ブシドー


概要


前衛:攻撃特化型
世界樹の迷宮Iより参戦

「道」と呼ばれる、異国の剣術を修めた戦士。
攻撃は強烈無比だが、死を美徳とする精神性を持つため防御に欠ける。
(公式サイトより)

◆能力傾向
 HP:C TP:C STR:S INT:D VIT:E WIS:C AGI:A LUC:D

◆装備可能武具
 軽鎧

典型的な高火力紙装甲の前衛アタッカー。
全クラス最高のSTRを持つことに加え、自身の火力を更に高めるパッシブスキルを多く持つ。TP燃費もそれなりに良い。
さらに、単に高火力なだけでなく、斬突壊炎雷氷の6属性を扱う事が出来る。
遠隔攻撃や列・全体の範囲攻撃に加え、相手の耐性を無視して攻撃できるスキルも完備している為、ダメージディーラーとして非常に幅広い活躍が可能。
スキル倍率の見た目自体はそこまで極端に高くないが、STRと刀のATK、クリティカル補正の相乗作用により実際の威力は高くなる。

特徴は「構え」。各種構えに対応したスキルを発動する事で構え状態に移行し、ステータスが上昇する。
今作ではスキルレベルが最も高い構えを戦闘開始時に自動で取ってくれるようになり、攻撃スキルもそれぞれの構え専用ではなくなった為、一々構え直す必要は無くなった。
ただし対応した構え状態であればスキル攻撃が必ずクリティカル(ダメージ1.5倍)になるという仕様があるため、自身の役割に沿った構えを取るのが望ましい。
  • 上段は単体火力に特化した構え。構えると攻撃力が上昇。斬炎の2属性に対応し、耐性無視のスキルも持つ。
    搦め手や範囲攻撃は一切持たず、紙耐久も補えないものの、攻撃力上昇効果と瞬間火力が魅力。
  • 青眼は状態異常重視の構え。構えると防御力と封じ・状態異常の成功率が上昇。斬突雷の3属性に対応。
    睡眠・石化の2種類の状態異常を付与でき、ダメージを与えつつ敵の足止めが可能。
  • 居合は速度・範囲攻撃重視の構え。構えると命中、回避、行動速度が上昇。斬壊氷の3属性に対応。
    列攻撃・全体攻撃を持つため雑魚戦に強いが、燃費がやや悪い。

なお、スキルレベルが最も高い構えが複数ある場合は、戦闘開始時の構えはその中からランダムで選択される。
おみくじをしたいのでなければ、スキルレベルには差をつけて習得するようにしよう。
  • また、同じスキルを使用した時の威力はクリティカル>上段非クリティカルとなる。一部の連携を行うときは気にしておくといいかもしれない。
  • 他の戦闘開始発動スキルもそうだが不意打ち(不意打ち阻止)時は自動で構えてくれない。先制予防以外にも打つ手を用意しておきたい。

攻撃面が優秀な反面防御力は後衛並に低く、高難易度だと一撃死することもしばしば。
採用する時にはパラディンなどの他職によるフォローか防御的な構えを伸ばすといった防御面での補強が必須。
幸い「空刃」での遠隔攻撃を持つため、状況に応じて後列に下げて回復するなどの工夫をしたい。

総合して、防御面をフォローする手段さえ確保できればどんなパーティにも採用しやすい万能アタッカー。
しかし構えスキルだけでも3種あるため、あれもこれもと伸ばしていってはSPは到底足りない。
1つの構えを極めるのか、様々な構えとスキルを取得して対応力を伸ばすのか、パーティに合わせたスキル構成が求められるだろう。



ステータス


Lv HP TP STR INT VIT WIS AGI LUC
1 52 42 20 9 10 13 18 12
10 65 54 27 12 13 17 24 16
20 79 67 34 16 17 22 30 20
30 98 85 44 20 22 28 39 26
40 117 103 54 25 27 34 48 32
50 142 126 66 31 33 42 59 40
60 166 148 79 37 39 50 70 47
70 195 175 93 44 47 60 84 56
80 224 202 108 52 54 69 97 65
90 258 234 126 60 63 80 113 75
99 289 262 142 67 70 90 127 85
110 331 302 163 78 81 104 146 98
120 372 340 185 88 92 118 165 111
130 416 381 207 99 103 132 185 124

スキル一覧


NOVICE:Lv1~/VETERAN:Lv20~/MASTER:Lv40~/FORCE:Lv1~
 ※各スキル名をクリックすると詳細説明に飛びます。
名前 効果 説明 最大
LV
消費TP
1
無双 フォースブースト
3ターンの間、構えを維持し、解除されず、
さらに全ての構えの効果を得る
この効果中に構えが解かれる事はないが
次のターンスキル使用不能になる効果は
無効化できない
- - - -
一閃 フォースブレイク
敵全体に強力な遠隔斬攻撃
一定確率で即死効果が発動する
研ぎ澄まされた刃で全てを両断するスキル
瀕死の敵には即死効果の発動率が上昇する
- - -
STR
LUC
上段の構え 構えスキル:刀専用
上段の構え中、全攻撃力が上昇
構えスキルの中で最もレベルが高い場合、
戦闘開始時から3ターンの間、
上段の構えを取る
8 パッシブ -
逆袈裟 攻撃スキル:刀専用
敵1体に近接斬攻撃
発動後、上段の構えを取る
上端の構えを取っている場合
クリティカル攻撃になる
4 5 7
STR
青眼の構え 構えスキル:刀専用
青眼の構え中、全防御力とブシドーのスキルの
封じ・状態異常成功率が上昇
構えスキルの中で最もレベルが高い場合、
戦闘開始時から3ターンの間、
青眼の構えを取る
8 パッシブ -
貫突 攻撃スキル:刀専用
敵1体に近接突攻撃
発動後、青眼の構えを取る
青眼の構えを取っている場合
クリティカル攻撃になる
4 5 7
STR
居合の構え 構えスキル:刀専用
居合の構え中、命中率・回避率・
行動速度が上昇
構えスキルの中で最もレベルが高い場合、
戦闘開始時から3ターンの間、
居合の構えを取る
8 パッシブ -
鞘撃 攻撃スキル:刀専用
敵1体に近接壊攻撃
発動後、居合の構えを取る
居合の構えを取っている場合
クリティカル攻撃になる
4 5 7
STR
空刃 攻撃スキル:刀専用
敵1体に遠隔斬攻撃
素振りで真空刃を発生させるスキル
いずれかの構えを取っている場合
クリティカル攻撃になる
10 3 10
STR
小手討ち 攻撃スキル:刀専用
敵1体に近接突攻撃
一定確率で腕封じ効果が発動する
相手の指を狙って攻撃するスキル
いずれかの構えを取っている場合
クリティカル攻撃になる
8 4 12
STR
LUC
息吹 回復スキル
自身と左右の味方のHPを回復する
独自の呼吸法により
周囲の気を調和させるスキル
6 5 10
採掘 採集スキル
迷宮内での採掘時に追加で素材を入手可能
―― 1 パッシブ -
兜割り 攻撃スキル:刀・構え中専用
敵1体に耐性を無視した低命中の近接斬攻撃
発動後、構えの残りターン数が2減少する
上段の構えを取っている場合
クリティカル攻撃になる
10 12 20
STR
卸し焔 攻撃スキル:刀専用
敵1体に近接斬+炎属性の複合属性攻撃
上段の構えを取っている場合
クリティカル攻撃になる
8 5 13
STR
霞斬り 攻撃スキル:刀・構え中専用
敵1体に近接斬攻撃し、一定確率で睡眠効果
発動後、構えの残りターン数が2減少する
青眼の構えを取っている場合
クリティカル攻撃になる
10 9 18
STR
LUC
雷耀突き 攻撃スキル:刀専用
敵1体に近接突+雷属性の複合属性攻撃
青眼の構えを取っている場合
クリティカル攻撃になる
8 5 13
STR
横一文字 攻撃スキル:刀・構え中専用
敵1列に近接斬攻撃
発動後、構えの残りターン数が2減少する
居合の構えを取っている場合
クリティカル攻撃になる
10 15 27
STR
抜刀氷雪 攻撃スキル:刀専用
敵1体に近接斬+氷属性の複合属性攻撃
居合の構えを取っている場合
クリティカル攻撃になる
8 5 13
STR
果し合い 補助スキル
前ターンと同じ対象に攻撃する時
与えるダメージが増加する
倒す相手を定め、自身を鼓舞するスキル 6 パッシブ -
物理攻撃ブースト 補助スキル:ステータスUP
物理攻撃力が上昇する
斬・突・壊属性の威力が上昇する 8 パッシブ -
ツバメがえし 攻撃スキル:刀・構え中専用
敵1体に2回近接斬攻撃
発動後構え解除し次のターンスキル使用不能
上段の構えを取っている場合
クリティカル攻撃になる
6 20 28
STR
鈍通し 攻撃スキル:刀・構え中専用
敵1体に近接突攻撃し、一定確率で石化効果
発動後構え解除し次のターンスキル使用不能
青眼の構えを取っている場合
クリティカル攻撃になる
6 17 24
STR
LUC
散華 攻撃スキル:刀・備え中専用
敵全体に遠隔斬攻撃
発動後構え解除し次のターンスキル使用不能
居合の構えを取っている場合
クリティカル攻撃になる
6 25 34
STR
免許皆伝 補助スキル
各構えの効果が上昇する
構えの極意を身に付ける事により
より高度な戦法を実現できるスキル
10 パッシブ -
戦意高揚 回復スキル
構えた状態でターン終了時、
TPが回復する
自身の闘志を利用し集中力を高めるスキル 4 パッシブ -
素早さブースト 補助スキル:ステータスUP
命中率・回避率・行動速度が上昇する
身のこなしを鍛えるスキル 8 パッシブ -

