ギム

ぎむ

ロウリア王国との国境境にある、人口10万人ほどのクワ・トイネ公国の町。

ロウリア王国軍の侵攻を真っ先に受け、ほとんどの住民が虐殺されてしまい、生き残った百数十人の人々は、その恐怖をクワ・トイネ全土に伝えることとなる。
しかしそのため、日本国に参戦の口実を与える結果となった。

エジェイに向かったロウリア王国軍先遣隊2万は、自衛隊MLRSと榴弾砲によって、一兵残らず全滅。
ギム本陣に残った部隊も、F-15J改の制空と『大型の鉄竜』(機体不明)の空爆により、文字通り消滅。
これにより、ロウリア王国軍はクワ・トイネ国内から撤退せざるを得なくなった。

なお「ギムの虐殺」は、それを行った軍そのものが丸ごと、かつ完全に失われたため、ロウリア国内では一部の者にしか知られておらず、ロデニウス戦役が終わった今でも知らない者が多い。それどころか拠点に使っていた者ですら知らなかったので、虐殺後に早急に証拠を隠滅した可能性もある。
関連項目
地名クワ・トイネ公国モイジ

※既存のコメントに返信する場合、返信したいコメントの左側にチェックを入れて下さい。
過去のコメント
  • 「鉄竜の腹が開き筒のような何かが投下された」とあるからBP-3Cの試作機か輸送機の改修型とか? - 名無しさん (2018-08-03 18:50:23)
    • コミックで見るとF-2が爆撃した模様。そして奪還したギムには北方配備のはずの90式戦車がいる。 - 名無しさん (2019-07-06 12:47:31)
  • ムーラはギムで起きた事を知ったら、どう思うのだろうか? - ドリフ提督 (2018-08-03 19:16:40)
  • ロウリア軍はギム本陣を領主館に置いていたが、領主館はふつうは町の中心にあるので、自衛隊の爆撃の影響で町の大部分が破壊されてしまったと思われる。クワ・トイネ軍が奪還しに来た時は、すでにギムは廃墟になっていた可能性が高い。 - 名無しさん (2018-08-05 05:32:09)
    • コミックで見ると、司令部は街中、本陣は町外れにあり、本陣だけ爆撃されたので街は無傷のように見える。 - 名無しさん (2019-07-07 09:23:15)
  • ギムの民は楽観的過ぎないか?国境沿いに大量のロウリア兵器がいるのに一部の住民しか避難しないとか危機管理能力低すぎじゃね? - 名無しさん (2019-03-31 11:26:42)
    • 中世基準だと下手に避難すると騎行といって、略奪焼き討ち行為の対象になる。だから避難先を近くの要塞、つまりギムに立て篭もる選択をしてもおかしくない。近代ならまだしも、クワトイネの基準なら遠くまで避難するよりは街に立て篭もりたくなるだろうな。 - 名無しさん (2019-05-22 19:12:37)
      • パルン「せやな」 - 名無しさん (2022-06-22 08:53:10)

ここを編集
〔最終更新日:2024年01月19日〕

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年01月19日 19:20