日野俊光

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日野俊光


  • 文応元(1260)~嘉暦元(1326)年5月15日
 父は日野資宣、母は賀茂神主能継の娘。文章博士から蔵人・弁官に任ず。四位の弁官であるときに伝奏になったというから、『中世朝廷訴訟制の研究』の本文では見落としてしまったが、親政を行なっていた伏見天皇の伝奏だったことになる。永仁三(1295)年に参議。翌々年権中納言。伏見院政下でも引き続き伝奏を務め、皇統が大覚寺統に移った正安三(1301)年に官を辞す。この後は伏見上皇の執権として働いたようで、まさに彼は上皇の股肱の臣であった。延慶元(1308)年、伏見院政の再開とともに再び伝奏に任じ、文保元(1317)年六月には権大納言に進んでいる。同年九月、伏見上皇が没すると問もなく辞任。この後は後伏見上皇に仕え、終生持明院統のために働いた。

(本郷和人)