「フタエノキワミ、アッー!」とは?

フタエノキワミ、アッー!って何なの?


A. 『フタエノキワミ、アッー!』 とは、漫画「るろうに剣心」のアニメ版の英語吹き替えにて、登場人物の一人である 相楽左之助 (さがらさのすけ)が言い放った必殺技『二重の極み』の事です。

ニコニコ動画には2007年4月2日アップされ、「フタエノキワミ、アッー! 」という外人声優のカタコトな叫び声が多くの視聴者のツボを押さえ、ニコニコ動画においてひそかに人気を博していました。


聖地(現在は非表示)

そしてそれら英語版のセリフをかき集めた物と、有名なMAD素材である 「魔理沙は大変なものを盗んでいきました」 を組み合わせた、
音声MADの 「マコトシシオは大変なものをフタエノキワミ、アッー!(静止画板)」 が2007年7月16日にアップされ、
それに動画をつけた 「マコトシシオは大変なものをフタエノキワミ、アッー!(動画版)」 が2007年8月24日がアップされました。


この動画版がヒットし様々な空耳がつけられ、アニメ「るろうに剣心」の海外版の空耳ブームの発端となり、多くの人に親しまれることとなりました。

そして、去る2007年9月4日、 「各国の『フタエノキワミ、アッー』を検証してみる」 がアップされたのです。



既存の英語版だけでなく、南米系スペイン語・ポルトガル語・南米系ポルトガル語版の「るろうに剣心」の同シーンを集め、英語版に勝るとも劣らない爆笑と迷台詞を数多く生み出しました。
その後、 「各国の『ヒテンミツルギスタイル』を検証してみる」「各国の『悪・即・斬』を検証してみる」 等の続編もアップされ、検証シリーズはその後12作に及び、また一部の動画からは新たに、本国スペイン語版、韓国語版が登場しました。
これらの動画は「検証シリーズ」タグで検索可能です(因みに現在では「るろうに剣心」以外のアニメの物も含まれます)。

またその様な「検証シリーズ」から面白いセリフを抜き出した音声MADが作られる様になり、ついに空耳自体がMAD素材となったのです。
これらのMADも「フタエノキワミ、アッー!」ブームの一環であり、これらの作品は「KYM」及び「フタエノキワミ、アッー!」タグで検索可能です。

また 「各国の『フタエノキワミ、アッー』を検証してみる」 は総合再生数が160万を突破し、当時のニコニコ動画ランキングでは8位につけていました。
「マコトシシオは大変なものをフタエノキワミ、アッー!(動画版)」 もH20-1-14に総合再生数100万を達成しました。

ですが、H20-3-11 14時20分頃、 「各国の『フタエノキワミ、アッー』を検証してみる」 及び各種検証動画は、投稿者のアカウント停止により削除されてしまいました。

しかし、そのおよそ1年半後には、映像を全て手描きで再現した「全部手描きで各国の『フタエノキワミ、アッー』を検証してみる【合作】」が投稿され、


幾度か削除の憂き目に遭ったものの、H29-11-30 0時14分頃に、「【5周年改良版】全部手描きで各国の『フタエノキワミ、アッー』を検証してみる」において再び100万再生を達成しました。


それから月日は経ち、ついに元号も令和に変わりましたが、未だ根強い人気を誇り、ファンの手により現在では20種を超える吹き替えが発掘され、計6本の検証シリーズが全部手描きによる復興を遂げています。
最終更新:2020年09月15日 23:36
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。