レイヴァー・ド・スキュリオーティエ・ア・シェルト-アンギル・レリーユ
淮語: Laiyva de Skyliautie ats Chailté-Angilé lailiy
理語転写: Leyvar de Skyli'orti'e xelt-an'gil leliry
理語: Skurlavenija skurlavenija levia fon skurle for xelt-an'gil
レイヴァー・ド・スキュリオーティエ上級大佐
生年月日 ピリフィアー歴1976年
5月26日生まれ
出生地 デーノ共和国 
ナジャールト
民族 ヴェフィス系ヴェフィス人
最終学歴 ヴィンスユンク海軍研究院
所属組織 ユエスレオネ連邦宙軍
最終階級 上級大佐(Paskeffesnej'd Sviarskajt)
勲章 アレン防衛者勲章
革命英雄闘士勲章
連邦軍人民防衛者勲章
渾名 幽霊(Linorz)

レイヴァー・ド・スキュリオーティエ・ア・シェルト-アンギル・レリーユ(Laiyva de Skyliautie ats Chailté-Angilé lailiy)はファルトクノア共和国の将校。ケートニアーであり、連邦海軍少佐であったが、エミュンス歴1777年12月25日の宇宙戦艦イェスカの就役に合わせてユエスレオネ空軍宇宙空間特殊作戦独立中隊(後の宙軍)上級大佐に昇進し、イェスカの終身艦長となった。名前に含まれるア・シェルト-アンギルはシェルト・アンギル領主を指しており、スキュリオーティエ本家を意味する。


経歴

幼年時代

 レリーユは1976年5月26日に旧デーノ共和国の大都市ナジャールトでスキュリオーティエ家の双子の三男として生まれる。母アルフィア・ド・スキュリオーティエはスキュリオーティエ家の当主であり、父はデーノ海軍大尉であるアルギアンティア・ド・スキュリオーティエであった。母はスキュリオーティエ叙事詩にも登場する英雄家スキュリオーティエ家の直系の血筋の当主であり、父も第一次ホメーンアッシオ戦争やレアディオブルミッフェル戦争などで連勝を収めた名将であった。しかしながら、レリーユは当主継承権順位一位の長女と継承権順位二位の長男に比べて両親からは無視されがちであった。スキュリオーティエ家の伝統的な親戚集団であるタミア集団からはスキュリオーティエ叙事詩に存在しない三人目の継承権保持者であるレリーユの存在を揶揄して、「居ない者」を表す『ル・ヴァル・フェレ・ヌ』(Le var-faile-ne)と呼ばれ家族にも親戚にも存在を疎まれた。レイヴァーという名前自体もシェルトアンギル公国時代に出来た分家スキュリオーティエ・エトワロー家の最初の当主レイヴァー・ド・スキュリオーティエ-エトワロー・ア・シェルト-アンギル・レリーユ(Laiyva de Skyliautie-aitoilaut ats Chailté-Angilé Lailiy)を元にしたものであった。
 1973年(7歳)の時に結核を発症し、療養のためにナジャールトから遠く離れたクライエスト島で一年過ごした。療養の場では看護師や医師にスキュリオーティエ家であることをちやほやされたが、結局レリーユ自身のことは誰も気に留めてくれなかったと後に話している。1974年(8歳)に結核を完治し、両親の元へと戻る。家庭教師を付けられるが、病弱なレリーユは病気を繰り返し、まともに勉強が進められなかった。これに憤慨した両親はレリーユを何をやっても駄目だと見做し、分家のスキュリオーティエ・エトワロー家に送って縁を切った。分家に送られたレリーユは本家に居たときとは全く異なり、自由に外に出ることが出来たためすぐに病弱な体質を克服した。分家の親族は一代目当主と同じ名前で本家から見放されたレリーユに多大なる愛を注いで育てた。レリーユは分家の育て親となってくれた人々には表しきれない感謝を感じていると後に述べている。だが、彼は見放されてもなお、軍の英雄である父親に憧れており、デーノ軍の陸軍士官候補生を目指し、個人的な修練を積むようになった。