スキル詳細



無双
行動速度補正 135%
与ダメ、命中・回避補正 110%
被ダメ補正 90%
異常・封じ成功率補正 125%
フォースブースト
3ターンの間、構えを維持し、さらに全ての構えの効果を得る。
ただし、刀スキルが持つ次のターンスキル使用不可になる効果は防げない。
  • 『全ての構えの効果を得る』とあるが、構えスキルとは別枠の効果。構えスキルの習得レベルに関係なく (構えスキルが未修得であっても)、与ダメージ約1.1倍、被ダメージ約0.9倍、封じ・状態異常成功率上昇、命中・回避・行動速度上昇…と構え時ボーナスに似た効果が一通り掛かる。
    • 構えと無双の効果は乗算式で重複する。例えば「上段の構え」と「無双」が両方あるときは、どちらか片方しかないときよりも与ダメージが上がる。
    • 残像がツバメがえし等を撃っても構えていないためクリティカルにならないが、ブースト中に出た残像のツバメがえし等はこのブーストの効果でクリティカルになる。
  • 「無双」状態では、構え中専用のスキルが使用でき、『特定の構え中はクリティカル攻撃になる』スキルは全てクリティカルするようになる。
    • 構えていない状態でもフォースブーストする事で即座に構え専用技を放つ事ができるので、緊急構えとしても使える。
    • が、無双と構えはあくまで別物なので無構だと構え補正がない。
  • ターン切れによるフォースブースト解除の場合、「構え維持→フォースブースト解除」という順番で処理されるため、構えていた場合は構えターンは減らない。


一閃
攻撃力 Lvにより450~1300%
即死成功率 65
備考 敵瀕死時の即死率は要検証
フォースブレイク/腕技/STR・LUC依存
敵全体に強力な遠隔斬攻撃+即死効果。瀕死の相手には即死成功率が上がる。
  • 即死の成功率・威力ともに高く、仮に即死が出なくとも雑魚相手ならHP最大の状態でもほぼ確実に仕留められる。道中は大量の敵とエンカウントした時のために温存しておくと安心。連発はできないものの即死の条件ドロップを取る用途でも使いやすい。
    • 瀕死の相手に即死成功率が上がる、と記載されているが実際に上昇する条件等は今のところ不明。
      詳細は細部データ検証・考察のページにて。
  • 無双による与ダメージ補正がブレイクにも乗るため、実際の倍率よりも高威力。
  • 構え解除+スキル使用不可系の大技の次ターンでも唯一使える攻撃技。
  • このスキルを使った時点でフォースブーストが解除される。構えのターンもこのスキルを使用したターンから減少する。長期戦時は注意。


上段の構え
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8
攻撃力 110% 112% 114% 116% 118% 120%
効果ターン数 3 4 5
備考 -
構えスキル
上段の構え中、全攻撃力が上昇。
また、構えスキルの中で最もレベルが高い場合、戦闘開始時から3ターンの間、上段の構えを取る。
  • 刀を装備していないと発動しない。
  • 不意打ち時は自動発動しない。
  • 上記の効果ターン数はこのスキルの自動発動によって構えた際のもの。実際は3→4→5ターンではなく4→5→6ターンとなっている。
  • 自動発動と逆袈裟の追加効果から呼び出す事でのみ使用でき、単品で能動的に使う事はできない。
  • 倍率の計算がやや特殊で、他のパッシブスキルや強化スキルで算出された数値にこのスキルの倍率が乗算される。そのため、攻撃系パッシブやバフを多く積むほど効果が高くなる(詳しくはダメージ計算のページ参照)。


逆袈裟
Lv 1 2 3 4
消費TP 5 7
攻撃力 105% 108% 111% 125%
効果ターン数 3 4
備考 行動速度補正:50%
刀専用スキル/腕技/STR依存
敵1体に近接斬属性攻撃。発動後3ターンの間、上段の構えを取る。
既に上段の構えを取っている場合、クリティカル攻撃になる。
  • 攻撃後増える構えのターン数は3、マスターだと4になる。
  • 構えるスキル3種に共通する事項として、ベテランスキルを主軸とする場合は、構えが4ターンあればベテランスキルを2連続で使えるようになるため、攻撃効率が向上する。LvMAXまで上げておきたい。
    • 逆に、マスタースキルを主軸にする場合は、フォースブースト中を除いて構えが強制解除されてしまうため、このスキルのレベルはさほど重要ではない。
    • 追影の残滓やダブルアクションで2回発動すると構えも2回発動/延長される。


青眼の構え
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8
防御力
(被ダメージ率)
90% 87% 84% 81% 78% 75%
封じ・状態異常成功率 125% 130% 135% 140% 145% 150%
効果ターン数 3 4 5
備考 -
構えスキル
青眼の構え中、全防御力とブシドーのスキルによる封じ・状態異常の成功率が上昇。
また、構えスキルの中で最もレベルが高い場合、戦闘開始時から3ターンの間、青眼の構えを取る。
  • 刀を装備していないと発動しない。
  • 不意打ち時は自動発動しない。
  • 上記の効果ターン数はこのスキルの自動発動によって構えた際のもの。実際は3→4→5ターンではなく4→5→6ターンとなっている。
  • 防御力が紙のブシドーだがLv7まで上げれば安心して前衛に立たせられる程度には硬くなる。
    • ただしダメージ計算の関係上、DEFとMDFを下げすぎたり相手のATKやMATが高すぎると一気にダメージが跳ね上がる。装備と相手のステータスに気をつけよう。
  • 残念ながら刀の武器スキルには成功率上昇は適用されず、自身の腕封じ・睡眠・石化スキルのみが対象。
    その代わり補正がかなり大きく、パーティ全体で補助するとクリア後ボス相手でも成功率が100%に届くことも。


貫突
Lv 1 2 3 4
消費TP 5 7
攻撃力 105% 108% 111% 125%
効果ターン数 3 4
備考 行動速度補正:50%
刀専用スキル/腕技/STR依存
敵1体に近接突属性攻撃。発動後3ターンの間、青眼の構えを取る。
既に青眼の構えを取っている場合、クリティカル攻撃になる。
  • 攻撃後増える構えのターン数は3、マスターだと4になる。


居合の構え
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8
命中・回避率 110% 112% 114% 116% 118% 120%
行動速度 135% 143% 151% 159% 167% 175%
効果ターン数 3 4 5
備考 -
構えスキル
居合の構え中、命中率・回避率・行動速度が上昇。
また、構えスキルの中で最もレベルが高い場合、戦闘開始時から3ターンの間、居合の構えを取る。
  • 刀を装備していないと発動しない。
  • 不意打ち時は自動発動しない。
  • 回避率はそこそこ上がるが、当たる時は当たるので過信は禁物。
    • このスキルによる回避上昇効果は他の回避パッシブ・強化弱体スキルと違い減衰がかからない(他にはフォーススキルや猿飛など)。
    • フォースに頼らず強化弱体を多く積む場合、シノビ等より居合ブシドーの方が素の回避率が高くなるときがある。
  • 行動速度はブシドーのAGIと相まって超速の域に至る。味方のバフ・デバフにまで先行してしまうのがデメリットと言えばデメリット。
    • 免許皆伝や素早さブーストも合わせて取得すればサブクラスで取ったチャージショットで敵の先手を取れる程に速くなる。
  • 一方でやや単体火力の爆発力に劣るという弱点がある。
  • 上記の効果ターン数はこのスキルの自動発動によって構えた際のもの。実際は3→4→5ターンではなく4→5→6ターンとなっている。


