強化弱体・バステ

スキルには単なるダメージを与えるものだけでなく、味方を強化したり敵を弱体化させて戦いを有利に運べるものがある。
それぞれの特徴・注意点を理解し、戦闘に役立てよう。



スキルによる強化・弱体

  • RPGにおける通称として、強化スキルによる強化は「バフ」、弱体スキルによる弱体化は「デバフ」と表現される。このページを含め、各所でバフ・デバフ、強化・弱体化といった言葉が使用されているがどれもほぼ同じ意味合いで使われている。
  • 味方の状態は戦闘中のコマンド入力時にYボタン、敵の状態はRボタンで確認可能。
  • 攻撃力や防御力などのステータスを変動させるスキルの効果割合は、使用したスキルのLvのみによって決定される。スキルLvさえ同じなら、使用したキャラのクラスの差異や対象のステータス差などの要因で効果の度合いや効果ターン数が変動する、といったことはない。
  • 攻撃の追加効果でデバフを付与するスキルは、攻撃を無効化ないし回避されるとデバフは付着しない。
  • デバフのみを与えるスキルは必中。付与に失敗したり回避されたりすることはない(打ち消しによる相殺は起こる)。
  • 同じカテゴリの効果を持った異なる強化/弱化を二つ以上重ねる場合、共存可能なものとそうでないものがある。
    • 【攻撃】【防御】【命中】【回避】【回復】【状態】は異なるスキルでも共存可能。
    • 【付与】【標的】などといった、上記以外のカテゴリは共存できず、先にかけられた方が打ち消される。
  • 同じカテゴリの強化と弱体は打ち消し合う。同種の強化・弱体が複数かかっている状態で打ち消しが発生すると、残りターンに関わらずリストの上から順に解除されていく。
    • 敵の強力な強化・弱体スキルを自然解除を待たずに解除することが可能。逆に、敵から受ける弱体により味方に付与された強化が打ち消される事もありうる。
    • 普段弱体を使用する気がなくても、敵の強化打消し用に取得しておくという選択肢もあり得る。
  • プリンセスのスキルには強化・弱体を解除して発動するスキルが存在する。
    また消費アイテム「ラウダナム」「ウニコウル」を使用することで、種類によらず強化・弱体を解除できる。
  • パッシブスキルによる強化は「スキル」(https://www65.atwiki.jp/sekaiju_mazex/pages/74.html)を参照されたし。

重ねがけによる延長

  • 同名のスキルの強化・弱化は効果ターン数を伸ばすことができる。最長9ターンまで。(ターン終了時、効果持続ターンが10ターンを超えている場合9ターンにするという処理が入っている模様)
  • 重ね掛けした際のスキルの効果は 「効果の度合いは最後にかけたもの、持続ターン数は『重ね掛けした方のターンを加算』」となる
    • 例:「攻撃の号令」Lv8(残り2ターン)がかかっている味方に「攻撃の号令」Lv1(効果3ターン)を重ねがけすると、「上昇率はLv1、持続5ターン」となる。
  • また、味方スキルによる強化・弱体は一定のスキルLvに達すると効果ターン数が増加する。スキルLvの高い技を使えば重ねがけの手間が減って戦闘を効率良く進められるが、消費TPが増加する点には注意。
  • 「○ターンの間~」と表記されているスキルは、実際には○+1ターン分の効果を付与する扱いになっている(発動ターンのターン終了時に残りターン数が1減少するので○ターン効果を及ぼすように見える)。

強化・弱体枠と押し出し解除

  • 敵も味方も1キャラにつき3つの「強化・弱体枠」が設定されており、枠を占有するバフ・デバフはそれぞれで3つまでしかかけられない。
    • 4つ目をかけようとすると、最初に効果が付与・延長されたもの(リストの1番上にある効果)が新たに付与される効果に押し出される形で解除される。
    • 重ねがけによる延長を行うと、そのバフ・デバフはリストの1番下に移動する。
+
例えば、
 5覇気の号令
 1防御の号令
 3攻撃の号令
の状態で新たに庇護の号令をかけると、
覇気の号令が押し出されて
 1防御の号令
 3攻撃の号令
 4庇護の号令
となり、
次ターン開始時に持続ターンが減って
 2攻撃の号令
 3庇護の号令
となる。
+例2
同様に、
 5覇気の号令
 1防御の号令
 3攻撃の号令
の状態で覇気の号令→グッドラックの順でかけると、
まず覇気の号令が更新延長で一番下へ行き、
 1防御の号令
 3攻撃の号令
 9覇気の号令
防御の号令が押し出されて
 3攻撃の号令
 9覇気の号令
 4グッドラック
となり、
次ターン開始時に持続ターンが減って
 2攻撃の号令
 8覇気の号令
 3グッドラック
となる。
  • 発動中のフォースブーストやリーパーの「瘴気の兵装」、ブシドーの「構え」は強化枠とは別に管理されている。


