【種別】
紅世の徒”、通称

【初出】
XIII巻

【解説】
真名は“笑謔の聘”(しょうぎゃくのへい)。の色は常磐色。
頭が隠れる程大きな三角帽、襟を立てた燕尾服という風体をしていた。楽師を自称し、抱えた古風なリュートを爪弾いていた。
紅世”の導きの神覚の嘨吟”の眷属であり、主のために「新たなるもの」を見つけ出し、自ら生贄となって神意召還を行う役目を持っていた。
この見つけ出すという役目のためか、自在法千里眼』による索敵能力に長けていたようだ。本人は索敵という言葉を嫌い、XIII巻で城塞型宝具星黎殿』へ向かうシュドナイたちと共に列車に搭乗した際には、「感受性」と言い直すよう要求していた。
正確には生まれながらの眷属ではなく、探知能力に優れ好奇心旺盛な“徒”である彼(と同様の者たち)がシャヘルから眷属に任命されていたに過ぎなかった。

XX巻の幕間1(ダンタリオン教授ドミノ)、幕間2(ストラスオセ)の会話で、「導きの名を以て他者を誑かし唆す、口先だけの」の眷属であると示唆されていた。彼のいる陣営は、後に危機に見舞われたり、後に震源地となるようなことが多いと言われていた。

導きの神の一党に所属しており、いつの間にか『星黎殿』に居着いていた。
害意も賞賛も受けず、そこにただ在ることを許されていて、何と“祭礼の蛇坂井悠二ヘカテーの近くにも普通にいた。
大命』第二段階の『久遠の陥穽』への遠征団にまで、なぜか参加していた。これは、『千里眼』では両界の狭間を覗くことが出来ないためだったようだ。
詣道』踏破には何の役にも立たなかったものの、その最奥部である『祭殿』にて、“祭礼の蛇”神体の覚醒と復活を見届けた。
『神門』へ遡る途上、追いついて来たシャナたちの妨害を“祭礼の蛇”らが撥ね退けて、“祭礼の蛇”神体と共に無事にこの世に帰還した。
そして戦場から人知れず退転し、北の山中に歩いてゆく姿が『星黎殿』直衛軍の兵に目撃されていた。

その後、天山山脈を歩きながら『千里眼』で御崎市決戦を見ていたが、周囲の探知が疎かになっていた為にミカロユス・キュイが事前に仕掛けていた『パラシオスの小路』によって捕捉された。そして現れたフリーダーたちに導きの神の「神託」を依頼されるが、「神託」の特性からその依頼を断り、その理由を説明した。しかし、『千里眼』で『両界の嗣子』の誕生を探知すると、御崎市決戦終盤と同時期に、導きの神シャヘルを呼ぶための神意召還嘯飛吟声”の生贄になるという眷属の役目を歓喜しながら果たして死亡した。

【由来・元ネタ】
この世の富と財宝を管理している地獄の宰相ルキフゲ・ロフォカレ(Lucifuge Rofocale)と思われる。禿頭から三本のねじれた角を生やし、夜行性動物のような大きな目、サテュロスのような蹄、尻尾を持つという。
20~50年後に魂をいただくという条件で、召喚者の願いを叶えるという。

「笑謔」とは笑って冗談を言うこと、「聘」は人を呼び招くことである。
真名全体で、「呼び招かれた笑いもの」という意味だと思われる。中世欧州の道化にも似た立場にある彼には、ふさわしい真名と思える。
あるいは「聘」には賢者を招く、贈り物をして人の様子を伺うことも意味するので、「賢者を窺い招く戯言の贈り物」という意味だと思われる。

【コメント】
☆真名の意味は、シャヘルを呼ぶための物珍しい贈り物のような意味だったんだろうな。
☆自称楽師なら、ガヴィダパウラ・クレツキーとは気が合いそうもないな。
☆[巌楹院]や[とむらいの鐘]のアシズや『九垓天秤ジャリウルリクムミチェルノボーグフワワとも絡んでいたら面白そうだったのにな。
アニメ第3期で登場した。
☆番外編『かぐやひめのしゃな』では、天人の一人として登場している。
☆番外編『おじょうさまのしゃな』では、楽師として登場している。
☆番外編『さんじゅうしのしゃな』では、幕間6で登場している。
最終更新:2020年10月11日 02:13