鞘撃
Lv 1 2 3 4
消費TP 5 7
攻撃力 105% 108% 111% 125%
効果ターン数 3 4
備考 行動速度補正:50%
刀専用スキル/腕技/STR依存
敵1体に近接壊属性攻撃。発動後3ターンの間、居合の構えを取る。
既に居合の構えを取っている場合、クリティカル攻撃になる。
  • ブシドー唯一の壊属性スキル。高STRのブシドーに物理三属性が揃うのも強力。


空刃
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
消費TP 3 6 10
攻撃力 140% 145% 150% 155% 170% 176% 182% 188% 194% 230%
備考 行動速度補正:70%
命中補正:-8
刀専用スキル/腕技/STR依存
敵1体に遠隔斬属性攻撃。いずれかの構えを取っている場合、クリティカル攻撃になる。
  • 前提無しのノービススキル・低燃費・遠隔攻撃と扱いやすい性能の割に威力も高く、ベテラン解禁以降も主力として使っていける良スキル。
  • 構え中はクリティカルでさらに威力が伸びるため、これだけを連打しても誤魔化しではない一線級の継続火力が出る。このため、攻撃属性などのバリエーションを考えなければ後衛ブシドーも成立する。
  • 命中のマイナス補正が大きく、ブシドーのAGIでも居合以外ではミスがしばしば出る。masterからの素早さブーストがあると安定する。


小手討ち
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8
消費TP 4 8 12
攻撃力 120% 124% 128% 143% 147% 151% 155% 180%
腕封じ成功率 25 30 35
備考 行動速度補正:60%
命中補正:-4
刀専用スキル/腕技/STR・LUC依存
敵1体に近接突属性攻撃+腕封じ効果。いずれかの構えを取っている場合、クリティカル攻撃になる。
  • 素撃ちだと封じ率低め、発動遅めで不安定。青眼の構え込みならばまずまずの付与率となる。
  • 青眼の構えを取っていないならばブシドー唯一の突属性攻撃となる。
    • 青眼を取っていても貫突、雷耀突き共にスキル倍率が低いため、各スキルの前提分で比較すると小手討ちが最も強かったりもする。


息吹
Lv 1 2 3 4 5 6
消費TP 5 10
回復量(固定) 20 25 30 35 40 60
回復量(割合) 12% 14% 16% 18% 20% 25%
備考 行動速度補正:75%
回復スキル/頭技
自身と左右の味方のHPを回復する。
  • 回復量は固定値+対象の最大HPに応じた割合値(端数切捨て)。
    自身と左右の味方に回復量の差はない。
  • 固定値が大きめで中盤までなら回復量はかなりのもの。居合の構え中ならば、素早く範囲回復できるのも利点。
    • masterの素早さブーストがあれば他の構えでも素早い敵に先行しやすくなる。
  • 探索中でも使用可能。移動中の回復手段として見るなら終盤でもコスパ良好でパーティによっては重宝する。


採掘
Lv 1
備考 -
パッシブスキル
迷宮内での採掘時に追加で素材を入手可能。

兜割り
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
消費TP 12 15 20
攻撃力 270% 278% 286% 294% 319% 327% 335% 343% 351% 400%
備考 行動速度補正:60%
:命中補正:-50
構え消費ターン数:-2
刀専用スキル/腕技/STR依存
いずれかの構えを取っている間のみ使用可能。
敵1体に耐性を無視した低命中の近接斬属性攻撃。上段の構えを取っている場合、クリティカル攻撃になる。
発動後、構えの残りターン数が2減少する。
  • 上段★+皆伝★+クリティカル込みでインペリアルのドライブスキルに匹敵する継続火力を出せる、ブシドーの主力技。
  • 「耐性無視の斬属性」であって「無属性」ではないので注意。条件ドロップは斬属性で判定され、敵の物理カウンターにも引っかかる。もちろん斬属性を対象としたバフ・デバフの影響も受ける。
    • 耐性無視のため、斬耐性弱点でもダメージは増加しない。ドクトルマグスの巫剣のように抵抗力のみ無視する訳ではないので注意。
  • 適当に逆袈裟を挟みつつ兜割りを連打するのは、ブシドーの行動パターンの中でも対単体への継続火力が最も高い。
  • 他の構えターン減少効果スキルにも言えることだが、ダブルアクションや追影の残滓で2回発動した場合、構えの残りターンも2回分しっかり減る。構え維持の計算には要注意。
    • 発動した際、1回目の攻撃で構えターンが0になると、2回目は無構で撃つことになり、構え効果が得られずクリティカルしなくなる。
  • 命中補正に非常に大きなマイナスがかかるため、考え無しに振るってもまともに当たらない。脚封じや盲目などで一時的に回避率をゼロにするか、装備品、命中強化・回避低下スキルなどを組み合わせることでマイナスの命中補正を打ち消そう。
    • 命中上昇装備にバグが報告されており、バグ発生中であれば必中ゴーグル装備だけでマイナスを完全に打ち消せる。
      ただし不明な条件下(特に強化弱体パッシブを過剰に積んだ場合)で増幅が消えることもあるため過信は禁物。利用する前にこちらを要確認。
    • 各種命中↑の装備品のほかにAGIが上昇する装備でも命中率は上がるため、うまく組み合わせれば防具枠やバフ枠を消費せずに済む。
    • 最大レベルの居合+免許+素早さブーストかつ無双中で47%命中上昇。マイナスを完全に打ち消せないが、命中アクセ枠を他に割きたい場合の選択肢として。


卸し焔
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8
消費TP 5 9 13
攻撃力 110% 114% 118% 133% 137% 141% 145% 175%
備考 行動速度補正:65%
命中補正:-4
刀専用スキル/腕技/STR依存
敵1体に近接斬+炎複合属性攻撃。上段の構えを取っている場合、クリティカル攻撃になる。
  • 三属性刀技全てに言えるが、基本倍率が低いため対応した構えで1.5倍弱点を突いても空刃よりやや高い程度の倍率に留まる。
    メインの攻撃スキルとして使っていくなら、対応構えをメインにした上でプリン(セ)スの三色アームズを併用したいところ。
  • 上段型の場合、斬耐性持ちへの打点としても耐性無視の兜割りの方が優秀なのでこちらを伸ばす必要は薄いか。構えを消費しないという利点も切れたら構え直せば済む上段ではあまり意味がない。
    • 一般的な上段ブシドーなら兜割りを強敵戦用として伸ばし、こちらは雑魚戦や条件ドロップ用に1~前提分振る程度で十分だろう。


霞斬り
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
消費TP 9 13 18
攻撃力 200% 206% 212% 218% 238% 245% 252% 259% 266% 310%
睡眠成功率 30 40 50
備考 行動速度補正:20%
構え消費ターン数:-2
刀専用スキル/腕技/STR・LUC依存
いずれかの構えを取っている間のみ使用可能。
敵1体に近接斬属性攻撃+睡眠効果。青眼の構えを取っている場合、クリティカル攻撃になる。
発動後、構えの残りターン数が2減少する。
  • 睡眠率が高めでブシドーの場合LUCの低さを高STRと青眼の補正で補えるため、効果には期待できる。 
  • ブシドーのVETERAN帯までのスキルでは兜割りに次いで威力が高く、燃費も悪くない。あちらと違って命中補正のマイナスがないので、他職による命中サポートが無い場合や装備を固めたい時には十分にメインウェポンとして機能する。
  • 行動速度補正がかなり低く、AGIの高いブシドーでも発動はかなり遅い。睡眠が入った時に下手な攻撃で起こさずに済むのはメリットだが、耐久やLUCに難のあるブシドーでは攻撃できないリスクも頭に入れる必要がある。
    • 技自体の威力と発動の遅さが合わさり強敵に睡眠が入るまで打ち込み続けるという動きが自身と他のメンバーの足を引っ張らない点は霞斬りにしかない利点。
    • ただし、居合の構え+素早さブーストで行動速度を上げまくっていると他キャラの攻撃スキルに先行することがままある。居合メインの場合注意。
      • これより遅い攻撃技はドライブ、チャージショットなどその職を代表する大技が多いためそれで起こしても十分なリターンがある。ただし使う機会の多いヒーローのシールド2種には注意。
  • ダブルアクションや追影の残滓で再度発動した場合、構えの残りターンも再度しっかり減る。


雷耀突き
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8
消費TP 5 9 13
攻撃力 110% 114% 118% 133% 137% 141% 145% 175%
備考 行動速度補正:65%
命中補正:-4
刀専用スキル/腕技/STR依存
敵1体に近接突+雷複合属性攻撃。青眼の構えを取っている場合、クリティカル攻撃になる。
  • 三属性刀技の中で唯一の突属性。属性以外の基本性能は同じ。
  • 突属性と雷属性の組み合わせは通る相手が多く汎用性が高いので、青眼型なら取得しておくと何かと便利だろう。伸ばすかどうかはパーティ構成や運用と要相談。


