君よ知るや南の獄

登録日:2011/07/15(金) 18:31:47
更新日:2018/03/19 Mon 10:37:20
所要時間:約 4 分で読めます




戦争が終わった。
だが、『南の島』にはまだ地獄が残っていた。





田亀源五郎作の長編ゲイ漫画。

太平洋戦争終結直後の南の島を舞台に、部下のため米兵に体を差し出した椿中尉の運命と彼に関わった人々の人生を描く。

田亀氏みずから、
「ある意味で私の集大成でありゲイ・ポルノグラフィーの持つ可能性の極北」
と称する作品であり、
捕虜収容所という特殊環境でのレイプ・拷問・スカトロ・恥辱とプレー的にも盛りだくさんの内容ながら深い心情描写を備えた感動作。
ゲイ漫画界の巨匠の名に恥じない傑作である。


《あらすじ》
1994年、ジャーナリストの松永は戦後すぐG島の捕虜収容所で起きた「ある事件」を調査するため収容者の生き残り三上老人に取材を申し込む。

松永は当時の収容所長ハワード少佐との面会を要求した三上を伴ってアメリカへ渡るが、三上は突如ナイフを抜きハワードと松永を拘束する。

「49年前 G島で何があったのか全て話してやろう この男に自分のしたことをはっきりと思い出させるために……な!」


《登場人物》
◆椿清隆中尉
G島収容所に収容された日本軍将校。
マラリアに侵された三上を助けるためにハワードに凌辱されてしまった。
一度限りのはずが他の米兵たち、さらに秘密を知った捕虜仲間にまで犯され、軍人の誇りを胸に耐え続ける。
「将校は部下を守るべきだ」との信念を持ち自分を犯した曽根崎たちさえ庇う高潔な人物だが、
快楽に狂わされていく肉体と精神のはざまで引き裂かれ悲劇的な最期を迎えることになる。

「せめて……この収容所の連中だけでも……一人でも多く元気で日本の土を踏ませてやりたい……!」
「『自分はチンポ吸いが大好きなオカマです! どうか少佐のチンポをしゃぶらせて下さい!』」


◆ウィリアム(ビル)・ハワード少佐
G島捕虜収容所長。
椿を犯し、再びマラリアが流行すると捕虜全員分の薬と引き換えに椿に無条件降伏……完全な奴隷となることを承諾させる。
残酷な方法で椿から男の誇り、軍人としての誇りを奪うが、全ては椿を自分の物にしようとする歪みながらも純粋な愛ゆえの行為だった。
50年間椿を死に追いやったことを悔やみながら孤独に生きている。

「おそらくこれが俺に下された罰なんだろう 赦しも裁きも与えられずただ後悔の中で生き続けることが」


◆三上晋平伍長
椿中尉の部隊ただ一人の生き残りだった。マラリアで死にかけるが椿がハワードから受け取った薬で命を救われる。
自分を助けるために椿がどんな目に遭ったか知らず結果的に椿をさらに追い詰めてしまう。
松永との出会いで永い年月に埋もれかけていた復讐の誓いを甦らせ、ハワードに刃を向ける。

「あいつはずっと独りだったというのか? 俺が中尉殿を忘れかけていた間も……、50年間ずっと独りで……あの椿の木だけをみつめて……」


◆榊原軍曹
椿中尉・三上と同房の衛生兵。
英語が堪能なことからいち早く椿の置かれた状況を知るが何もできない無力感に苛まれる。
なぜかAAがある。


◆曽根崎上等兵
椿中尉たちとは別房の捕虜グループのリーダー。
兵士を顧みない軍隊組織を憎んでおり、椿が部下の三上を助けた噂を聞いて尊敬を感じていた。
しかし椿が米兵に奉仕している現場を目撃、愛憎半ばする感情に狂って仲間と共に椿を犯す側に回ってしまった。
のちに改心するが自分たちを庇って拷問される椿の姿に耐えられず米兵の前に飛び出し撃たれる。


◆スコット軍曹
ハワード少佐の部下の黒人兵士。巨漢で巨根。
はじめは少佐に隠れて椿をレイプしていたが、許可を得て椿の調教を手伝う助手を仰せつかった。
ハワード以外で椿の死の真相を知る唯一の人物であり、50年間守ってきた秘密を手記にまとめてハワードに送っていた。


◆松永
戦後世代のジャーナリスト。
G島の事件を記録に残そうと取材していたが真実のあまりの重さに断念する。



君よ知るや、追記の国。
修正へ! 修正へ!
君とともにゆかまし。
あわれ、わがいとしき人よ。

~「ミニヨンの歌」ゲーテ~

この項目が面白かったなら……\ポチッと/