青年時代

 1984年(18歳)でヴィンスユンク軍事大学に首席で入学、第一次ホメーンアッシオ戦争やレアディオブルミッフェル戦争、Xelkenによるラメストテロ攻撃の研究を中心に戦術研究を行った。戦術研究の傍らでは、最新兵器であるところのLPF-82 アルザッツァなどの自動火器に興味を持って造兵廠に通ってその設計を学ぶなど生真面目な性格から他学生からは「何処にでも居るやつ」(var faile ats jenfais alliais)の省略でファージャ(FAJA)と呼ばれていた。大学では貧しい生活を余儀なくされ、この頃のレリーユはアルバイトで物書きをしていた。多数の論文のほか、翻訳を主に出版していた他にスキュリオーティエ本家で習った詩学を元に詩を雑誌などに投稿していた。そのときのペンネームはル・ヴァルフェレーヌ(Le varfailene)であった。
 1988年(22歳)で大学からは卒業し、デーノ陸軍士官候補生としてヴィンスユンク陸軍士官研究院に入学しようとしたが、誤ってヴィンスユンク海軍士官研究院に入学してしまう。レリーユは父への憧れから陸軍を目指していたものの、正直軍に入れればどこでも良いとまで考えており入学を取り消しはしなかった。この考えは後に初の宇宙戦艦艦長となる兆しとなっていた。レリーユは研究院では軍事大学での戦術研究を水上戦闘艦の戦術に活かすための研究を行っていた。1990年(24歳)にヴィンスユンク海軍研究院を卒業、その研究功績が認められてデーノ海軍中尉になり、駆逐艦の航海長として着任した。1992年(26歳)にデーノ戦争の保護国となっていたレアディオ共和国の反攻戦争である第二次ホメーンアッシオ戦争が勃発する。レリーユは訓練行動中にレアディオ軍に砲撃を受けた際に艦長の殉職後、艦隊の指揮を受け持って安全に退避させ、全く被害を出さなかった功績を認められて海軍大将に内地教育役を任命されたが、敢えてこれを拒否し国のために戦う道を選んだ。二年間、目まぐるしく多くの経験を積んだ後に1994年(28歳)に海軍大佐に昇進し、巡洋艦レナシェモー(renaxemor)の艦長となった。艦隊戦力補助や通商破壊作戦、沿岸警備作戦に数多く従事し、被発見率の低さで幽霊艦長(linorza'd dzeparfiurme)の名前で呼ばれることになった。レリーユの統率する巡洋艦レナシェモーは敵国レアディオの兵士に「こちらは人間が戦っているのにあっちは幽霊が戦っていて勝ち目があるか」とまで言わしめ、そのキルレシオは恐れられることになった。しかし、1997年(31歳)の通商破壊作戦中に被弾し、航行不能になった。艦隊はレナシェモーを見捨てて逃亡した。レリーユ含め副官はレアディオ共和国の捕虜となったが、下士官以下はレリーユの指令に従って脱出したため多くが本国に戻ることが出来た。ユエスレオネが成立するまでの二年間はレアディオ共和国の捕虜収容所に収容されていた。

