クライス(ティアリングサーガ)

登録日:2011/04/27(水) 05:03:40
更新日:2018/04/29 Sun 09:56:19
所要時間:約 6 分で読めます



シミュレーションRPG、ティアリングサーガに登場するキャラクター。
故郷ラゼリアを追われた主人公リュナンに使える若き2人の騎士の1人。
出身のラゼリアには妹のリィナがおり、相方のワカメことアーキスとは許嫁の関係。

初期クラスはルークナイト、上位クラスはコマンドナイト。
ワカメは、運とHPぐらいしかまともに上がらないヘタれ野郎なのに対し、攻撃と守備力がそれなりに上がる中堅ユニットである。同じクラスにラフィンという強力なユニットがいるが、あちらはドラゴンナイトになるので差別化でき、育てれば上の下くらいまでの戦力になる。
このようにSRPGでは珍しくない初期お供騎士ユニットなのだが、特筆すべきは主人公顔負けのイベントである。
イベントはリュナンとホームズが最初に合流した際、アーキスとクライスをホームズ隊に加入させると、ヴェルジェという町で発生する。


■ヴェルジュ


【アーキス】
おい、クライスやばいぜ▼
集合の時間に遅れそうだ▼

【クライス】
お前が酒場の娘を口説いていたからだろう▼
付き合う俺の身にもなってみろ▼

【アーキス】
うおっと!▼
危ない奴だな!▼
お前、どこに目をつけてんだ!?▼


【レティーナ】
あ……▼
ご、ごめんなさい……▼

【クライス】  
おい、アーキス!突き飛ばしたのはお前だろう▼
大丈夫か?……▼

【レティーナ】
は、はい……▼

【クライス】
君は……!?▼

【アーキス】
おい、クライス、何をやっているんだ▼
俺はもう行くぜ▼

【クライス】
お前は先に行ってろ▼
俺もすぐに行くから▼

【アーキス】
ちっ、勝手にしな!▼

【クライス】
……荷物はこれだけか?▼
よければ家まで送ろうか?……▼

【レティーナ】
いえ、大丈夫です▼
ありがとう……▼


こうして2人はワカメのDQNぶりのおかげで巡り合う。
この時逢う少女レティーナは盲目であり、荷物を拾う時にクライスは悟った。別れた後に彼女のブローチが落ちているのに気付き、クライスは町の人に尋ねながら彼女の家に届けた。

その後も、ヴェルジュで特定アイテムを持っていると、さらにクライスがお見舞いに行く
イベントが発生。一度目はクライスが見舞いに来るのは、眼の見えないレティーナに同情して来ていると思い、居留守を使って代わりに出てきた姉エレットと話すクライスの様子を覗っていた。

2度目の時も居留守を使うが、その時クライスが持ってきたお見舞いの花々が、売られている花ではなく、レティーナを想ってわざわざなれない手つきで摘んできた花だと解り…

【レティーナ】
ああっ……▼
お姉さま……▼
わたし、もう……▼
どうしていいのかわからない……▼
本当は……▼
初めてお会いしたときから好きだったの……▼
でも……恐かった……▼
嫌われるのが……恐かったの……▼

【エレット】
レティーナ、あなたは素敵よ▼
世界中の誰にも負けないわ▼
だから勇気を持って▼
彼ならきっと受け止めてくださるわ▼


自分の本心を語り、それを励ます姉エレット。
ここまでは良い話、しかし次にクライスがお見舞いに行くと…

【エレット】
あの子はあなたを追って旅立ちました▼
すぐに追いつけると思ったのに
まだ会えていないなんて……▼
ああっ、レティーナ……▼
あなたはどこにいるの……▼


なんとこの姉、盲目の妹1人だけで旅立たせるという鬼畜まがいな事をやらかす
しかも、町の外は野党で溢れ返っており、かなり治安が悪い
クライスは故郷を取り戻す戦いの行軍をする傍ら、愛する人を探す旅をすることになる。
ちなみにこの姉は仲間候補のエゼキセルの婦人であり、2人で暮らすのに邪魔な眼の不自由な妹を厄介払いするために旅に出したと思われる。マジ鬼畜

そして物語中盤、リュナン軍に復帰したクライスは故郷ラゼリアの手前にあるハルファ砂漠にたどり着く。しかしそこには幾重にも張り巡らされた城壁がそびえており、強固な要塞と化していた。さらに砂漠にはリュナン軍迎撃のために出撃してきたコンドル軍団も待機中であった
一方コンドル隊の1人マルコは、砂漠で倒れていたレティーナを必死に看病していた。
彼もまたレティーナに一目惚れしていたのだった。
そして、レティーナが想い人のクライスと再開できることを祈り、彼は戦地に赴くことになる。
そして、リュナン軍とコンドル隊が戦闘を開始すると…

【クライス】
ソフィアのコンドル軍団か▼
一度は戦ってみたかった相手だ……▼

【マルコ】
好敵手のようだな……▼
私はマルコだ、君の名前は?▼

【クライス】
ラゼリアのクライスだ▼
覚えておいてもらおうか▼

【マルコ】
クライス!?……▼


それぞれの部隊に所属するクライスとマルコは意図せずして同じ女性を愛したまま戦うことになる。
このコンドル隊は、全員ドラゴンナイトでありかなりの強敵である。この時クライスをある程度育ててないと返り討ちにあう。
そして激闘の末、クライスが勝利すると…