横一文字
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
消費TP 15 20 27
攻撃力 150% 155% 160% 165% 180% 185% 190% 195% 200% 230%
備考 行動速度補正:65%
命中補正:-15
構え消費ターン数:-2
刀専用スキル/腕技/STR依存
いずれかの構えを取っている間のみ使用可能。
敵1列に近接斬属性攻撃。居合の構えを取っている場合、クリティカル攻撃になる。
発動後、構えの残りターン数が2減少する。
  • ブシドーの唯一の列攻撃。範囲攻撃はこれと散華のみなのでVETERAN帯では唯一の範囲攻撃になる。
  • Lv1だけなら前提と合わせて3スキルポイントだけで取れる。上段や青眼を伸ばしている場合でも少しだけ振っておくと対応力が上がる。
    • 命中・速度のマイナス補正がかなり大きく、命中補強無しだと結構な確率で討ち漏らしが出る。クリティカル無しだと威力もさほど高くないので過信は禁物。
  • ダブルアクションや追影の残滓で再度発動した場合、構えの残りターンも再度しっかり減る。


抜刀氷雪
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8
消費TP 5 9 13
攻撃力 110% 114% 118% 133% 137% 141% 145% 175%
備考 行動速度補正:65%
命中補正:-4
刀専用スキル/腕技/STR依存
敵1体に近接斬+氷複合属性攻撃。居合の構えを取っている場合、クリティカル攻撃になる。
  • 三属性刀技の氷担当。
  • 居合ツリーの攻撃スキルは範囲攻撃に特化しているため単体に使うには大振りになりがち。単体火力として空刃かこちらのどちらかは伸ばしておくと良い。


果し合い
Lv 1 2 3 4 5 6
攻撃力 108% 110% 112% 114% 116% 125%
備考 -
パッシブスキル
前ターンと同じ対象に攻撃する時与えるダメージが増加する。
  • 攻撃を回避されると発動しない。
    • 多段攻撃で最後が回避で終わっても、いずれかが命中してダメージを与えていれば発動する。
    • ATTACK(通常攻撃)やアイテムによる攻撃でも発動する。
  • ボスのような耐久力のある相手ならほぼ常時発動する。他のパッシブよりも攻撃力上昇率が高いので、対ボス戦を重視するなら優先的にレベルを上げたい。
  • そのターン中に何らかのスキルで敵にダメージさえ与えれば、自身が選んだコマンド以外のスキル攻撃でも適用される。ショーグンの陣スキルや血の暴走による攻撃でもOK。
    • ブシドーには可能な限り攻撃に集中させてあげたいが、どうしても防御や回復に回らざるを得ない場合は上記スキルを活用して効果を継続させたい。
    • サジタリウスの矢などのダメージでも適用される。
  • 前作ではMOVEで移動すると継続が途切れる・逆に習得者以外の前ターン攻撃を引き継げる仕様が存在したが今作では修正されている。


物理攻撃ブースト
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8
攻撃力 104% 105% 106% 109% 110% 111% 112% 115%
備考 -
パッシブスキル
物理攻撃力が上昇する。
  • 火力こそ正義のブシドーには必須ともいえるスキル。とりあえずLv1を優先して取り、折りを見て最大まで伸ばしたい。

ツバメがえし
Lv 1 2 3 4 5 6
消費TP 20 28
攻撃力 180% 195% 210% 225% 240% 180%
攻撃回数 2 3
備考 行動速度補正:75%
構え消費ターン数:-10
刀専用スキル/腕技/STR依存
いずれかの構えを取っている間のみ使用可能。
敵1体に2回近接斬属性攻撃。上段の構えを取っている場合、クリティカル攻撃になる。
発動後、構えを解除し、さらに次のターンはスキル使用不可になる。
  • 他のマスタースキルとも共通の事項で、次ターンはスキル使用不能・再使用したければさらに構える必要があるので、再使用までに3ターン掛かる。
    • 次のターンは「スキル」コマンド自体が選択不能になるため、サブクラスのスキルなどもまとめて使用不能。
    • フォースブーストしていれば構え解除のペナルティは無視できる。加えてスキル使用不能でもフォースブレイクは可能なため、一度限りではあるが両方のペナルティを踏み倒すことができる。
  • ブシドーのスキルでは最も火力が高く、兜割りと比較すると瞬間火力、速度・命中補正に優れる。
    • 兜割りを主軸にする型でも命中補助を強化や状態異常など戦術面に頼る場合はその援護なしで高火力が出せるためSP分のリターンはある。
    • 厄介な雑魚敵やボスのお供等を確殺したい場合、防御しないと耐えられない技やカウンター技などで次ターン攻撃できないことが分かっている場合に便利。
      • ラストオーダー、プリン(セ)スやリーパーのフォースブレイクなど、1ターンに火力を集中させたい時にも有用。
      • これの発動ターン(および次ターンでの一閃)で敵を全滅させられれば高火力と安定性だけを享受できる。
    • 普段は後列から空刃、構えが切れる直前だけ前に出てツバメがえし…という戦法で、兜割り連打には劣るものの十二分な継続火力を出すことが可能。火力と安定性を両立したい場合に。
  • 一方、継続火力については前述のデメリットも相まって兜割りに劣ることが多い。 
    • 「逆袈裟→ツバメがえし→通常攻撃」と「逆袈裟→兜割り→兜割り」とでターンあたりのダメージを比較した場合、斬弱点(倍率1.5)の敵に対しては、ツバメがえしの方がデメリット込みでも有利。
      しかし全属性弱点(倍率1.25)の敵に対しては、通常攻撃が確定クリティカルでないぶん兜割り連打に僅かに劣る。
      • 全属性弱点ではない斬属性弱点(倍率1.5)のモンスターは数えるほどしかいないため、兜割りの方が総合的に優れているといえる。
    • また、ツバメがえしを習得できる頃には大抵必中ゴーグルなどで兜割りのネックとなる低命中を解消できているため、兜割りを捨ててまでこのスキルを主力にする理由も乏しい。
  • 鈍通し・散華もそうだがダブルアクションや追影の残滓が発動した際構えを解いてから2回目の攻撃を行うため構え補正やクリティカルはない。
  • 総評するならばブシドーの必殺技やメイン火力というよりあると便利な副武装の類のスキルである。


鈍通し
Lv 1 2 3 4 5 6
消費TP 17 24
攻撃力 330% 345% 360% 375% 390% 480%
石化成効率 25 28 31 34 37 50
備考 行動速度補正:25%
構え消費ターン数:-10
刀専用スキル/腕技/STR・LUC依存
いずれかの構えを取っている間のみ使用可能。
敵1体に近接突属性攻撃+石化効果。青眼の構えを取っている場合、クリティカル攻撃になる。
発動後、構えを解除し、さらに次のターンはスキル使用不可になる。
  • 数少ない石化スキルだが、連発できないデメリットが目立つ。その分青眼の構えの補正、ブシドーの高STRにより石化率は高いので、石化中に態勢を整えたり火力を集中させるパーティ構成にできれば戦術に組み込めるだろう。
  • 霞斬りで睡眠を入れた後これで起こしつつ石化を入れる戦法はシンプルながら非常に有用。霞斬りのための虚弱の瘴気、グッドラックなどの強化弱体もそのまま流用でき、ボスの体力が減ってきたころに決まればそのまま決着がつく場合も。
    • 石化と兜割りの相性は非常に良いが、ツバメ返しと同様に兜割りを発動できるのは3(2)ターン後。その頃には石化は解除されているか切れかけであるため、他のメンバーかサブクラスで対策が欲しいところ。
      • 一閃だけは直後に出せるが、石化の物理耐性上昇の影響を受けるため相性は悪い。
  • リーパーのフォースブレイクとは高威力な点、発動時は確実に石化を入れたい点、石化は相手が行動する前に入れたいが鈍足である点、行動順が遅いため石化の物理耐性上昇の影響を他の物理アタッカーが受けづらい点などが噛み合い非常に相性が良い。
    • ただし上記の霞斬り→鈍通しで起床のコンボにこだわってしまうと折角のフォースブレイクの恩恵を他のメンバーが受けづらく相性が良くない。ケースバイケースで。
  • 発動速度が遅いため、ツバメ返しの得意とするような体力が多くて厄介な雑魚敵を即殺する目的には向いていない。
    • 2ターン目以降に倒せればいい、もしくはアザーズステップ、夢幻陣形と組み合わせるのなら石化の追加効果も相まって有用。
  • 突属性の高火力技であるが、突弱点の雑魚敵は耐久低めで複数体並ぶタイプが多く、斬耐性持ちに攻撃する用途でも斬属性が△の相手は突属性も△の場合が多いため、いまいち活用できる局面が少ない。
    • 終盤の迷宮には高耐久で突弱点の雑魚もたまに出てくるが、逆に言えば全体を通してその程度ということでもある。
    • 技自体も高威力と言っても上段の構え兜割りと同程度なので、継続火力は他スキルを使った方が高くなる。あくまで石化を活かす事を重視しよう。