◯◯アームズ、オイルによる属性付与

  • 通常攻撃や一部の攻撃スキルは、プリン(セ)スが使う○○アームズや、○○オイルによる強化を行うことで攻撃時に物理属性にさらに炎氷雷の属性が追加付与される。
  • 属性付与できる攻撃スキルについては、スキル説明に「武器属性攻撃」や「攻撃属性は用いた武器により変化」と記されている。任意の属性を付与できるため敵の弱点を突きやすくなる。
    • プリン(セ)スがいなくても、今作はオイル系アイテムの入手が容易なので、攻撃型ショーグンやリンク型ソードマンを編成する際に一考の余地がある。
    • 属性付与はできるが、攻撃スキルによる武器指定はある。
  • 逆に特に記述がない攻撃スキルの場合はアームズ系の効果は出ない。
武器属性の攻撃スキル一覧
職業 対象スキル 武器指定
ショーグン 谺流し
双燕
五輪の剣
ソードマン ソニックレイド
ダブルストライク
リンクエンド
剣or突剣
インペリアル ナチュラルエッジ 砲剣
ゾディアック エーテルシュート なし

強化

(注)スキル説明に「強化」と記載のあるものとフォーススキルのみ紹介
強化内容 効果スキル・道具
最大HP上昇 覇気の号令(プリンセス)
力戦陣形(ショーグン)
物理攻撃力上昇 大武辺者(ショーグン)
デビルクライ(鎌)
ブレイバント(消費アイテム)
物理攻撃力・行動速度上昇
+物理防御力低下
先陣の名誉(ショーグン・剣)
ヴァンガード(ソードマン)
属性攻撃力上昇 エーテルの輝き(ゾディアック)
属性付与 ファイアオイル(消費アイテム)
フリーズオイル(消費アイテム)
ショックオイル(消費アイテム)
属性付与+
属性攻撃力上昇
ファイアアームズ(プリンセス)
フリーズアームズ(プリンセス)
ショックアームズ(プリンセス)
物理・属性攻撃力上昇 ブラッドウェポン(ハイランダー)
攻撃の号令(プリンセス)
殺戮の波動(剣)
全攻撃力上昇 力戦陣形(ショーグン)
三位一体(ソードマン)
フルチャージ(ソードマン)
キラースタンス(ナイトシーカー)
攻撃力上昇(特殊) 英雄の戦い(ハイランダー)
占星時軸(ゾディアック)
全攻撃力上昇(特殊) ブレイブハート(ヒーロー)
物理防御力上昇 護りの演舞(鎌)
ストナード(消費アイテム)
属性防御力上昇 不可視の霊盾(ハイランダー)
物理・属性防御力上昇 渾身ディフェンス(パラディン)
防御の号令(プリンセス)
リアガード(インペリアル)
全防御力上昇 挑発(パラディン)
属性耐性上昇 雷霆の矢壁(弓)
光焔の風壁(銃)
銀雪の風車(槍)
デルタブロック(突剣)
耐熱ミスト(消費アイテム)
耐氷ミスト(消費アイテム)
耐雷ミスト(消費アイテム)
絶対ミスト(消費アイテム)
ダメージ無効化 完全防御(パラディン)
物理属性攻撃無効化 ハイドクローク(ナイトシーカー)
封じ・状態異常耐性上昇 アームブロック(セスタス)
心気溌剌(剣)
状態異常無効化 防衛本能(ハイランダー)
封じ・状態異常無効化 予防の号令(プリンセス)
封じ・状態異常・
スタン・即死・弱体無効化
大巫術:精霊衣(ドクトルマグス)
ダメージ・封じ・状態異常・
スタン・即死・弱体無効化
影武者(ショーグン)
フルチャージ(ソードマン)
封じ成功率上昇 シールラッシュ(セスタス)
状態異常成功率上昇 キラースタンス(ナイトシーカー)
封じ・状態異常成功率上昇 グッドラック(ハイランダー)
方陣護持(ミスティック)
命中率上昇 照明弾(ガンナー・弓)
回避率上昇 忍法 雲隠(シノビ)
闇怯の煌き(突剣)
行動速度上昇 フルチャージ(ソードマン)
集中治療(メディック)
行動速度低下 一斉救護(メディック)
リアガード(インペリアル)
命中率・行動速度上昇 三位一体(ソードマン)
回避率・行動速度上昇 夢幻陣形(レンジャー)
狙われ率上昇 挑発(パラディン)
大武辺者(ショーグン)
デコイサイン(ナイトシーカー)
回避・狙われ率上昇 不忍(シノビ)
狙われ率低下 鳴かずば討たれず(ファーマー)
回復関係
(回復量増加など)
一斉救護(メディック)
集中治療(メディック)
ヒールデジャヴ(メディック)
エフィシエント(レンジャー)
巫術:脈動(ドクトルマグス)
英雄の戦い(ハイランダー)
庇護の号令(プリンセス)
不屈の号令(プリンセス)
その他特殊効果
(各職特化・TP消費軽減など)
ブレイブハート(ヒーロー)
大盾の守護(パラディン)
集中治療(メディック)

