ケンシ(MK)

登録日:2020/3/10 (火曜日) 19:07:21
更新日:2020/03/11 Wed 15:13:17
所要時間:約 4 分で読めます




ケンシは、アメリカの残虐格闘ゲームモータルコンバットに登場するキャラクターの一人である。

本名:高橋剣士
武器:銘刀『Sento』(日本刀)
格闘スタイル:TaiChi(MKDA~MKA)/SanShou(MKDA)/Judo(MKD,MKU)

◆概要
シリーズの5作目『デッドリーアライアンス』より初登場。
超能力と日本刀を武器に戦う盲目の剣士で、目隠しがトレードマーク。
ちなみに超能力はアーマックを救出した御礼に彼から教わったという設定であったが、後にライデンによって歴史が大幅に修正された為、『9』以降はアーマックと協力関係ではなくなり、超能力は遺伝という設定に変えられた。

◆必殺技

  • 持ち上げ
念力で相手を持ち上げる。

  • 吸い寄せ投げ
念力で相手を吸い寄せ、投げ飛ばす。

  • 吹っ飛ばし
念力で相手を吹っ飛ばす。

  • 分身斬り
青い分身が相手を斬る。

  • 瞬間移動
青い残像を発しながら瞬間移動する。

  • 連続斬り
Sentoで相手に連続斬りを喰らわす。

◆FATALITY

  • 抉り出し(MKDA)
念力で相手の眼球を抉り出し、止めを刺す。

  • 引きちぎり(MKD,MKU)
念力で相手を持ち上げ、引きちぎる。

  • Sento投げ→ぶっこ抜き→一刀両断(MKD,MKU)
槍投げの要領で相手にSentoをぶっ刺し、引っこ抜いた後、一刀両断。

  • モニター叩きつけ→一刀両断(MK9)
相手をモニターに何回か叩きつけた後、Sentoで逆袈裟斬り。

  • 持ち上げ斬り(MK9)
Sentoを相手の背後に投げた後、超能力で相手を持ち上げる。
そしてそのままSentoの方へ放り投げ、相手を斬殺する。

  • 浮游輪切り(MKX)
Sentoを空中で回転させながら相手を念力で浮游させ、そのまま輪切りにしてしまう。

  • マリオネット斬り(MKX)
念力で相手の肋骨を引っこ抜き、マリオネット人形の様にした後、Sentoで斬って地面に落とす。

◆登場ナンバリング

  • モータルコンバットデッドリーアライアンス
初登場。
上述の通り、この頃はアーマックの恩人という設定になっており、超能力は彼から授かったという設定であった。
新キャラクター達の中で人気が高かった為、次回作以降、頻繁に登場する様になる。

  • モータルコンバットディセプション/アンチェインド
ハラキリシステムが導入された最初で最後のナンバリングにて、文字通りきちんと腹切りしている数少ないキャラクターの一人(時点でキラ。そちらは二本のナイフを腹に刺している)。
EDではサブゼロと協力してホタルを斬殺している。
パズルコンバットにもプレイヤーキャラクターとして参戦。
お邪魔攻撃は「ステルス」。
相手側のブロックを一定時間透明にする。
ちなみにパズルコンバットはDS版「アルティメットモータルコンバット3」にも収録されている為、ケンシはDSデビューを果たした事にもなる。
なお、DS版では試合中、三回お邪魔攻撃を発動すれば解禁され、使用可能になる。

  • モータルコンバットアルマゲドン
EDではブレイズを倒して視力を回復させるも、他の五感が研ぎ澄まされ過ぎてしまった為、陰遁生活を送る事になった。

  • モータルコンバット9
ストーリーには関係ないが、DLCキャラクターの一人として参戦。
アーマックとは協力関係ではなくなっており、超能力は遺伝という設定に変更された。

  • モータルコンバットX
Sento片手に地球側の戦士として戦う。
また、立派なおヒゲを生やしており、貫禄や威厳すら感じさせる。
ついでに息子が参戦した。

  • モータルコンバット11
プレイヤーキャラクターとしての参戦はないが、シャン・ツンの島にてミイラ化した遺体となって登場。
恐らくシャン・ツンによって殺害されたと思われる。

◆関連キャラクター

  • アーマック
「9」までは協力関係であった。

  • サブゼロ
「ディセプション/アンチェインド」のEDでは協力してホタルを倒していた。

  • ホタル
エデニアの警備隊隊長で、足軽の様な見た目が特徴。
「ディセプション/アンチェインド」におけるケンシのEDでは、サブゼロと協力したケンシによって一刀両断されてしまう。

  • タケダ・タカハシ
一人息子。
スコーピオンと同じく白井流に所属している。


追記・修正は念力でスマホを持ち上げながらお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/