【マルコ】
なかなか……▼
やるな……▼

【クライス】
なぜだ?……▼なぜ手加減をした!▼
なぜ本気で戦わない!!▼

【マルコ】
クライス……▼村へ行け……▼
彼女を……▼幸せに……▼

【クライス】
マルコ!?……▼

戦いの後、村に向かったクライスはようやくレティーナと再会した。
どうして居場所がわかったの? というレティーナの問いにクライスは経緯を話す。
しかし…

【レティーナ】
いや……▼
このままでは戻れない……▼
クライス様……▼どうして……▼


2人の間にわだかまりが出来たまま、リュナン軍は故郷ラゼリアを奪還する。
さらにそのまま帝国に反撃の準備行われていた夜にて…


【レティーナ】
クライス様、お願いがあります▼

【クライス】
なんだろう▼
僕でできる事ならいいのだけど▼

【レティーナ】
騎士を辞めてほしいのです▼
もう戦うのはやめてください!▼

レティーナの切実なお願いがクライスに向けられる。
ここで選択肢が発生する。

【クライス】
それは……▼

  • 無理だ、それだけはできない
  • わかった、レティーナの頼みなら…

とりあえず上を選択してみよう。
(画像なし)













うん、bad endだったね。
じゃあ下の選択肢を選ぼうか
(画像なし)











(´ー`)ノ
良かったね、happy endだ。
だけど、この手のシミュレーションRPG経験者はこう思うだろ







てめえらふざけんな



よくわからない人に説明すると、SRPGは普通のRPGと違いステージ制の為、レベル上げの機会が限られている。それまで他のキャラの経験値を回して丹精込めて鍛え上げたキャラがこのように物語の中盤で離脱すると詰みになることもあるのだ。
それをこの2人はやりました。(と言っても、TSは別同隊にて鍛えることもできるが、機会が限られている。)
しかし、レティーナの義理の兄のエゼキセルが仲間にいると、下の選択肢が変化する。
軍人である以上マルコのような人を殺さなければならない語るレティーナに、エゼキセルがクライス共々説教する。

エゼキエル「レティーナよ。お前はクライスに死ねと言っている。分かっているのか?」

ここでクライスに騎士を辞めさせてしまえば、クライスは周囲から臆病者、裏切り者だと周囲から一生軽蔑されて生きていかなければならない。それがクライスに対して死ねと言っているのと同義だと、エゼキエルはレティーナを叱責したのである。

エゼギエル「クライスよ。どのような事情があろうとも、男なら誇りを失うな!!誇りを失った男に妹をくれてやるつもりはない!!これれだけははっきりと言っておくぞ!!」

この説教のあとレティーナは改心、クライスに謝罪しクライスも離脱せずにレティーナも参戦することになる。
だが、エゼキセルは立派な説教の割に能力がワカメ並みで、参戦の際、ナロンやライネル、ルカといった成長が見込める有能なユニットを蹴ってまで選ばなければならないので、普通は上記の離脱ルートになってしまう初見殺しイベントである。

レティーナ自身は優秀な能力を持つ神官であり、1ターンの間ボスさえも含めた全ての敵の魔法を封じてしまう、強力な専用武器の沈黙の杖や、出撃するだけで全ての味方ユニットの回避率に10%の支援効果を付与する特殊能力を持つなど、強力なユニットである事に間違い無いのだが。
しかし彼女を加入させなかった場合に代替で加入するリベカも、専用武器こそ無いもののレティーナに劣らない有能な神官なので、無理をしてまで仲間にする価値があるかどうかとなると正直疑問が残る。味方への支援効果にしても、育てればカリスマを習得するリベカで代用出来るし。

沈黙の杖自体は非常に強力なので、沈黙の杖を取るか、戦力全体の底上げを図るかの二者択一という事になるか。
まあ根暗で地味で貧乳のレティーナと違い、リベカは明るい性格で優しいし美人だし、おっぱいも大きいのだが。

このように正攻法での攻略法だと、厳しい二者択一を迫られるのは前述の通りなのだが、実は無能なエゼキエルを加入させずにレティーナを残留させる、システムの裏をついた裏技がある。その方法とは…。

1.レティーナを加入させてから、離脱イベント開始までにレティ―ナを殺す。
2.そうするとレティーナが復活するまで、離脱イベントが発生しなくなる。
3. それで離脱イベントを回避した後で、ホームズ隊のダグリュオンでレティーナを蘇生させる。

というとんでもない代物。
この方法ならナロンやライネル、ルカといった強力なユニットを2人加入させる事が可能で、尚且つレティーナの離脱も回避する事が可能なのである。
貴重かつ修理手段が存在しないダグリュオンを使わなければならず、何よりも人道的に問題がある方法ではあるのだが…。


エンディングではリュナンの最も信頼できる騎士として王宮を守護する。
レティーナを加入させた場合は2人でヴェルジュから離れて暮らすことになる。
リベカを加入させた場合は誰ともくっつかずに独り身でエンディングを迎える事になる。

追記、修正お願いします
この項目が面白かったなら……\ポチッと/