不屈の号令(プリンセス)
勝利への誓い(プリンセス)
高潔の証(プリンセス)
占星時軸(ゾディアック)
アストロサイン(ゾディアック)
アイテムアゲイン(ファーマー)

リンクプラス(ソードマン)
フォースブースト(???)

弱体

(注)スキル説明に「弱体」と記載のあるものとフォーススキルのみ紹介
弱体内容 効果スキル
物理攻撃力低下 シールドラッシュ(パラディン)
スカイダイブ(拳甲)
物理・属性攻撃力低下 巫剣:霊攻衰斬(ドクトルマグス)
パワーブレイク(ソードマン)
魅了の邪眼(ミスティック)
繊弱の瘴気(リーパー)
破力の大牙(剣)
爪削ぎ(刀)
全攻撃力低下 弱り目に祟り目(ファーマー)
物理防御力低下 スタードロップ(メディック)
骨砕き(シノビ)
ブレイクアロー(弓)
属性防御力低下 メディカルロッド(メディック)
物理・属性防御力低下 巫剣:霊防衰斬(ドクトルマグス)
ガードブレイク(ソードマン)
哀身の邪眼(ミスティック)
削弱の瘴気(リーパー)
とろける瞳(杖)
舐めまくり(弓)
劈く叫び(銃)
封じ耐性低下 魅惑のボディ(弓)
封じ耐性・自然回復率低下 縛弱の瘴気(リーパー)
状態異常耐性低下 厄呼び斬り(短剣)
状態異常耐性・自然回復率低下 虚弱の瘴気(リーパー)
封じ・状態異常耐性低下 カオススクリーム(拳甲)
命中率低下 トリックステップ(レンジャー)
ぶっ刺し(短剣)
幻惑の剣舞(短剣)
回避率低下 陽動射撃(ガンナー)
裾払い(刀)
命中率・行動速度低下 ミラージュアロー(レンジャー)
回避率・行動速度低下 スピードブレイク(ソードマン)
鈍弱の瘴気(リーパー)
全攻撃力・全防御力・
回避率・行動速度・
封じ・状態異常耐性低下
瘴気の激流(リーパー)
敵行動後味方回復 巫術:呼応(ドクトルマグス)
全攻撃力・全防御力・
命中・回避率低下(特殊)
(注:弱体付与ではない)
後方攪乱(ガンナー)


バッドステータス

略称「バステ」。数ターンの間行動が制限される、ダメージを受けるといったマイナス効果を被る状態のことを指す。
分類は大きく分けて「状態異常」「封じ」の2つ。特殊なものに「スタン」「即死」があるのでこちらについても解説する。