散華
Lv 1 2 3 4 5 6
消費TP 25 34
攻撃力 270% 285% 300% 315% 330% 410%
備考 行動速度補正:40%
命中補正:-10
構え消費ターン数:-10
刀専用スキル/腕技/STR依存
いずれかの構えを取っている間のみ使用可能。
敵全体に遠隔斬属性攻撃。居合の構えを取っている場合、クリティカル攻撃になる。
発動後、構えを解除し、さらに次のターンはスキル使用不可になる。
  • ブシドー本職で唯一の全体技。雑魚戦では構え解除デメリットもさほど気にならず、有効な範囲攻撃として使える。
  • 今作では説明文に無いが、世界樹Ⅴの同名スキルと同じく、敵の数に応じて1体当たりへのダメージが減衰する。
    • 今作では他の一部の続投スキルも重要な仕様が説明カットされている場合があるので注意。
    • 元の威力が高く後列にも等倍で通るので減衰しても全体攻撃の威力としてはあまり問題ない。
+減衰率の検証
減衰率 = 1 ÷ √(敵の数)

クエスト「危険な花畑」の危険な花びらに対して、ブシドー(サブシノ、ATK510)が散華で攻撃。
敵1体の時のダメージを100%として減衰率を計算。
敵数 試行回数 平均ダメージ 減衰率
1体 12回 11584 -
2体 12回 8109 70%
3体 12回 6604 57%
4体 12回 5772 50%
5体 15回 5203 45%
6体 18回 4715 41%


免許皆伝
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
与ダメ補正
(上段の構え)
102% 103% 104% 105% 106% 107% 108% 109% 110% 112%
被ダメ補正
(青眼の構え)
98% 97% 96% 95% 94% 93% 92% 91% 90% 88%
異常・封じ率(青眼の構え)
行動速度(居合の構え)
104% 105% 107% 108% 110% 111% 113% 114% 116% 120%
命中・回避補正
(居合の構え)
2 2.4 2.8 3.2 3.6 4 4.4 4.8 5.2 7
備考 攻撃力、防御力、行動速度他多数のパラメータへの影響を推測
パッシブスキル
各構えの効果が上昇する。
  • 免許皆伝Lv10上段の構え★で与ダメージ率約1.34倍。それぞれ半分(サブ全振り)で約1.21倍。
  • 免許皆伝Lv10青眼の構え★で被ダメージ率約0.66倍。それぞれ半分(サブ全振り)で約0.79倍。
    封じ・状態異常成功率約1.8倍。それぞれ半分(サブ全振り)で約1.49倍。
  • 免許皆伝Lv10居合の構え★で行動速度約2.1倍。それぞれ半分(サブ全振り)で約1.66倍。
    回避命中率+27%。サブ最大で+17.6%。
  • このスキルによる上昇効果は各構えおよび無双の上昇効果と同様に独立枠であるため同じ値の強化スキルよりも強力。


戦意高揚
Lv 1 2 3 4
回復量 1 2 3 5
備考 -
パッシブスキル
構えた状態でターン終了時、TPが回復する。
  • 最大まで上げると、3止めした逆袈裟などを実質TP消費0で使える。VETERAN帯のスキルを主軸にする場合は構えを維持しているターンが多いため、より有用になる。


素早さブースト
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8
命中・回避率補正値 2.5 3.1 3.7 5.7 6.3 6.9 7.5 10
行動速度 106% 108% 110% 116% 118% 120% 122% 130%
備考 -
補助スキル:ステータスUP
命中率・回避率・行動速度が上昇する。
  • 高AGIだが全てのアクティブスキルにマイナスの速度補正を持つブシドーにとって、特に居合以外の構え時には速度命中の補助に重宝する。
    • 味方のサポートを追い抜いてしまう事もあるので上げる際は計画的に。
  • 「居合の構え」とは効果が合わさり、さらに命中回避力と速度が増す。
  • 命中率上昇効果は装備品の命中upに比べると効果が劣る点に注意。
    • メインブシドーならば元々のAGIもありそれほど気にならないが、サブで取得する場合等は僅かなマイナス値であっても完全に打ち消せないことがある。


サブクラス

  • 構えには「構えるだけ」でも刀が必須なので異なる武器種のスキルは使いにくい。パッシブでブシドー本職のスキルを強化する方向が主となる。
    • 構えターン数を圧迫しない強力なサブ攻撃スキルは需要があるものの、ブシドーの攻撃スキル内で完結しやすいこともあって選択肢がかなり少ない。
  • 防具はメインに依存する為、何を選んでも殆どの本職より防御が大幅に劣る事には注意。
    • 攻撃を伴う盾スキル(壊攻撃+追加効果)が目的なら盾を持つという選択肢はアリ。ただでさえ低い防御力をサブウェポン装備で更に下げずに済み、自前の壊攻撃である鞘撃と違って居合以外の構えの邪魔にもならない。
    • 盾装備による行動速度低下も自前の素早さブーストである程度は打ち消せる。
  • 生粋のアタッカーであり果たし合い持ちでもあるため、アクティブスキルを目的にサブを取る場合は攻撃+αの複合スキルを中心に考えると良いだろう。
    • 弱体役にしたいならミスティックやリーパーではなくソードマンを、回復役にしたいならメディックやドクトルマグスではなくヒーローを、といった具合。

▼ ブシドー/ヒーロー
  • 元々攻撃スキルを連打しやすいクラスのため、鼓舞とは好相性。
  • 鼓舞の回復効果で落ちづらくなる。
  • 残像には構えが保持されないのか、通常時の残像からは刀スキルのクリティカルが伴わない。構え時限定のスキルについては、本体の構えが途切れてもスキル発動自体はする。
    • ブースト中に発生した残像は無双の効果で刀スキルがクリティカル発動となるが、それでも三種の構え補正や果し合い有無の差などにより、本体より目に見えて威力が落ちる。
  • シールドアーツ&マテリアで果し合いを維持しつつ自身を含めた全体を防御出来る。
  • サブクラス取得時点では立ち回りの安定に一役買う部分があるが、ヒーローのスキルを伸ばしていくメリットが薄く、スキルポイントに余裕ができるに連れ伸び悩む。

▼ ブシドー/パラディン
  • 耐久力の低さを単独でカバーしていく組み合わせ。HP、物理防御、属性防御のブースト、決死の覚悟やオートガードといったパッシブスキルで耐久力を向上させられる。
  • 渾身ディフェンスの軽減率は最大Lvの防御の号令を上回る高さなので、各種パッシブと合わせて生存率をかなり高められる。
  • 高いSTRを生かし、<ネタバレ>を装備してのシールドフレアなんてことも出来るがややネタ気味か。
  • ガードスキルを使うよりは攻撃したい職業だが、三色ガードは少ないスキルポイントで大きな効果があるため、いざというときのために取得しておくのも悪くない。
  • 盾を壊攻撃を得る手段として見た場合は、シールドスマイトが居合以外の構えを維持したままでの壊攻撃、シールドラッシュがどの構えでも使えるデメリット無しの全体攻撃になる。
    • 速度を高めた居合ビルドの場合、先んじて高命中率のシールドラッシュを撃ち込むことが可能になり雑魚掃討が更に楽になる。ガンナーの掃射と異なり近接攻撃なのがネックだが武器を2枠用意しなくていいのは利点。

▼ ブシドー/メディック
  • WISが低いためHP回復スキルとの相性は悪い。あえて取得するのであればWISに依存しないリフレッシュやリザレクション辺りだろうか。
  • 高STRに任せてヘヴィストライク等を使わせることもできなくは無い
    • 攻撃力が高いとはいえ、そもそもヘヴィストライクのLv10とLv5では1.5倍ほど倍率の差があるので注意。ただブシドーの豊富な攻撃系パッシブがすべて乗れば実質的に近い倍率までもっていくことは出来る。
  • 博識や警戒斥候など戦闘外で役立つスキルも。

▼ ブシドー/レンジャー
  • ブシドーの敵に先制されると構えが発動しないため立て直しが難しいという弱点を、危機感知を取得することで緩和できる。先制無効化時に構えが発動する訳ではないのであくまでも被害の軽減に留まる。
  • 上段・青眼の構え時は弓スキルの範囲攻撃を目当てに取得してもいい。耐久力は犠牲になるが非上段時でも本職以上の火力が出る。
    • 武器ATK込みでフランクショットは横一文字よりやや威力が低いが、速度命中面と燃費面、遠隔攻撃かつ構えを消費しない点で使い勝手が勝る。
  • 素早さブーストで行動速度や回避をさらに強化できる。
  • 1つの構えに絞って育てた場合、後半はSPが余りがちになるのでそれらを探索スキルに回すという手も。

