅するや否や隠れていた町人が一斉に顔を出し喜んだのを見てのび太が泣きながら一喝するシーン等、ならず者のボスとの対決や町を去るまでの展開も追加されており、この時ののび太の訴えが通じたのか「その後安全で住みやすい街になった」と謎のガンマンの伝説で語られている。


アニヲタWikiの荒らしを、たったひとりでとらえた、謎のWiki籠りの伝説があるの。
のび太さんのことよ。

ほんと!?

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年02月18日 15:51

*1 初出版では「マッドウォッチ」