バッドステータスの累積耐性について

バッドステータスはかかる度に耐性が付いていき、次回以降同種のバステの付与成功率が低下する。これを「累積耐性」と呼ぶ。
  • 累積耐性上昇が適用されるのは状態異常と封じ。スタン、即死は累積耐性の上昇無し。
  • 累積耐性は味方・敵(雑魚・ボス)問わず発生する。
  • 装備による耐性、戦闘中の累積耐性、バフ・デバフによる耐性変動はそれぞれ別枠(抵抗率の算出は単純に全て加算?)。
  • 敵(とかけたいバッドステータス)によって累積耐性上昇率は様々で、ほとんどの場合は1~4回で無効化率100%に至り、全くかからなくなる。F.O.Eやボスは1回目で無効化率100%に至るものも少なくない。
  • 味方の累積耐性は戦闘不能になるか戦闘終了でリセットされる。
    敵の累積耐性はミスティックのフォースブレイク「解魔の札」でリセット可能。
    また、敵味方ともにターン経過によって徐々に低下する。

状態異常

名称 略称 効果 付与可能手段
戦闘不能 HPが0になり、行動不能となった状態。
戦闘での経験値を得られなくなる。
(イベント経験値、クエスト経験値、ミッション経験値は入手可能)
味方全員が戦闘不能になると全滅。
「即死」の項参照
石化 身体が石のように硬直し、行動不能となった状態。
攻撃が回避できなくなるが、物理属性の被ダメージが0.5倍に減少する。
ほとんどの自動発動系パッシブが発動しなくなる。
飯綱(シノビ)
鈍通し(ブシドー)
厄難の矢雨(弓)
カラミティカノン(銃)
デスブリンガー(突剣)
不動斬(鎌)
石化付与(銃)
石化の香(消費アイテム)
呪い 「敵に与えたダメージの半分が自分に跳ね返る」呪いがかかった状態。
ただし敵を倒せた場合は跳ね返ってこない。
巫術:乱疫(ドクトルマグス)
発疫(ドクトルマグス)
祟り打ち(ショーグン)
呪いの投刃(ナイトシーカー)
呪いの方陣(ミスティック)
厄難の矢雨(弓)
カラミティカノン(銃)
闇削ぎ(砲剣)
呪い付与(剣・短剣)
呪いの香(消費アイテム)
睡眠 強烈な睡魔に襲われた状態。
行動・回避が行えず、さらに物理攻撃の被ダメージが1.5倍に増加する。
ただし、攻撃でダメージを受けると解除される。
ほとんどの自動発動系パッシブが発動しなくなる。
霞斬り(ブシドー)
巫術:乱疫(ドクトルマグス)
発疫(ドクトルマグス)
含針(シノビ)
子守唄(ファーマー)
睡眠の投刃(ナイトシーカー)
催眠の方陣(ミスティック)
劈く叫び(銃)
マイマイ音頭(砲剣)
瞬黒貫(刀)
スリープテイル(槍)
睡眠付与(弓)
毒・睡眠付与(突剣)
睡眠の香(消費アイテム)
混乱 思考が混乱した状態。
コマンドの入力が行えず、敵・味方・自分をランダムに攻撃する(通常攻撃扱い)。
混乱時の攻撃には武器の属性・追加効果が乗り、首切り・発疫・ミリオンラッシュが発動する。
さらに混乱中は回避不可となる。
ほとんどの自動発動系パッシブが発動しなくなる。
忍法 驚忍(シノビ)
幻惑の方陣(ミスティック)
禍乱の鎌(リーパー)
魅惑のボディ(弓)
狂牙(刀)
カラミティカノン(銃)
騙し突き(短剣)
混乱付与(鎌)
混乱の香(消費アイテム)
麻痺 身体がしびれて行動に支障をきたした状態。
確率でそのターンの行動がキャンセルされる。
さらに、キャンセルされたターンでは回避ができなくなる。
なお、追撃などについてはその都度行動成否の判定が起きる。
行動済みの状態で麻痺しても行動キャンセルの判定があり、痺れて動けない旨の表示がされる時がある。
痺れた場合、ほとんどの自動発動系パッシブが発動しなくなる。
巫術:乱疫(ドクトルマグス)
発疫(ドクトルマグス)
麻痺の投刃(ナイトシーカー)
麻痺の方陣(ミスティック)
コークスクリュー(セスタス)
痺止の鎌(リーパー)
カラミティカノン(銃)
ハリケーンパンチ(拳甲)
麻痺付与(剣・砲剣)
麻痺の香(消費アイテム)
身体が毒に侵された状態。ターン終了時にダメージを受ける。
毒ダメージは使用者のステータスやスキルに依存し、防御では軽減不可。
巫術:乱疫(ドクトルマグス)
発疫(ドクトルマグス)
忍法 撒菱(シノビ)
忍法 毒霧(シノビ)
猛毒の投刃(ナイトシーカー)
毒の方陣(ミスティック)
惨毒の鎌(リーパー)
スネークパイル(短剣)
流星毒牙(拳甲)
毒付与(拳甲)
毒・睡眠付与(突剣)
毒の香(消費アイテム)
盲目 視界を遮られた状態。攻撃の命中率が激減し、回避不可となる。 ブラインドアロー(レンジャー)
巫術:乱疫(ドクトルマグス)
発疫(ドクトルマグス)
盲目の投刃(ナイトシーカー)
深闇の鎌(リーパー)
火煙砲(杖)
眩暈の一閃(槍)
眩暈の舌撃(突剣)
サミング(拳甲)
盲目付与(突剣)
盲目の香(消費アイテム)
※戦闘不能は厳密には状態異常とは違うのだが、便宜上このカテゴリに入れる。