旧政府軍からユエスレオネ陸軍へ

 2000年(34歳)にエルフ熱パンデミックとモンスターの発生が起こるとユエスレオネに避難してアル・シェユに定住するようになる。デーノ国軍に所属していた優秀者であったこともあり、陸軍少佐としてアル・シェユ政府軍に所属していた。ファールリューディア・クワク革命戦争では、ファールリューディア統一戦線の大隊司令官としてクウェーティ包囲戦で活躍した。濃い霧の気象通報を駆使して対抗する共産主義ゲリラを欠損を抑えながら、全滅させた。鳥戦争では地上管制軍第105地上調査隊および地上管制軍第105戦略調査隊による第263回地上戦略調査にアル・シェユ政府軍から派遣された支援隊として参加し、主力八割の欠損に対してレリーユの率いた隊は二割の欠損に抑えられたことによりアレン防衛者勲章を得た。2002年にユエスレオネ内戦によってアル・シェユ政府軍が反乱した際にレリーユは反乱鎮圧を命令されたが、圧倒的勢力差の前に部下の命を守るために反乱軍に加勢した。政府軍が行う人間の盾や自爆作戦によって泥沼となって長期化した市街戦では、クウェーティ包囲戦で見せた戦術的知性を見せて関係のない死者を他戦線と比べ減らすことに成功した。2003年(35歳)にアル・シェユ政府が降伏し、ユエスレオネ連邦が建国されるとレリーユは革命内戦での奮闘を讃えられて革命英雄闘士勲章を得た。ユエスレオネ連邦軍が成立した当時は陸軍少佐であったが、総司令であったヴィヨック・ノアフィスによってレリーユはフェーユ陸軍士官学校の学長兼として陸軍中佐に推薦された。レリーユはデーノでもそうしたように教育役を拒否しようとしたが、ヴィヨックに「陸海軍の両方でこれだけの活躍をしたというのに戦場で死ぬのはもったいない」とたしなめられて予備役登録をするという約束をしてからこれを受け入れた。11月にデュイン戦争が勃発し、レリーユは当時の共産党党首であったターフ・ヴィール・イェスカの命令で大隊司令官として前線に復帰した。島々を統治してきたシェルケン軍と空中にあるユエスレオネで、三年間海上での訓練を行わなかった連邦軍の間では上陸作戦で押され気味であったものの、海軍勤務の経験のあるレリーユは非力な連邦軍艦艇と上陸部隊を率いて多面的にシェルケンを分断した。また、昔からの最新兵器好きも相まってユエスレオネ中央大学のアレス・ラネーメ・リパコールと協力して、イールドを用いたウェールフープ防衛戦を展開し、損害を減らすことに努めた。


ユエスレオネ海軍設立後

 デュインがユエスレオネ連邦に加盟してから、ユエスレオネ海軍が出来るとレリーユは「陸軍よりも海軍のほうが性に合っている」としてデュイン海軍に異動する。2010年(42歳)にデュイン・アレス独立戦争が勃発するとデュイン海軍軍人としてフアーラエイン作戦で陸軍特殊中隊を輸送する艦隊を護衛する駆逐艦をクランタル・エウフレンチャ港から先導した。クランタル港から出港した特殊部隊と合流したレリーユの艦隊は砲撃を受けたが、不本意ながら艦隊をシェルケン・アレス・クランタル大隊の輸送阻止艦隊と交戦した。民間人救出を目的とした本作戦では民間人に被害を出すことは許されず、レリーユには退く選択肢が存在しなかった。練度の低い艦隊と効果的でない兵器でシェルケン艦隊の遅延を行ったが、この海戦ではWPS型駆逐艦二隻とKaceler型巡視船六隻轟沈という全滅の結果に至った。救出作戦において艦隊を全滅させたレリーユはその指揮が疑問視され、即座に軍法会議に引き出され責任を取らされることが決定した。この時階級は兵卒まで降格し、リスターメ駆逐艦隊付きの懲罰部隊に入れられかけたがリスターメ駆逐艦隊長であるドロワサン・ドゥ・ヴェフィサイティエ・ドロワヴェサン海軍中佐がレリーユの全滅は戦力不足と整備不足であると軍法会議に訴えかけて、レリーユは海軍准将としてリスターメ第三通商破壊戦隊の指揮に付くことになった。北方決戦では本土とのウェールフープ学的輸送路も打ち切られた。ここでレリーユは北デュインを解放するために指令を待たずして出撃を指示し、損失ゼロで軽巡洋艦及び重巡洋艦計四艦を撃破するなどして突破口を開いた。レリーユは形だけの叱責を受けたが、連邦本土でもデュインの作戦本部においてもその賞賛の声は高かった。ラファンカ危機以降、連邦艦隊主力が壊滅状態の中でレリーユは近海の安全を守るための作戦に従事し、シェルケンの中型以上艦艇を16隻沈め、37隻を損傷させた。この功績で終戦後、レリーユは連邦軍人民防衛者勲章を受け取ることになった。この勲章はターフ・ヴィール・イェスカに直接胸に付けられることとなり、「レリーユは誉れ高きユフィアの血を継いだ。だが、その血は反革命的ではなく、ステデラフが表した叙事詩の抽象が示す通り、人民的果敢なのである」と評された。2011年(43歳)に軍法会議の判断で海軍大佐に昇格し、ファフス型戦艦アレンの艦長及び中央海軍士官学校の教育役となる。2012年(44歳)にはXIAA紛争が始まり、海軍兵士としての派遣を当時の連邦海軍指揮官であるアレス・フレンテャ・シャルに上申するも「将校は死にたがるものではない」と言われ、デュインでの教育役に留まることになった。