▼ ブシドー/ガンナー
  • 物理攻撃ブーストを重ねて攻撃力を強化出来る。元々果し合いと物理攻撃ブーストで加算倍率を稼いでいるので効果は控えめだが無駄にはならない。
  • 発動率は低いが、ペネトレイター、ダブルアクション等の強力なパッシブが取得出来る。ただし、ダブルアクションはスキルの構えターン減少も2回発生してしまうので注意。
    • 特に青眼型や居合型だと意図しない発動で戦術が崩壊する可能性があるので取得しない選択も重要。逆に上段型は次のターンの攻撃を先取りするだけなのでそれほどデメリットはないと言える。
    • 兜割りやツバメがえしの項にもあるが、スキルで構えが解けると同時にダブルアクションが発動した時は無構で2回目の攻撃を行う。
  • 照明弾や陽動射撃で刀スキルの命中を補える。
  • 銃スキルを軸にする場合、居合の構えは中々好相性。速度や命中に難のあるスキルが多いので、それらをカバー出来る。
    • 最大まで上げた居合の構え+免許皆伝+素早さブーストの速さをもってすればチャージショット系ですら先手を取ることが可能。居合型では不足する単体相手への決定打が得られる。
      • 素早い敵に先制されても居合なら回避できる可能性が残るとはいえ、過信は禁物。
      • 雑魚戦でも掃射が便利。掃射は散華より燃費がよいので居合型でも使い分けられる。
    • LUCこそ低いものの最高のSTRを持つおかげでスナイプへの適性もメインガンナーとほぼ同等。スキルレベルやサブクラスの差で付与率の最大値には差がつくが、居合型なら先制スナイプという独自の強みも。
    • 構えと各種銃スキルの両立には刀と銃の二刀流が必要なので、耐久を補うために後列配置やVIT補正付きの刀などの工夫をしたい所。

▼ ブシドー/ドクトルマグス
  • 物理攻撃、HP、抑制防御と相性の良いブースト系スキルが取得出来る。
  • 吸命、吸気、奮起と独特なパッシブスキルが揃う。これらは攻撃しながらでも条件を満たせるパッシブなので、果し合い維持の関係で攻撃行動を取り続けたいブシドーと相性はいいと言える。
    • 二刀流必須になるためリスクは非常に高いが巫剣関係も扱える。巫剣マスタリーで攻撃力かTPの底上げ、各種巫剣で攻撃を継続しながらデバフ付与や高確率封じなどが可能。
    • ただし巫剣マスタリー以外は敵を封じ・状態異常にしなければ活かせないので、ブシドー単独で条件を満たすなら必然的に青眼運用となる。
  • ブシドーで取る必要性は薄いが転移や反魂は緊急時の保険になる。

▼ ブシドー/ハイランダー
  • 物理攻撃ブーストで長所を伸ばし、HPブーストと物理防御ブーストで短所を補う事が出来る。
  • 血の暴走やブラッドベールもやや癖があるが火力と耐久を底上げしてくれる。
  • ブラッドウェポンが使えるのは単純に便利だが、攻撃技を連打する動きに向くブシドーが攻撃の手を止めてしまう点はアンチシナジーなので、効率を追求するなら他のキャラに掛けてもらう方が良い。
    • それでも使うつもりなら可能な限りターンを延長し、バフの掛け直しで攻撃の手を止めないようにしたい。
  • ブラックサバスは武器種に関わらず使用可能な範囲攻撃。威力の面では散花や横一文字には及ばないが、遠隔・無属性・回復効果・構えの制限無しといった利点を持つので状況によって使い分けたい。
    • 空刃を利用した後衛ブシドーの場合、ブラックサバスも遠隔攻撃、かつ単体の空刃に対してこちらは全体攻撃なので相性が良く、欠点である行動パターンの少なさが解消される。後衛補正やブラッドウェポン等も併せて前衛ブシドーとはまるで性格の異なる戦法が可能になる。もちろん前に出ても普通に戦える。

▼ ブシドー/プリン(セ)ス
  • AGIが高く速度補正パッシブを多く持つため素早く号令を掛けられる。が、どちらかといえば自身が攻撃した方が良いだろう。
  • バフを受ける機会は多いため、王の威厳や王家の血統は好相性といえる。
  • クリアランスはSP1で取れ、本職よりも早く厄介なデバフや敵の強化を解除できる。パーティで他に適役が居なければ。

▼ ブシドー/ショーグン
  • 使用武器が同じなのでショーグンの攻撃スキルを装備を変えずに使える。一部のスキルは2刀でないと性能が低くなってしまうのでさらに打たれ弱くなることに注意。
  • クリティカルが発生しないので1刀スキルの火力自体は控えめだが、メインの構えに足りないものを補うようにスキルを取っていく事で大きく扱いやすさが増す。
    • 雷切はクリティカル無しの雷耀突きよりも威力・発動速度共に勝るため、青眼以外での雷属性として優秀。
    • 明星は構えターンを消費せずに列攻撃が可能。日中ならクリティカル無しの横一文字と比べても遜色ない威力。お互い低レベル・非クリティカル・日中なら威力はこちらが上、居合以外での範囲攻撃に。
    • 祟り打ちは構えを変更せずに壊属性攻撃が出来る。追加効果も狙いやすいがやや前提が重いか。
  • 血染めや飛鳥落としなど、特に居合型で活用しやすい強力なパッシブも揃う。
  • 素のSTRとパッシブの差(血染めなしの場合)で★にした本職よりも2刀スキルや一騎当千の威力が高い。ブシドーのメインスキルの威力を上回る場合も。
    • 一騎当千は追撃回数が増えると飛鳥落としのLv差から差が縮まってくるが、そもそも<ネタバレ>込みで専用パーティを組まない限り差が目立つ段階まで行ける事の方が稀だろう。
    • サブ双燕の威力は自身のクリティカル属性攻撃以上、五輪の剣は属性弱点1.5倍相手には兜割りループを上回る継続火力を出せる。
    • 高AGIと素早さブーストのおかげで本職よりも先行しやすくMISSもほぼ出ない。
  • アクティブ・パッシブ共に魅力的なスキルが多いが、スキルポイントがとにかく厳しいので取捨選択は慎重に。

▼ ブシドー/ゾディアック
  • 扱える属性が多いため特異点定理で火力強化が可能…と思いきや、高倍率スキルの属性は斬と突に偏っていたり兜割りは耐性無視だったりと実際の相性はいまいち。
    弱点を突くことが前提となる三属性刀技を主力にするならと言った程度か。
    • レストアエーテルも高消費スキルが少なく、構えの都合で連発することもないブシドーでは効果が薄い。パッシブでの火力強化はほとんど望めないと思った方が良いだろう。
  • 目玉はやはり先見術、ブシドーの高い火力を乗算でさらに高められる。果し合いこそ乗らなくなるが連発できないスキルや一閃の火力強化に有効。
    • ただし前提が重い上に腐ってしまうし、使える状況も限定されるので考えなしに取っても有効活用は難しい。属性対策を兼ねられる点や瞬間火力に価値を見出だせるなら。
  • TPブーストやTPカットで継戦力の向上。高火力範囲攻撃ができる居合型ならリターンエーテルも狙いやすい。

▼ ブシドー/シノビ
  • 分身して手数が2倍に、単純だが強力。単独で火力が出せて比較的TP効率が良く、フォースへの依存度が低いため分身適正は高い。耐久が低いためせっかく出した分身を倒されないように気をつけたい所。
    • ツバメ返し等のデメリットをフォースブレイクで踏み倒し、以降は分身して戦うと無駄が無い
    • 純粋に攻撃力が高いので、頭数を増やしてショーグンの陣スキルで攻撃させる戦法とも好相性。
  • 本体と分身で別々の構えを使えるのはサブシノビならではの強み。人数が増えることで構え直しの手間なく色々なスキルを使える。
    • 居合と上段で単体攻撃と範囲攻撃を分担することで、ボス敵の呼ぶお供に素早く対応できるようにする。青眼で状態異常を入れ、回避不能になった所をもう片方の兜割で攻撃する。など。
  • パッシブは消費TP軽減に加え、火力増加、状態異常付与率増加、回避増加と3種類の構えの特徴を更に伸ばすものが揃っている。
  • 非居合型の場合、含み針が低燃費かつ出の速い範囲攻撃としてなかなかに優秀。
  • 居合の構え+潜伏・雲隠で回避特化型に。夢幻陣形もあると回避率100%に到達しやすい。