  • 状態異常は同時に1つしかかからない。優先順位は上の表の順番通り。優先度が下位の状態異常は上位の状態異常にかかると上書きされて消える。また、上位の状態異常にかかっている場合下位の状態異常には一切かからない。
    • 盲目を毒などで上書きして敵の攻撃を受けたり、眠らせたいのに呪い状態だったといったことがないように。
    • 優先順位は暗記する必要はない。Rボタンで閲覧できるモンスター図鑑の状態異常の欄は優先順位が高い順に並んでいる(左側が上位)。
  • 戦闘不能以外は、ターンの経過や戦闘終了で回復する。
  • 攻撃の追加効果で付与される状態異常は、ダメージで敵を倒してしまっても状態異常の付与判定自体は行われており、判定に成功していれば状態異常を付与した後に倒されたものとして扱われる。
    • 一部条件ドロップの達成の時に覚えておくと、諦めずに攻撃を続けていれば条件を満たせることがある。
    • 封じも同様の判定が行われている。

封じ

名称 略称 効果 付与可能手段
頭封じ INTが下がり、次のようなスキルが使用できなくなる。
・術式や医術など、高度な思考や詠唱が必要なスキル
・花(花粉)を使用するスキル
・角や牙など、頭部に付属する部位を使用するスキル
・噛み付き・咆哮・ブレス・眼光など、物理的に頭部を使用するスキル
ヘッドドロップ(メディック)
ヘッドスナイプ(ガンナー)
巫剣:霊封頭斬(ドクトルマグス)
ブレインレンド(ハイランダー)
不思議な種(ファーマー)
バックスタブ(ナイトシーカー)
頭封の方陣(ミスティック)
フリッカー(セスタス)
クリンチ(セスタス)
ファイナルブロー(セスタス)
ハンギング(突剣)
ハロウィーン(銃)
捕食の宴(鎌)
いらつく羽音(銃)
頭封じ付与(杖)
縺れ糸:頭(消費アイテム)
腕封じ STRが下がり、次のようなスキルが使用できなくなる。
・武器スキルなど、腕を使用するスキル(追撃系を除く)
・爪や肩、腕に相当する部位を使用するスキル
・翼・ツタ・翅(リンプン)を使用するスキル
シールドスマイト(パラディン)
小手討ち(ブシドー)
アームスナイプ(ガンナー)
巫剣:霊封腕斬(ドクトルマグス)
祟り打ち(ショーグン)
不思議な種(ファーマー)
腕封の方陣(ミスティック)
アームブレイク(セスタス)
クリンチ(セスタス)
ファイナルブロー(セスタス)
くらいつき(剣)
腕絡みのツタ(鎌)
ハロウィーン(銃)
四肢潰し(短剣)
捕食の宴(鎌)
絡め取るツタ(杖)
腕封じ付与(刀)
縺れ糸:腕(消費アイテム)
脚封じ AGIが下がり、回避・逃走行動や次のようなスキルが使用できなくなる。
・蹴り技や踏みつけなど物理的に足を使用するスキル
・追撃や踊りなど、足さばきが必要なスキル
・尻尾・尾びれ・尾針を使用するスキル
・足の有無に係わらず、突進を伴うスキル
エイミングフット(レンジャー)
レッグスナイプ(ガンナー)
巫剣:霊封脚斬(ドクトルマグス)
影縫(シノビ)
不思議な種(ファーマー)
脚封の方陣(ミスティック)
トリップエッジ(インペリアル)
リバーブロー(セスタス)
クリンチ(セスタス)
ファイナルブロー(セスタス)
封足雷の術(杖)
大翼の旋風(剣)
ハロウィーン(銃)
四肢潰し(短剣)
捕食の宴(鎌)
脚封じ付与(槍・鎌)
縺れ糸:脚(消費アイテム)