ファルトクノア建国後

 2012年(44歳)にXIAA紛争と並行して起こったファルトクノア紛争の後に成立したファルトクノア共和国の連邦海軍にアレス・フレンテャ・シャルの推薦もあって異動となる。2013年(45歳)夏頃に起こったイスケ紛争ではファルトクノア第八県で当時はリナエスト内戦の影響でPMCFから脱退し、サニス条約機構の構成国だったリナエスト・オルト共和国陸軍から派遣された治安維持活動中の第三陸戦連隊の離脱と諸島国家パハールの蹂躙に対しての国際参戦で多国籍軍の海上戦力の筆頭として指揮を取った。ここでも優秀な戦果を納め、海軍司令官アレス・フレンテャ・シャルや当時の社会党政権首相であったターフ・ヴィール・ユミリア、連邦軍総司令官ヴィヨック・ノアフィス、防衛省大臣ヴィヨック・ヴィール・エレーナーなどの推薦でユエスレオネ空軍宇宙空間特殊作戦独立中隊(のちの宙軍)の上級大佐に昇進し、就役日である2013年12月25日付で戦艦イェスカの終身艦長に任命された。パイグ人設計士鳥新撃(lup1 lu2 kut1, lurk)によって設計された戦艦イェスカはその戦力集中のドクトリンにおいて戦略的に重要とされており、経験深く優秀な指揮官であるレリーユが採用されたことに反対の意を唱えるものは一人も居なかった。作戦研究においてはレリーユはファルトクノアが当時加盟していて、連邦宙軍が重要視していた自由解放連合諸国の戦法を重視せず、ニーネン=シャプチジエール帝国連邦などの戦艦イェスカのドクトリンに合いそうな国家の宙戦記録などを注視した。これはファルトクノアが協商連合と裏で繋がっていることを彼自身理解しており、自由解放連合とは遅かれ早かれ喧嘩別れするであろうという長年の勘からであった。

植民地解放戦争における活躍

   「ツォルマール攻防戦」も参照
2016年(48歳)にターフ・ヴィール・ユミリア首相の許可によって始まった10年間続く植民地解放戦争(シャグマ=ラゴン戦争)の介入では○○○。