▼ ブシドー/ファーマー
  • 戦意高揚と怖いもの知らずで回復したTPをお裾分けで味方に譲渡できる。戦意高揚だけで4止め、怖いもの知らず込みなら9止め空刃を毎ターン使ってもTPが黒字になるので長期探索のお供に。
  • 勿論各種探索スキルも便利なものが揃う。
  • 収穫祭が便利、どころの話ではない。敵封じ時532%の全体攻撃+それなりに発動する即死付きと一閃をマイルドにした性能であり、それを最高STRのブシドーが連発できるのだから冗談ではない火力・殲滅力を発揮できる。
    • ブシドーのスキル自体は強化できないが立派にアタッカー向けの選択肢。前提なし5SPで完成する。
    • セスタスの怒涛と比べると、こちらは『敵が封じにかかっている総時間』が長いほど有利。封じ役が少ない場合でも機能する。

▼ ブシドー/ソードマン
  • ブシドーの主力スキルと相性が良いシングルデボート、ステータスを生かせる先駆けの功名はどちらも高倍率のパッシブスキル。剣士の心得も果し合いや構えの仕様とガッチリ噛み合うため、攻撃面でのシナジーが良好。
  • AGIが高いが、マイナスの速度補正を持つスキルが多いため、剣士の心得や先駆けの功名はそれだけでは発動しないことも多い。居合の構え、素早さブースト、ヴァンガード、剣スキルなど、先手を取る手段は豊富なのでそれらでカバーすれば十分な効果を発揮できるだろう。
    • 素早さブーストを最大まで上げれば大抵の刀スキルで先手を取れる。だだし青眼のスキルは速度補正が極端に低いものが多いのでやや相性が悪い。
  • STRとAGIはソードマンを上回るので、リンクスキルを使わせる事も出来る。
    • ブシドー側の属性スキルと三色リンクは一長一短。大ダメージを出すのに前者は特定の構えが必要で、後者は着火のための後続が必要。育成方針やパーティ戦略に合わせて使い分けるといい。
      • 特定の構えに特化する場合はその構えで取れる属性スキルだけ取り、他の2つはリンクで済ませるのも手。
  • 物理防御ブーストで耐久を底上げ出来る。
    • 特に構えとリンクを両立する場合は必然的に二刀流になるため、防御面を補強できるのはありがたい。
  • 盾スキルに関しては果し合いを維持しながら、デバフを行える単体壊攻撃になる。構えのターンとデバフのターンの管理の両立が少々面倒だが、デバフ枠に余裕があるなら選択肢に入れてみてもいいだろう。兜割りを当てる前の下準備としてスピードブレイクを使うという方法も増える。

▼ ブシドー/ナイトシーカー
  • 状態異常主体のパーティの時に。夜賊の心得と追影の残滓での火力の底上げが狙える。
  • 闇討マスタリは乗算タイプのパッシブスキル。果し合い、夜賊、バフ等の上に乗算で乗るため、発動までが大変だがダメージは数値以上に強力。
    • 青眼の構え・無双状態での霞斬りと鈍通しは他のバステ職に勝るとも劣らない高付与率となる。敵の耐性にもよるが、2つまでなら容易に闇討を乗せることが可能。
    • 後述の投刃スキルも補助次第ではかなりの確率で付与させることができる。闇討ち3積みも決してロマンではなく実用範囲。
  • 投刃は威力こそ空刃に劣るが遅延行動補正が入らないため、居合や素早さブーストに頼らず安定して敵に先制攻撃できる。高STRのおかげで成功率も比較的高い。
  • ハイドクローク関連のスキルで低い物理防御をカバー出来る。
  • 素早さブーストを重ねられる。居合型では回避重視、それ以外では命中重視の取得となる。
  • ツバメ返し、鈍通し、散華を使用した次のターンはスキル使用不能のため、通常攻撃のダメージを増やせる追影の刃を持たせるのもいい。
    • 兜割りやツバメがえしの項にもあるが、スキルで構えが解けると同時に追影の残滓が発動した時は無構で2回目の攻撃を行う。
    • なお、刀と剣の2本持ちでナイトシーカーの攻撃スキルを運用する事も出来なくはないが、耐久が紙同然に。
  • 抑制攻撃ブーストこそないが、青眼時の状態異常付与率の高さを加味すれば青眼運用での適性はピカイチ。
    • ただし、鈍通しでの石化付与後は自前のスキルでは低倍率の三色スキルか兜割りくらいしか有効打がない。他の火力要因に頼る、あるいは自身が暴れられる場を整えるよう立ち回るなど、良くも悪くもパーティ依存度の高いサブとなる。

▼ ブシドー/ミスティック
  • 抑制攻撃ブーストやTPリターンは青眼の構えと相性が良い。
  • LUCもINTも低いので陣関係のスキルを使いこなすのは難しい。あえて使うのであれば他の味方が破陣スキルを使うための準備といったところか。居合+素早さブーストでまず破陣役に抜かれることはない。

▼ ブシドー/インペリアル
  • 砲剣はサブウェポンとして装備出来ないため、特に拘りが無ければパッシブ系や補助スキルを取る事になる。
  • 6属性全てを扱えるので、コンバーターを発動させやすい。

▼ ブシドー/セスタス
  • 闘魂・怒涛が強力。特に怒涛は最大で+50%ものダメージ増加となる。
    • こちらは収穫祭型と比べると『異常封じを複数付与して短いターンに火力を集中できる』タイプ。ターンに限りのある構え→刀スキルとの相性は良い。
    • 敵が封じになっている時間にも限りがある。また怒涛が発動出来る時に構えが切れてスキルが使えない、なんてことにならないように気をつけよう。
    • どちらも単体完結性が低いことは念頭に置きたい。
  • HPブーストや抑制攻撃ブーストもあるので青眼運用において適正が高い。
    • 霞斬りや鈍通しはデメリットの関係上連発しにくいため、付与率を上げる瞑想とも相性が良い。
  • ミリオンラッシュがあればツバメ返しなどの次ターンに通常攻撃の増加が狙えるが、武器が2つ必要だったり発動率が低めだったりと安定しない。

▼ ブシドー/リーパー
  • 瘴気兵装で行動速度を強化でき、黒き衣や黒き波動の効果を受けられる。黒き波動+戦意高揚で毎ターン7のTP回復。
  • 兵装に関係なく発動する死の耐性も有用。
  • 鎌を装備すれば構えターンを減らさず範囲攻撃が可能に。
  • 長期戦では兵装と構えの両方を維持しようとすると攻撃の手が緩んでしまいがち。どちらかといえば開幕発動を生かして雑魚戦で力を発揮するタイプだろう。

◆他職のサブとしての注意点
  • 刀無しで使えるのは、息吹・物攻ブースト・果し合い・素早さブーストの4種のみ。
    • だが、息吹以外のパッシブ3種だけで物理アタッカーにとって必要なものは大体揃っており、堅実に火力を上げることができる。とくに物攻ブーストと素早さブーストを両立しているのはブシドーだけ。
      • 素早さブーストは一見地味だが命中補強と行動速度上昇を両立できるため、AGIの低いアタッカーにとっては意外と重要なスキル。また、本作では命中や行動速度に若干のマイナス補正が入る攻撃スキルもAGIの高い職業にも散見されるのでそれらの補強にも。
  • 防御を減らしてでもサブ刀を装備するかどうかは、しっかりと検討したい。
    • 刀の要らないパッシブで物足りない、さらにステータスを上げたい、攻撃能力を持たせたいなどとなった時に刀を持たせよう。
    • 自動発動する構えにより、メイン職に必要なステータスを容易に強化することができる。構えは強化枠を使わない利点も大きい。
    • 特に、上段の構えと免許皆伝を取得して刀を装備すれば、本職の半分のLvといえども他のサブクラスのパッシブとは桁違いの効果を発揮する。参考までに最大強化の上段兜割りは実質478%+上段補正(無構から見ると578%)と実質無構ソードテンペスト★を上回りこれでも強力。
    • 開幕から速度上昇できる居合など、強化内容も他に無い独自性がある。短期決戦の雑魚戦で特に有効。
    • 定期的に構え直す手間は掛かる。持続ターンも本職より短い。
    • 防御上昇目的で青眼の構えを使う場合、本末転倒にならぬよう注意。
    • 刀をメインに置ける職ならばこの点は問題ない。元から刀のショーグンのほか、武器を選ばないパラディン、ファーマー、後衛補助系職、盾ソードマン、短剣スキルを捨てたシノビ等。
    • 戦意高揚は微量でも確実に回復するため、継戦能力が間違いなく伸びる。