  • 封じは状態異常と違って競合しないので、頭・腕・脚の全てを封じることも可能(俗に「3点封じ」「3点縛り」と呼ばれる)。
  • 封じはターン経過、戦闘終了で回復する。戦闘中の回復判定は部位毎で別々にある。
  • 上表の使用不可になるスキルはあくまでも参考。モンスターによっては爪でも脚部にある爪を使用する場合などがあり、例外が存在する。
    また、同名スキルでも敵スキルの時と武器スキルの時で依存部位が変化する場合も確認されているため注意。

スタン・即死

名称 略称 効果 付与可能手段
スタン そのターンのみ行動がキャンセルされる。
ほとんどの自動発動系パッシブが発動しなくなる。
アクトブレイカー(ヒーロー)
サジタリウスの矢(レンジャー)
後方撹乱(ガンナー)
至高の魔弾(ガンナー)
破陣:大地震盪(ミスティック)
柄落とし(刀)
ドラゴンビート(刀)
眩暈の一閃(槍)
スタン付与(短剣)
即死 HPに関わらず一撃で戦闘不能に陥る。 一閃(ブシドー)
ブレインレンド(ハイランダー)
介錯(ショーグン)
首切(シノビ)
収穫祭(ファーマー)
アサシネイション(ナイトシーカー)
死の鎌(リーパー)
トライ・デス(槍)
デッドパイル(拳甲)
即死付与(剣)

  • スタンは一見状態異常のようだが、他の状態異常と競合せず、ターン終了時には必ず治る点が異なる。
    なお、その性質上行動終了後の敵には付与できない。これは対象がターン中効果が持続するスキルを先に発動させた場合でも同様である(これらは他のバステによる行動不能・依存部位封じではキャンセルされる)。
  • スタン・即死共に累積耐性の上昇はない。
    連続してスタン状態にできるし、即死はそもそも味方側は戦闘不能にさせられた時点で累積耐性がリセットされる。
  • スタン・即死は「抑制攻撃ブースト」の対象に含まれていない。
  • 即死と他の状態異常・封じを同時に付与できる状況の場合、状態異常・封じよりも即死の優先度が高いようで、死亡時の異常・封じ付与判定が発生しない模様。

伝染系スキル

  • 味方や敵の封じ・状態異常を他の敵に移す効果を持つスキルを下の表で紹介する。

スキル名称 職業 効果
巫術:転移 ドクトルマグス 味方1人に付着している封じ・状態異常を
解除し、敵1体に一定確率で付着させる
忍法 水鏡 シノビ 敵1体に付与している状態異常を
一定確率で敵全体に伝染させる
怪我の功名 ファーマー 自身に付着している封じ・状態異常を
敵全体に一定確率でなすりつける


取得可能バステスキル早見表

(注)N:NOVICE、V:VETERAN、M:MASTER、F:FORCEスキルで取得可能
職業 伝染系
ヒーロー M
パラディン N
ブシドー V M N F
メディック N
レンジャー N M M
ガンナー V N N N
F
ドクトルマグス N
M
N
M
N
M
N
M
N
M
V V V N
ハイランダー V V
プリン(セ)ス
ショーグン M M M
ゾディアック
シノビ N
F
M N V N V V
ファーマー M N N N M N
ソードマン
ナイトシーカー N M V N V V M
ミスティック M N M V N N N V M
インペリアル V
セスタス N N
V
F
N
V
F
N
V
F
リーパー V N N V M
職業 伝染系

|