栗栖ここね

登録日:2015/05/29 Fri 03:45:56
更新日:2018/05/09 Wed 16:44:47
所要時間:約 3 分で読めます






世界の中心は、ここね!


栗栖ここねとはアイカツ!のキャラクター。プリズムワールドからやってきた刺客神戸からやってきた交換留学生である。

【プロフィール】
CV:伊藤かな恵
所属:エトワール学園2年
誕生日:8/21
星座:しし座
血液型:A型
身長:158cm
好きな食べ物:シャンティーニュロール、オムレツ
特技:四つ葉のクローバーを見つけること
好きなブランド:レトロクローバー

【人物】
藤原みやびに続く期間限定アイドルとして登場した。2015年6-7月の新展開を彩る新キャラクター。
両親は今度東京に支店を出すことになった洋菓子店を営んでおり、親子揃って神戸から東京へとやってきた。
神戸のアイドル学校「エトワール学園」を拠点に、地元では知らないものがいないローカルアイドルとして活動していた。
ちなみにどんな活動をしていたかというと
  • 「神戸はここね♪」というCDをリリース。神戸のラジオ局では毎日200回かかるほどの人気。
  • ここねをモチーフにしたマスコット「くリスちゃん」が神戸の名物グッズに
などなど。まぁ普通である。

【活躍】
服部ユウと入れ替わりという形でエトワール学院からスターライト学園へと留学。ユウちゃんは犠牲になったのだ……
スターライト学園編入の初日、のっけから持ちギャグ……もとい決め台詞「世界の中心は、ここね!」を披露。
神戸ではローカルアイドルだったこともあってこれをやりさえすれば持て囃されていたようだが、他の地域でいきなりやっても通用するはずもなく。
必死にさまざま場所で繰り出すもスターライトの生徒たちからは「そう……(無関心)」と生暖かい目で総スルーされてしまう。

これによって「世界の中心はここねじゃないの?」といったんは落ち込むも(端から見たら自意識過剰もいいところな悩みである)
食堂でスターライト学園専属の料理人、四ツ葉春と出会った瞬間興奮のあまり四葉のクローバーをさしだし「ずっと好きでした」と告白。エェー!?

実はここねがアイドルを目指すようになった経緯には、元プリズムスターアイドルだった四ツ葉が大きく関係していた。
当時アイドルとして活躍していたよっしゅん(四ツ葉の愛称)に、ここねもここねの母も揃ってメロメロだったのだ。
(ちなみに現実でも親子で男性アイドルの追っかけをするのはよくある光景である、某事務所のアイドルグループとか)
彼の放つプリズムのような煌めきに魅せられた幼い頃のここねは、自分もアイドルになることを決意したのだった。

憧れの四ツ葉と出会い、彼からの助言をもらったことやジョニー先生の失態を機にお菓子づくりをしたことで悩みも吹き飛び、
持ち曲「恋するみたいなキャラメリゼ」によるライブも無事成功させる。
より力強く「世界の中心は、ここね!」と宣言するここねに、あかり達も「だよね~」と相槌を打つしかなかった。

そして最近はソロではなく2人ユニット展開が続くスターライト学園に、ここねと組むべく藤原みやびが再登場。
二人で関西系アイドルユニット「せれのんあまふわ☆なでしこ」を結成し、広報&宣伝に励む。
ユニットカップでは突然のしゃっくりに見舞われるも、みやびの献身的なみやびーむでなんとか止めることができた。

その後はアイカツレストランのドラマに出演などしつつ、スターライト学園への交換留学期間が終わりを迎える。
別れの時を迎えるも、ここねはあかりたちからお別れ会を開催「される」ことを拒否。
みずからお別れパーティーを主催し四ツ葉さんと共にお菓子を用意するなど、最後まで世界の中心っぷりをみせて神戸へと帰っていった。

新キャラ&プリズムボイス補正もあってか2015年のアイカツ8では4位の大健闘。

【余談】
ここねを演じる伊藤かな恵は、これまでどちらかというと同業他社の女の子向けアニメ(これとか)に出ることが多く、
今でもライバル番組にレギュラー出演していることもあってCV発表時は大きな驚きをもって迎えられた。

特にこの番組ではキュートでロリロリしいプリズムスター「久里須かなめ」を演じており、
使われている字こそ違うものの名字の読みが同じこともあってその面影を見たおじさんたちも多い。

また四葉のクローバーと関連が深いキャラクター、育ちのいいお嬢様、黄色を主体としたカラーリングの衣装ということで
このプリキュアとも共通項が多い。というかバンダイ的にはそっちの方が近いといえるだろう。


追記・修正は世界の中心でアイ!カツ!を叫びながらお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/