ユエスレオネでの逮捕と乗艦拒否

2034年(58歳)にはファルトクノア内戦が発生するが、当時レリーユは休暇でユエスレオネ本土に帰国していた。内戦の影響でレリーユはファルトクノアに戻ることができなくなり、宙軍からは終戦までユエスレオネでの待機が命令された。2036年(60歳)になるとユエスレオネ最高検察庁はファルトクノア共和国ラヴィル政権において、レリーユがその軍に属しており、その独裁を支持して軍事行動を行った責任を連邦最高裁判所に提訴した。連邦最高裁判所では2039年(63歳)まで争われたが、レリーユ自身には軍事階級として以上の政治的な力は無かったことや人型ラーデミンの迫害には関係しなかったことから無罪判決を受け、2045年(69歳)のファルトクノア内戦終戦と軍政の始まりとともにファルトクノアに帰国し、現地宙軍に復帰している。
 2058年(82歳)にファルトクノア、ニーネン・シャプチ間の国交回復、生体技術とWP技術の交換を行なうイェスカ・ジュヴァイグ協定が結ばれたが、その際にお互いの主力戦艦を横付けして締結するという計画に不満を抱いており、宙軍司令官が宥めた所、彼自身は「自分は軍人です、客船の運転手ではありません」と乗艦をきっぱり断った。なお、協定の締結の際にレリーユは休暇を取ってユエスレオネ本土に帰国しようとしており、宙軍は仕方なくステデラフ級護衛支援艦による誘導でイェスカを戦艦ジュヴァイグに横付けする計画を立てた。しかし、急襲対策として予定されていなかった砲門管理兵やレーダー監視員などの配備や護衛支援艦を含めての実戦装備の配置などがニーネン=シャプチに不信感を与えかねないこと、またそもそも護衛支援艦による航行支援演習の練度が低いことから戦艦イェスカが戦艦ジュヴァイグに激突する可能性があるとされた。本来、この協定は国交回復のみを目的としていた。しかし、レリーユをどうしても乗艦させる必要性から、WP研究と引き換えにニーネン=シャプチにその高度な生体技術を要求することで宙軍軍備の新たな研究に援用することを提示した。相変わらず新兵器好きのレリーユはこれを受け入れる形でイェスカに乗艦した。ただ、本人は「急襲時に無駄な死人が出るかもしれないのが嫌だった」と後に語っている。なお、この生体技術はファルトクノアMLFF政権の首相イプラジットリーヤ・アレス・レヴィアによって進められていたICALIA計画と抱き込みで利用目的をニーネン=シャプチに提示したが、これは軍事援用で要らぬ不信感を与えないようにする外交官たちの苦肉の策であった。

人物

  • 滅多に怒らず、部下を乱暴に扱わないところから、部下たちからの信頼は厚く、海軍時代には多くの人間がその人間性に心酔して配下になるのを幸運と感じていた。だが、「居ないのか?」や「居ますか?」と呼びかけられた際には不機嫌になる傾向があった。
  • ユエスレオネ軍の有名人の中では有数の戦死を異常に嫌う司令官である。艦長時代に副官や司令部から、ある程度の戦死を前提した作戦の実施を求められた際には「軍人としての死は二つあります。それは名誉ある死とそうでない死です。名誉ある死はそこに居た意味が刻まれますが、そうでない死は誰の記憶にも残りません。私の部下をその戦場に居なかった人間にすることは出来ません」と自分の幼少期の渾名に絡めて語ったという。フアーラエイン作戦の民間人護衛戦で艦隊が全滅した際には一時的に精神を病み、軍法会議でも発言できなかったことが誤解に繋がっていたとされている。敵に対してもこれは徹底しており、逃げていく敵の追撃は作戦になければ行わないことや漂流する敵兵を高みから殺すようなことは嫌っていた。
  • スキュル短詩形を得意とする詩人であったため、作戦前に乗員の前で詩を歌い上げて士気を高めたという。この慣例は戦艦イェスカに至っても行われ、イェスカの乗員はこれが楽しみでブリーフィングにこぞって向かうため、地上軍には「詩人船団」と揶揄されていた。
  • ラヴィル政権時代からファルトクノア共和国に居たが、現地の差別主義には全く毒されることは無かった。
  • スカースナ・ファルザー・エミーユに海軍時代に告白したが、スカースナには断られている。

その他

  • Dzecifo……レイヴァー・ド・スキュリオーティエのテーマ
最終更新:2019年07月16日 23:50
添付ファイル