コメント欄


  • ブシソド作ってみたけど上段空刃兜割とパッシブだけで完成しちゃうから、ポイントが60ぐらい余って困る。 - 名無しさん (2019-06-01 20:16:46)
    • 特に拘りがないなら盾スキルを。スピードブレイクで兜割りの命中率を多少改善できる。フルブレイクは殺戮盾で上段ならサブ取得でも十分な火力。あと盾装備は弱点である物理防御力の改善にもなる。 - 名無しさん (2019-06-01 21:52:40)
    • ツバメ取ろうぜ。あと兜割ループよりテンペストやダブスト組み込んだ方がダメージ出る場面多いんじゃね? - 名無しさん (2019-06-01 22:46:12)
      • 確定クリティカルと刀の攻撃力がデカいからそうはならんぞ。上と同じく盾を持たせるついでにボス戦用に霞斬り鈍通しギミックも搭載したら? - 名無しさん (2019-06-02 15:05:09)
        • 引退130って仮想敵はそういう奴だろ? 普通に刺さる場面あるぞ - 名無しさん (2019-06-02 18:26:38)
    • アドバイスサンクス!先駆けと相性悪いと思って、遅い盾とか青眼系は切っちゃったけど、意外と相性良いのかな。試してみるわ。ツバメは取ろうかと迷ってた。ボス戦でなければスキル使用不可もそんな気にならないだろうし、たまにいる斬弱点の敵に弱点すら無視の兜割が勿体ない気がしてたから。 - 名無しさん (2019-06-02 23:48:48)
      • ブシは早いけど基本速度補正にマイナスが掛かるスキルが多いんで、居合型でもない限り先手を取れる機会は減るんで先駆けはおまけっていう認識でいい。 - 名無しさん (2019-06-03 06:44:24)
        • ヴァンガードで加速するのです。 - 名無しさん (2019-06-03 17:51:27)
          • ブシは構えにターン制限があるんでサブヴァンガードを自身でするよりメイン果し合いのほうで殴り続けるほうがダメージ効率が良いから他から強化を貰ったほうが良い。ヴァンガードを利用するならプリの高潔に合わせる時くらいかな。 - 名無しさん (2019-06-03 18:39:20)
  • 短期決戦パターンを確立した時のツバメがえしや雑魚散らしの散華に比べて、鈍通しのアピールポイントがわからない。装備特化すれば裏ボスでも3割くらいで石化倒せるけど、デメリットに見合う確率かと言われると - 名無しさん (2019-07-07 18:40:34)
    • 鈍通しはパーティー単位で想定して運用するスキルだからそう言われてもな - 名無しさん (2019-07-07 21:19:58)
      • だからどういうパーティーならブシドーの鈍通しが必要なのかって事を言ってるんだが。他の方が言ってるように次のターンスキル使えないからじゃあ石化役は他に譲った方が良いんじゃないかって思っちゃうし - (2019-07-08 03:50:06)
        • そう考えるってことは、その逆を想定すればいいんじゃね?次のターンに攻撃できる上段ブシやヒーローが他に複数いて、残りの枠もリーパーとかで埋まってて、石化を一発で決めるためだけに飯綱やアイテムアゲイン差し置いて鈍通しを採用するような前のめりPT。石化と相性悪いとはいえ、一閃のダメージが全く通らなくなるわけじゃないし - 名無しさん (2019-07-08 09:14:27)
        • 普通のテンプレパ(ヒロプリリパガン)にブシドー挿しただけのパーティーとかだね。鈍通しの項にあるようにリパのブレイクと相性いいからリパブシ入れて属性攻撃が得意なパーティーなら割となんでもって感じがする。一騎当千なんかもいい(ブシ/シカにして二刀流したら追影で着火できるし闇討ちも溜まる) - 名無しさん (2019-07-08 16:23:43)
        • なるほど、鈍通しで石化しなかったらやり直しレベルのパーティーなら他の石化より遥かにダメージソースとなる利点が活きるのか。参考になります、ありがとうございました。 - (2019-07-08 23:38:55)
      • 鈍通し使ったらもう一閃しちゃうけどね - 名無しさん (2019-07-08 19:08:36)
    • せっかく動き止めたのに次のターンにスキルで殴れないもんな。まあ裏ボスの話をするなら勝率度外視で勝ち方に拘ったPTとかでは需要あるんじゃねーの? - 名無しさん (2019-07-07 21:43:44)
  • 兜割りとツバメ返しの比較では「怪力の腕輪」を考慮すべきだと思う - ゴミ袋 (2019-08-21 04:58:05)
    • 比較対象ごとにATKに差を付けちゃうと敵のDEFでも基礎ダメージに差が付くようになって、今みたいに斬耐性のみで与ダメの大小を比較することができなくなるから無理。そこまで行くとダメージ計算機の領分で、wikiのスキル説明に書ける程度の情報量じゃ済まなくなるよ - 名無しさん (2019-08-21 14:41:48)
      • そこらへん無視して兜ループの方が強い!って何度も書かれてもな……。そんなん書くスペースあるならもうちょっと詳しく書いてもいいんじゃね? - 名無しさん (2019-08-21 15:40:33)
        • もうちょっと詳しく書くとね、味方のATKと敵のDEF次第で強弱関係が変わるから、例えば「令嬢相手でツバメの方のみ怪力の腕輪装備の場合、ツバメのATKが470未満ならツバメ有利、それ以上なら兜割り有利」くらいまで条件を限定しないと比較が不可能になるんだよ。そのうえこのwikiでは正確なダメージ計算式は判明していないから、そこまでやったところで正確に比較できてる保証がない(というか基礎ダメージの算出方法が間違ってる説もある) - 名無しさん (2019-08-22 00:45:48)
    • 足封じてから放ちゃいいじゃん。糞コテって名前の通りのゴミしか居ないな - 名無しさん (2019-09-19 09:53:16)
      • 100%決まって戦闘終わるまで解けない脚封じor暗闇があるならそれでもいいけどそんなもんないからな。相手の耐性に左右され過ぎてブシの装備どころでなく安定しねーわ - 名無しさん (2019-09-19 10:49:40)
  • シナリオ中は強いけどやっぱりクリア後の伸び悩みが惜しい、ツバメ系のデメリットは次ターン同じ構え使用不可くらいでもよかったんじゃないかと思う - 名無しさん (2019-08-31 13:51:21)
  • 攻略時のブシドーは敵のDEF×1.3~のATKを確保する事で他職へのアドバンテージを得られるし、クリア後のように敵DEFが上がりすぎてブシドーでも1.3倍のATKが確保できない環境では敵DEF-自ATKの値の大きさを活かして実ダメージ値で対抗できるように調整されているのではないかと思う。実際は引退ブーストなどで追い抜かれがちなわけだけど - 名無しさん (2019-08-31 19:28:28)
    • ↑自ATK-敵DEF - 名無しさん (2019-09-15 14:59:39)
  • 探索中は戦意高揚のTP回復が圧倒的で手放せないけど、ラスボスでは回復が追い付かないから他職と変わらないよね。兜割りの為に前衛にすると盾役が必要なのもマイナス。 - 名無しさん (2019-11-14 19:23:26)
    • それまでは一刀マスラオ気取っていられる程度に硬かった青眼もATKの暴力でさすがに本来の脆さが出てくるのも辛い所。まぁ8/31の上の木でも言われている通り、クリア後はちと辛いね。カボチャ割って育成要員にもなれるけど - 名無しさん (2019-11-15 00:04:22)
  • 散華の減衰率詳細版 1体:1=1/√1 2体:0.70700〜0.70717≒1/√2 3体:0.57730〜0.57746≒1/√3 4体:0.49991〜0.50008≒1/√4 5体:0.44710〜0.44726≒1/√5 6体:0.40815〜0.40832≒1/√6 火力強化無しのブシドー(ATK488)が危険な花びら(DEF33×2)を攻撃した時の加算乱数0、乗算乱数1.00時のダメージから逆算 - 名無しさん (2020-02-12 19:51:22)
  • 癖が強すぎて他のクラスとのシナジーが無さ過ぎ - 名無しさん (2020-03-02 21:19:38)
    • いや逆にクセが無いからとくにシナジーとか意識せず使えると言った方がいいんじゃないか。他職と組んで面白いのは青眼だぜ - 名無しさん (2020-03-02 21:38:55)
  • 構え中は『刀スキル』全てをクリティカルとかで良かった。ベテランは構え-1、マスターは構え-2くらいにして前有った無双連撃有れば良かった。無双連撃後は構え解除くらいで - 名無しさん (2020-03-02 21:24:12)
  • 130引退130でパッシブ盛って居合クロスキャノン掃射すれば自爆兎を介錯圏内まで入れてくれる。兜割りやチャージの火力、リンク着火もこなせる使い勝手のいいサブです。 - 名無しさん (2020-09-23 20:17:45)

最終更新:2020年12月06日 19:04
|