シ=ギーラム事変
sha-gi^lam belpangs
年月日:1618年3月9日 - 14月1日
場所:ニーネン=シャプチ、シ=ギーラム
結果:ケルスト合意による停戦。ニーシャ側のシ=ギーラム領有を認める
交戦勢力
ニーネン=シャプチ ジエール帝国連邦
招民院星系軍艦隊
シ=ギーラム居住星防衛隊
帝連第二遠征艦隊
指導者・指揮官
サグナサグトーチェ=パナジェン ケルスト・ユガウトラ・ウュス
戦力
ニーネン=シャプチ ジエール帝国連邦
ウィジャナスラナント級戦艦ヴァジャダーム
スレトマナン級シュトム 2隻
ナイユス級哨戒艦 12隻
シャーガフ級戦艦 1隻
ツェルヨム級母艦 1隻
ルーンヒン級巡洋艦 3隻
ディラーフェンナーユニス級巡洋艦 4隻
損害
ニーネン=シャプチ ジエール帝国連邦
ナイユス級哨戒艦4隻
戦死43名
シ=ギーラム事変
サナシュ軌道上の戦い、シ=ギーラム軌道上の戦い

 シ=ギーラム事変(檀語sha-gi^lam belpangsh)は1618年に発生したニーネン=シャプチジエール帝国連邦間で発生した武力衝突ならびに領土画定問題である。


シ=ギーラム事変までの経緯


事変の経過

 元々シ=ギーラムは地表面に住んでいない惑星であったことから、シンテーアが無人惑星であると誤解したことが原因だった。シンテーアが調査して回っていた頃、ニーネン=シャプチでは調査船であることは判明していたが、どこから来た調査船であるかまでは特定できず、対処は保留となっていた。シンテーアがシ=ギーラムを辺境領土として組み込むべく進駐すると、シ=ギーラムの一部の融和的な現地住民がシンテーア人を歓迎するが、一方で大体数の現地住民は

今後への影響


国際社会の評価


関連項目