プラナス・ガール

登録日:2010/07/09(金) 02:31:36
更新日:2015/09/22 Tue 23:17:18
所要時間:約 5 分で読めます



ガンガンJOKERで連載していた漫画。
著者は松山トモキ。
ちなみに初連載初単行本作品。
全6巻。

ジャンルはラブコメディだが…


あらすじ

高校受験の合格発表の日、桜咲き乱れる緑ヶ丘学園で、主人公『槙』は風に飛んだ一枚の受験票を拾う。
受験票を取りにきた少女の名前は『藍川絆』。
その出会いは、槙の心に強く焼き付いた。


そして少しだけ時は流れ、入学式の日。
クラス分けの結果偶然にも再会した彼女は、自己紹介でこう言い放つ。

『こう見えても男です』


女より女らしい男のコ、絆と過ごす騒がしい高校生活に、槙はどうなってしまうのか?



登場人物
声優はドラマCD版。

  • 槙(マキ)
CV:日野聡
主人公。
『槙』が苗字なのか名前なのかはたまたあだ名なのかは不明であり、また本名も不明。

本編の開始時にちょうど高校へ上がった。
成績優秀スポーツ万能眉目秀麗長身痩躯人当たり良しとスペック的には文句なしの完璧超人だが、一方で面倒くさがりで帰宅部という面も持つ。
また寮生活であり、家事も巧みにこなす。ケーキも作れるらしい。
万能イケメン爆発しろ。

絆に妙に懐かれていて、複雑ではあるものの基本的には悪い気はしていない。
爆発しろ。

自分が性的に正常なのか悩む日々。


  • 藍川 絆(アイカワ キズナ)
CV:南條愛乃
ヒロイン(?)。
今作の唯一最大のキーパーソン。
本人いわく男。学生証も男。トイレも男性用。
ただし外見衣服言動その他諸々は公私問わず女の子。
まぁこんなかわいい子が女の子な筈はない。

一人称は『ボク』。

髪は黒のボブで、左側のみヘアピンを使い耳を出し、うしろで小さく結っている。

自らを女と偽っている訳でもないため、女装している動機や背景は全く不明で、ある意味物語の核…かもしれない。

総じて槙に対してアピール過剰だが、実は槙は彼(?)の局部を触ったり見たりはしたことがない(胸はぺったんこらしい)。
そのせいでそもそも女なんじゃねーか疑惑が作中でもリアルでも未だ晴れない。

運動神経は抜群だが勉強は苦手(ただし学校自体が上位進学校クラスの学力平均であり、全国的に見れば中の上とか)で、家事全般もボロボロ。
人当たりは槙以上に良く、話題性も相俟って学園の人気者。
性格はラフだが槙に対してのみ若干小悪魔的。ただしほぼ害はない。

自らのスタイルを貫き通す為なのか、校則に妙に詳しい。
大の甘党。


  • 花坂 紫苑(ハナザカ シオン)
CV:生天目仁美
美少女転入生。
だがバリバリの同性愛者。
トゲトゲした何とも言えない髪型をしている。

槙と同じ中学の出身。
槙が中学時代一途に思い続けた初恋の相手を、それと承知で先に付き合ってしまったという過去がある。
その揚句、彼女と同じ高校にあがって以降も女漁りを続けたらしく、フラれて居心地が悪くなって転校してきた。下手な男より余程質が悪い。

やることはとんでもないが性格はカラッとしていて、女性限定で非常に優しい。
男には厳しめだがそれも人によりけりらしく、相手によって態度は大きく違う。
特に槙、絆は大変お気に入り。

2巻において「3人目のメインキャラ」と鳴り物入りで登場した割に、特に二人の仲を引っ掻き回す訳でもない。
なんで出てきたのかと読者が首を傾げていたら3巻で別の絡みが。


  • 門山 優(カドヤマ スグル)
槙達の友人。男性。
金の短髪。垂れ目で下睫毛が長いのが特徴。

面は悪くないが下世話さが滲み出ていて、花坂いわくデリカシーがないとのこと。
谷口ポジションと思えばまぁ間違いはないが、決定的に違うのは成績上位者であること。おそらく全国でも上から数えたほうがかなり早い。

基本女の事しか考えてないが、可愛ければなんでも良いらしく、絆も守備範囲内。

寮生。実家は海沿いの小旅館。
バスケ部所属。

  • 笹木野 賢(ササキノ ケン)
友人その2。
色素の薄い長めの髪。

キツネ目で笑わず、微妙に何を考えているかわからない。
テンションは常に平均を少し下回る程度でほぼ上下せず、真面目でも不真面目でもない。
何故か部員でもないのにバスケ部ユニフォームを着て門山と共闘した事がある。

後述の恵とは双子で、こっちが弟。
姉弟仲はそれなりに良好のよう。


  • あさみ
女子仲良し三人組の1。
ヘアピンつきのショートヘア。

典型的な引っ込み思案の大人しいキャラ。
図らずも槙がホモであるとの噂を立てたことがある。
槙に気があるが、最大の壁として友人の絆が立ちはだかっている。
がんばれあさみ。

  • 笹木野 恵(ササキノ ケイ)
三人組その2。賢の双子の姉。
カチューシャと薄目の髪色が目印。

三人組の中で一番特徴に欠ける性格だが、それゆえにまとめ役として機能しているよう。

ただのサブキャラかと思いきや、3巻でどうも弟の賢に恋をしているらしい事が発覚。
だが同時に現状が気に入ってもいるようだ。

  • 橘 のん(タチバナ ノン)
その3。
黒のセミロング。お前それホントに本名か。

スキンシップ多め、テンション高め、悪ノリ多め。
人と仲良くなるのが好きらしく、紫苑には興味津々の様子だった。

彼女も3巻で紫苑への恋心に気付いてしまう。
3人娘の恋は皆前途多難である。



絆『槙くん、これは追記修正したくなる魔法のアメだよ?』
槙『また魔法のアメか…』


この項目が面白かったなら……\ポチッと/